記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2196日目 - 中心と共に


今日の屋久島は、曇。
なかなか太陽が、顔を出さない。
屋久島の冬は、ほとんど裏日本に近い。
晴れ間が続く東京に比べると、雲泥の差。

今朝は、7時頃から水晶の発送準備。
新年の水晶祭りで行き先が決まった11組のうち、7組を発送。
郵便局に着いたのは、10時10分頃。
今日のフェリーに間に合うぎりぎりの時間。

梱包だけなら、もっと簡単。
しかし、光を入れながらなので時間がかかる。
最初に拍手を打って、お浄めする。
それから、光を入れる。

水晶を両手で挟む。
最近は、この世的なエネルギーを抜くような感じから始まる。
マイナス状態にすると、光のエネルギーが流れるように入る。
この世的なものがマイナスになればなるほど、スピリチュアルなエネルギーが入りやすくなる。

この世的なエネルギーを抜いている時、両手がものすごく痺れる。
水晶を光化するのは、なかなか骨が折れる。
それは、水晶の別の次元を目覚めさせること。
スピリチュアルな水晶にすること。

そういう水晶が届くと、周りにスピリチュアルな影響を及ぼす。
本人が意識しようとしまいと、波動は浸透する。
しかし、無意識よりも意識化された方が、明らかに結果が異なる。
明確に自覚することが、変化を速める。

地球のエネルギーは、より速く、より精妙になっている。
心身が精妙になれば、感性も繊細になる。
これまで多少のアルコールでは酔わなかった人が、ほんの少しで酔うようになる。
体が、だんだん体に良くないものを受け付けなくなりつつある。

心身が精妙になれば、心身の反応も速くなる。
良きにつけ悪しきにつけ、結果が出るのが速まる。
どんどん自分に嘘をつけなくなる。
自分をごまかしていると、耐え難い苦痛が伴う。

自分に正直に生きる。
正直でないと、生きるのが苦しくなる。
苦しくなるだけではなく、やがて行き詰る。
進退窮まる。

自分に正直といっても、いろいろある。
自我に正直。
潜在意識に正直。
世間体に正直・・・

自分が周りからどう見られるか。
それを絶えず意識しているのが、自我。
その自我に正直に生きると、周りに振り回される。
結局、社会に流されて生きることになる。

潜在意識の自分に正直に生きると・・・
これまで叶わなかった願望を実現したくなる。
潜在意識は、欲望でいっぱい。
あれもこれも手に入れたい。

潜在意識は、この世の価値観に色濃く影響されている。
ヒーローやヒロインに憧(あこが)れている。
スターになりたい!
それは・・・

詰まるところ、周りから認められたい、よく思われたいという願望。
そこでも、周りに振り回されている自分がいる。
社会の影響は、予想以上に深い。
自分の潜在意識は、社会的影響の結果とさえ言えなくはない。

しかし、意識をもっと遡れば、更に深い意識が流れている。
それは、魂につながる意識。
そこまで行けば、もう自分、自分ではなくなる。
自分さえよければいいということは消える。

自分に正直に生きると一口に言っても、いろいろなレベルがある。
いかに深い自分に正直になれるか。
いかに浅い自分に振り回されないか。
表層の自分からの誘惑は強烈。

無自覚であれば、表層の自分に引きずられる。
巷は、欲望の世界。
物欲、金銭欲、名誉欲・・・
あれもこれも自分のものにしたいという欲望は、限りない。

そういうものに負けないことは、並大抵ではない。
じっと踏みとどまることは、容易ではない。
流されないためには、確固たるものがいる。
しつかり自分の中心にフォーカスする必要がある。

中心というのは、芯。
芯というのは、真実の真。
自分の意識の中心にあるもの。
自分の意識の真実。

そういうところに正直に生きることだろうか。
肉体を持って生きているので、この世的なこともいろいろある。
しかし、意識の芯は、常に自分の中心と共にあることだろうか。
そこをベースに、この世を生きることだろうか。

心身の物質化から、心身の魂化へ。
その流れが変わることはない。
心身を中心に近づける。
外側に近づけるのではなく、内側に近づける。

自分の深い意識に正直に生きる。
表面意識に振り回されるのではなくて。
表面意識は、癖であり惰性。
過去であり反応。

今この瞬間を新たに生きるには、意識を自分の芯に持ってくること。
自分の中心と共に生きること。
外側の自分ではなくて、深い自分と共に生きること。
そのことを絶えず意識していること。


『外側に 振り回されず 内側と 共にあること 中心線と』


これが日記を書き始めて2196日目の心境。
関連記事

コメント

水晶目覚める

水晶を光化するのは、なかなか骨が折れる。
それは、水晶の別の次元を目覚めさせること。
スピリチュアルな水晶にすること。

ブレスレットを購入したお店で聞いた話、目覚めていない水晶ってたくさんあるそうなんです。(自分で持っているタンブルとか)今ってお店で持っている水晶を目覚めさせることってできるんですね。kimiさんが行われているのもそのような感じでしょうか。その持つ人のために働いてくれるように、鍵をはずすような感じなのでしょうかね。(あくまではずすだけで開けるのは自分)そういう石たちがたくさんあるようですね。光化してある石ってどうしてこんなに違うんだろうって思うほど、清らかなんです。一目了然でした。
きっとkimiさんが創られるブレスレットも清らかなんでしょうね。

>あれもこれも自分のものにしたいという欲望は、限りない。

きらきらきらきら主張してくるんでほんと限りないことですよ…抑えがたいです。過去、かなりひきずってます状態です(^_^;)はぁ~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。