記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2185日目 - 過渡期


今日の屋久島は、晴れている。
空には、半月の月がかかっている。
寒くはない。
水晶の浄化に行く。

太陽は出ている。
しかし、風が強い。
海水は、驚くほど冷たかった。
川の水は、更に冷たい。

今年最後の水晶の浄化。
夏場は楽しいが、冬場は厳しい。
でも、たまには自分も浄化されたほうがいい。
人も水晶も似たようなもの。

昨日は、卵巣や子宮の自己犠牲について書いた。
しかし、もう自己犠牲の時代は終わっている。
それは、魚座の時代。
キリストの磔(はりつけ)に象徴される時代。

これからは、共に生きる時代。
もう自分を殺す必要はない。
みんなのために自分が人柱になることはない。
自分も生き、みんなも生きる。

共に生きる。
共に幸せになる。
誰も犠牲を払う必要はない。
自分が喜ぶことが、みんなが喜ぶこと。

それには、個を超える必要がある。
個である限り、自分の喜びは自分だけの喜び。
個を超えた時、自分の喜びがみんなの喜びとなる。
個であり全体。

そこへ行く過渡期として、今がある。
過渡期の調整が激しさを増している。
次のようなメールが届いた。
この方は、2053日目~2056日目の「癒しの旅・屋久島」に登場した美容師さん。

「お久しぶりです!
実は、11月半ばからひどい頭痛、胸のつまり、背中からすごく熱くなり、汗をかいては治まりの繰り返しが一日何十回もあり、その後、高熱が出て、治ったと思ったら虫歯末期ぐらいの歯痛が起こり、歯医者に診てもらいましたが異常がないとのことでした。
すさまじい痛さに耐え一ヶ月が経ち、ようやく収まりました。

非常に深い痛みでした。
分析すると、今までの精神的な痛みが、体を通して知らせてくれたように感じます。
それから、不思議なことに無意識でもネガティブなことを思うたび、すごい痛みで教えてくれます。
そして元の状態に正すと治ります。

ネガティブになると教えてくれるみたいです。
ちょっと思っただけで、体は傷つくのですね。
これから、ネガティブにならないようないい訓練ができそうです。」

このような原因不明の心身の不調に悩まされる人が増えている。
医者に診てもらってもわからない。
原因は、別のところにある。
単純に体の問題ではない。

潜在意識のなかにあるネガティブなものが浮上している。
それが体の痛みとなって解放されている。
出て来る時は、消える時。
ジタバタしないで、ただ見守っていること。

何かをすれば、更に痛みが増すばかり。
静かに見守るに限る。
時代の波動がアップしているために起きている現象。
遅かれ早かれ通らなければならない通過点。

アセンションのための通過点。
自分のなかの重たいものを解放しているだけ。
心身に溜まっている必要のないものを手放しているだけ。
重たいままでは、アセンション(上昇)はできない。

何も心配はいらない。
解放されれば、以前よりも軽くなる。
楽に生きていけるようになる。
一人が解放されることは、人類全体の潜在意識が浄化されること。

一人一人の解放を通して、人類全体が解放されている。
古く重たい頚木(くびき)から解き放たれている。
物質的な条件づけから自由になっている。
本来の健全な心身に戻りつつある。

これまでは、心身の物質化の歴史。
これからは、心身の魂化の時代。
物質を魂ナイズする時。
魂ベースで物質次元を生きる時期。

この日記は、その過渡期にある人々へのメッセージ。
一人で苦しまないためのサポート。
自分だけが苦しいのではないことの情報提供。
共に生きるためのアドバイス。

人それぞれペースがある。
既にこの激痛を乗り越えた人もいる。
これから体験する人もいる。
今その渦中にいる人もいる。

いずれにしても新しい時代にシフトするための通過点。
通過儀礼みたいなもの。
なに?
そんなものはいらない?

確かに。
そんな苦しみを味あわずに済むなら、その方がいい。
しかし、シコリが解ける時は、えてして熱が出るもの。
シコリは、痛みとなって解放されるのが、この肉体のシステム。

エネルギーがないと、痛みさえ出ない。
痛みを感じないということは、救いようがないということ。
生命力があれば、シコリを融かそうとする。
いのちにとって、シコリは流れを妨げるもの。

抵抗物を融かそうとすると、摩擦が生じる。
それが、痛みとなって感じられる。
痛みは苦しいけれども、それはシコリが融けている証拠。
痛みに囚われないで、解放されているのを喜んだほうがいい。

とは言っても、痛みの最中は耐え難いものがある。
そういう時は、この日記を読んでほしい。
そうすれば、自分だけが苦しいのではないことがわかる。
人類規模での浄化であることがわかる。

共に生きる時代。
体験を共有する時代。
共に分かち合う時代。
一人ではない。

個として孤立した時代が終わろうとしている。
ゆるやかにつながりながら生きる時代。
お互いを感じながら生きる時代。
共に手を取りあって進む時代。

もうネガティブは、時代遅れ。
もうネガティブは、必要ない。
これからの時代は、絶対的ポジティブ。
ポジティブオンリー。

ネガティブと対のポジティブではない。
ネガティブとセットのポジティブは、うまくいかないとネガティブに反転する。
それは、いつ逆転するかわからない相対的なポジティブ。
そうではなくて、変わることのない絶対的なポジティブ。

不安や恐れからポジティブシンキングに走る。
願望を達成するためにポジティブシンキングに励む人もいる。
しかし、いずれも無理がある。
それは、ネガティブの裏返しに過ぎない。

たとえうまくいかなくても、反転することのないポジティブ。
うまくいかないことが、よいことだと思えるポジティブ。
この世に悪いことなどないと言い切れるポジティブ。
宇宙はポジティブにできていると信じて疑わないポジティブ。

宇宙には、ネガティブなどはない。
それは、人の思考がつくっているだけの幻。
けっして実体のあるものではない。
思考パターン。

人類の思考パターン。
人類の想念のネガティブ循環。
その渦に巻き込まれているだけのこと。
過去の惰性。

そういうものから離脱する時がきている。
ネガティブのない絶対的ポジティブ。
反転することのない不動のポジティブ。
相対的に揺れ動くことのない不変のポジティブ。

これからは、そういうものをベースにして生きるようになる。
今は、その過渡期。
ネガティブ思考に別れを告げ、絶対的ポジティブ思考に移行する時。
だから、ネガティブ思考になると、心身に痛みが走ったりすることが起きる。

新しく生き直す時。
絶対的ポジティブと共に生きる時。
何の心配も不安もなく生きる時。
恐れや悲苦から厭離(おんり)して生きる時。


『我慢して 自分殺して 人のため 尽くす時代は 既に終わった』

『これからは 誰も犠牲に ならないで みんな一緒に 幸せになる』

『富む人と 貧しい人の 対立も 男・女の 差別も消える』

『人として 同じ立場で つながって 共に進んで いくだけのこと』

『ポジティブも ネガティブもない 絶対の ポジティブがある それだけのこと』


これが日記を書き始めて2185日目の心境。
関連記事

コメント

すごい

kimiさんて全部わかっていて、日記書いているんですねぇ~。問答のところでわかりました。

私、今テレパシーがばりばりきて大変なんです。(たぶん海外です)困った妄想さんなんですが、未来は物がないみたいんですもん。私を探している対守っている側で大変みたいです~kimiさん、御迷惑でしょうが、たまに相談のってくださいね☆過去を出し切らないと浄化されないようで・・・ともかくいつ?って聞かれるんです。思い出すのが大変です~。決めるのも。今年は、雪、降るのかなぁ~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。