記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2176日目 - 薬断ち


今日も屋久島は、寒い。
一昨夜の大寒波で、何か流れが変わったような感じになっている。
隣の女医さんが、昨夜、当直明けで帰ってきた。
すると・・・

まるで波動が違っていた。
重たいものをあまり背負っていない。
当直明けは、いつも疲れきって帰ってきていた。
今回は、割と元気。

当直になると、昼間働いて、そのまま夜も仕事をする。
翌日も、そのまま仕事が続く。
ほとんど寝ないで、36時間ぐらい仕事しっぱなし。
なんとも信じられない重労働。

しかし、医者の世界では、それが当たり前らしい。
場合によっては、もっとハードな時もあるとか。
これでは、医療ミスが起きないほうがおかしい。
医者が少な過ぎるのか、患者が多過ぎるのか・・・

ハードな仕事だけに、いつもボロボロになって帰ってくる。
背中にいっぱい背負い込んで帰ってくることも珍しくない。
これまでは、それをいつもお祓いしていた。
ところが、昨夜は、それが必要ないくらいすっきりした状態だった。

これは、ブレスレット効果?
本人に聞くと、自分も努力したとか。
「どんな努力をしたの?」
「天使に来てもらって、マッサージしてもらった。」

「エッ! それ努力したって言うの?」
努力したのは、天使たちでは?
なに? 
天使を呼ぶ努力をした?

いずれにしても、なかなかピュアーな状態。
波動が細やかで、癒しのエネルギーが出ている。
すごいなぁー!
スギライトとゴールドルチルは、すばらしい!!

実は、オーダーメイドのブレスレットの日記を書いたら、何人かの方からオーダーがきた。
そのなかに、とてもすてきなメールがあった。
読んで感動してしまった。
本人に内緒で紹介する。


「私は、赤ちゃんの時からアトピーで、ずっと強い薬を使ってきましたが、五年程前に薬での治療に限界を感じ薬断ちをしました。
その後は薬で抑えていたものが噴き出し、心も身体もボロボロに。
全身の痒みと痛みで気が狂いそうな毎日。
自分のことさえろくにできない寝たきり老人状態。
自律神経もおかしくなってしまい、本当に心が折れそうな毎日でした。

それからは、精神面から肉体面から色々なアプローチをしました。
お蔭さまで奇跡的に肌も回復し、最近やっと人間らしく生きることができるようになりました。
健康のありがたさ、自然治癒力の素晴らしさを身に染みて感じています。

今まで自己犠牲を繰り返してきましたが、まず第一に自分が健康で幸せになることで周りの人にも幸せのおすそ分けができるんだ。
ということを身に染みて感じています。

前置きが長くなり申し訳ありません。
というわけで、私のテーマは『健康』そして『癒し』だと思っています。
ブレスレットの目的は、『心身の健康』でよろしくお願いします。

お時間は、どれだけかかっても構いません。
届く日を楽しみに待っています。
それでは、よろしくお願いいたします。
いつか屋久島でkimiさんにお会いできる日を夢見ています。」


このメールを読んで、涙が出るほど感動した。
よくぞ薬断ちをしたもの。
その勇気が、すばらしい。
そして、その後の苦痛にもよく耐えた。

もう花丸、二重丸、無限丸。
薬を断つと決心するには、まさに清水の舞台から飛び降りるほどの勇気がいっただろう。
いや、命懸けだったかもしれない。
生きるか死ぬかの覚悟だったかもしれない。

その後も、赤ちゃんの時からのアトピーであれば、相当薬が蓄積していたに違いない。
それは、お母さんの体の毒素をいっぱい吸収して生まれてきたということを意味する。
それは、先祖代々の毒素ということでもある。
それらを一掃するのは、きっと並大抵のことではなかっただろう。

その苦痛を、よくぞ耐え忍んだ。
自暴自棄にならずに、よく乗り越えた。
もう手放しで褒めてあげたい。
すばらしい、すばらしい・・・

実にすばらしい!
何度褒めても褒め足りない。
それくらい、すばらしいこと。
一人が変われば、その影響は人類全体に及ぶ。

一人がいのちの真実に目覚めれば、人類全体のいのちが輝く。
一人は、一人にあらず。
すべての人とつながっている。
全人類の潜在意識に影響する。

そういう意味で、とてもうれしい。
このような方が増えていけば、人類の未来は明るい。
今の医療は、薬漬けと検査漬け。
真に癒すことはできない。

それも無理はない。
一日に100人近い人を診ていれば、一人当たりの診察時間は限られる。
それでじっくり人の話を聞けるはずがない。
相手の状態を正確に把握しなければ、何もできない。

それは、機械がやってくれる?
確かに。
検査技術は、日進月歩している。
しかし、心が伴っていない。

病気に至った原因が、把握されていない。
それでは、症状を抑えても再発してしまう。
対症療法で、切り取ったり、抑え込んだりしても、心身のバランスは元には戻らない。
ただの一時しのぎ。

それを根底的に治そうと思えば、この方のように薬断ちが必要となる。
それは、薬で抑えてきた身にとっては、生きる支えを失うようなもの。
医者からも見放され、孤独な戦いを強いられる。
それでもやろうとするには、並々ならぬ覚悟がいる。

しかし、それをやらない限り、根本的に治ることはない。
薬で抑えている限り、苦痛が増すばかり。
どこかで決断する必要がある。
命懸けで健康体に戻るか、それとも一生病気のままか・・・

この方は、健康体を選択した。
その勇気が、すばらしい。
賞賛に値する。
誰でもできることではない。

多くの人は、世間に流される。
今の社会は、体のことは医者任せ。
自分の健康は自分でキープするという意識はない。
自分の体なのに、他人に委ねてしまう無責任。

そういう社会の流れに抗して、自分の体を自分で管理しようとすると抵抗が生じる。
農薬や化学肥料のない食べものを確保するのさえ、たいへんなこと。
社会全体が、見せかけや手っ取り早く儲かることに偏っている。
心を込めるということが、忘れられてしまった。

しかし、社会に流されては、真実の生き方はできない。
社会の流れに抗してでも、真実に生きる必要がある。
なぜなら、そのために生まれてきたのだから。
新しい時代を切り開くために。

この方は、これまでの自分の経験を活かし、これからは人の役に立つことをやっていかれることだろう。
病気で苦しむ人に、真実の生き方をサポートしていかれるだろう。
それこそが、これまでの自分の人生を活かす道。
そのためにこそ、これまでの苦しい経験があったに違いない。

過去世、家系、それらの重荷を背負って、人は生まれてくる。
ねじれてしまったものを本来の状態に戻すために、人は覚悟して生まれてくる。
そして、過去世と似たような体験をする。
体験をした上で、今生で乗り越える。

それが、今生の基本プログラム。
魂や家系のカルマを一掃したいと思えば、自然に荷物は重くなる。
両肩にずっしりと先祖代々の重荷がかかってくる。
それでも、自分がやりますと誓って、人は生まれてくる。

しかし、この世に生まれてしまえば、みんな忘れてしまう。
この世は、物質社会。
成長するなかで物質化され、本来の目的を喪失する。
何のために生きているのか、わからなくなる。

ただ苦しみだけが重たい。
どうして自分だけが、このような目に遭うのか。
天を恨み、神を憎む。
愛は、心の中から姿を消す。

それを責めることはできない。
肉体という乗りものは、周りから遮断された器。
どのような天使も神々も、この世のことには手出しはできない。
愛する人が孤独に戦っているのを、ただハラハラしながら見守るのみ。

しかし、苦しみのなかでも真実の種は生き続けている。
何千年前の蓮の種が生き続けているように。
魂の願いは、心の奥で生き続けている。
それが、やがて芽を出す。

いつまでもこんな生活をしていてはいけない。
何かが違う。
これは本当の人生ではない。
もっと違う人生があるはずだ。

悩み、苦しみながら、人は気づいていく。
魂の願いを生きることに目覚めていく。
それでこそ人生。
そのために物質次元に生まれてきたのだから。

魂の旅は、続く。
肉体人間としての旅が、続く。
この物質次元で、魂を花開かせる困難な旅が続く。
困難だけれども、やり甲斐のある旅が続く。

どうか魂として生きてほしい。
物質に呑み込まれないで、物質を霊化してほしい。
物質と霊性の調和。
それが、この地球に生まれてきた目的なのだから。


『薬断ち すべてを捨てて 甦(よみがえ)る いのちがいのち 救ってくれる』

『いのちこそ すべてを生かす 元の元 いのちベースに いのちを生きる』


これが日記を書き始めて2176日目の心境。


関連記事

コメント

ジンと来ました。

昨年春からホ・オポノポノをやっていたら頚性斜頚になり首が曲がってしまいました。今はまっすぐですが、体の訴えと自己ヒーリングは続いています。このコメントのように今生で今迄の債務を棚上げにせず全部引き受けた感じです。
根が宇宙(kimiさんはお分かりと思います)なのか、多重債者です。(ここまで、お分かりにくい表現ですいません)

色々あったのですが、この日記通り、人任せにしたくなるとお付の人がバーンと突き放すのです。(方便も使い最小限のことは教えてくれます)今迄もそうだったのでパターンは理解しています。

兎に角、この日記今の自分にとても染みました。

一杯荷物を背負って来たんだな。
自分で決めたんだなたと思いますが、全身全霊で二度とこんな生は御免です。

しかし、この日記は味わい深いですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。