記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2209日目 - 心身の塊を融かす・・・


屋久島は、今日も曇っていた。
あとりさんは、朝から白谷雲水峡へ向かった。
行く途中で、ステッキを借りに来た。
蛇の口滝へ行った時、膝が痛かったとか。

白谷雲水峡は、深い雪だったらしい。
アイゼンがないと、もののけ姫の森までも行けないとか。
木霊の森も深い雪で、入口の辺りまでしか行けなかった様子。
大きな慈愛の杉に、お父さんが感激していたとか。

こちらは、昨日届いたビーズの浄化に行く。
寒かったが、至急使いたいものがあったので、無理をして海岸へ向かう。
大潮で、海水の満ち引きが激しかった。
海も川も、水はとても冷たかった。

その後は、自宅でブレスレット作り。
今日は、心身の塊を融かすブレスレットを作った。
心も体も硬くなってしまった人をほぐすためのブレスレット。
何が一番心身をほぐしてくれるのだろうか・・・

その人をよく感じてみると、愛情が足りない感じ。
愛に満たされてこなかったために、硬くなってしまった様子。
子供の頃から愛情いっぱいに育てば、心身ともにオープンになれる。
しかし、愛に満たされていないと、心が開けない。

自分を守ることで精一杯。
暖かいところでは膨らむ蕾も、寒風の中では膨らみにくい。
自分を守ろう、守ろうとして、必要以上に神経質になる。
それが慢性化すると、全身に痛みが走るようになる。

神経の緊張が慢性化すると、神経は痛み出す。
自分を守るためには、時には緊張も必要。
しかし、常に緊張していたのでは、柔軟性がなくなってしまう。
ゴムひもが、元に戻らなくなる。

自分に自信がない人は、たくさんのものを溜め込んで自分を守ろうとする。
プロテクトのために、たくさんの鎧を着ける。
何層も壁を築く。
その結果、心身はコチコチになる。

自分を守るために築いた城は、やがて自分を窮屈にする。
息が詰まって苦しくなる。
もっと自由に生きたいと願うようになる。
しかし、どうしたらいいのかわからない。

長年無意識にやってきたことは、自分では自覚しにくい。
何が原因でこうなったのか、まったくわからない。
ただ途方にくれるばかり。
どこにも光が見えない。

そういう人を融かすためのブレスレットのオーダーがあった。
使った石は、インカローズとスギライト。
最高級とまではいかないが、それに近い石を使った。
最高級のインカローズやスギライトを使えば、何十万円にもなってしまう。

インカローズで、これまで足りなかった愛情を満たす。
スギライトで、傷ついた心身を癒す。
インカローズは、愛情の濃縮バージョンのような石。
濃い愛の波動が流れる。

スギライトは、最高の癒しの石。
深いところから癒してくれる。
さて、この石たちをどのように組み合わせるか。
それが、問題!

最初は、交互に並べてみた。
しかし、イマイチ。
次に、二個ずつ交互に並べてみる。
これも、イマイチ。

そういうことを何度も繰り返して、最終的に辿り着いたのは・・・
インカローズとスギライトを左右に分けること。
よく見ると、これは大極旗。
陰陽の合体。

インカローズは、陽の極み。
スギライトは、陰の極み。
虹の七色の端と端。
赤外線と紫外線の直前。

インカローズとスギライトを左右に分けることによって、流れが起きる。
その動きが、これまでの心身のシコリを解きほぐす。
特に心のシコリに影響を与える。
シコリをほぐさないことには、新しい時代に対応できない。

この陰陽のブレスレットは、一般化できそうな気がする。
しかし、今のところ、あと一個分しか材料がない。
インカローズもスギライトも高価。
質の高いものは、簡単には手に入らない。

今回は、インカローズもスギライトも8.5~9ミリ玉を使った。
両方とも、昨日着いたばかりのもの。
これを使いたいために、寒い中を浄化に行った。
ピカピカになった石たちが、新しいブレスレットに生まれ変わった。

これで、5~6万円ぐらいになる。
もちろん、これでも市販価格よりは、かなり安い。
スギライトは、もう少し在庫がある。
しかし、インカローズが小さなものしかない。

そういう訳で、簡単には量産できない。
良い材料をそろえるのは、一苦労。
質の良い玉がそろいだすと、かなり楽しめそう。
そういえば・・・

ロイヤルブルームーンストーンも、昨日、届いた。
残りものでクオリティが心配だったが、なんと!
自宅にあるものと変わらないものが届いた。
中には、自宅のものより良いものもあった。

ミネラルショーで知り合いになった社員に、くれぐれも良いものを頼むと電話をした。
それが、功を奏した。
良いものだけを選んでくれた感じ。
やはりものを言うのは、人間関係。

今回は、4連注文した。
玉にすると、200個近くになる。
これだけあれば、当分は大丈夫だろう。
かなり贅沢にロイヤルブルームーンストーンを使えそう。

実は、この会社とは別のところにも、ブルームーンストーンをオーダーしていた。
それは、インカローズとスギライトを送ってきた会社。
ところが、こちらのものは使いものにならなかった。
青白いシラーは、美しく出る。

でも、石自体の透明度がない。
これでもかなりランクの上の石らしい。
しかし、最上のロイヤルブルームーンストーンを見ると、見るに耐えなくなってしまう。
そういう訳で、こちらは返品することに。

ブルムーンストーンのブレスレットを7本とスギライトの10ミリ玉のブレスレットを返品することにした。
10ミリ玉のスギライトも、いまいちエネルギーが弱かった。
やはり実物を見ていないので、こういうことが起きる。
まして、ここは写真すらなく、電話でオーダーしたところ。

そのため、最初から返品可という条件だった。
良い材料を集めるのは、なかなか難しい。
しかし、良いものがありさえすれば、いろんな可能性が開く。
頭をクリアーにするブレスレットは、既に3個作成した。

届いた方からは、感動するほど美しいというメールが来ている。
最高のブルートパーズは、あと二人分。
これがなくなったら、また玉探し。
グレードが落ちるブルートパーズなら、たくさんあるのだが・・・

最高のもので作ると、確かに美しい。
最高のものを知ってしまうと、グレードの低いものは使いにくくなる。
価格と相談しながら、できるだけ質の高いもので作りたいと思っている。
良い材料が集まるにつれて、更にすばらしいブレスレットができていくことだろう。


『陰陽の 石を使って 心身に 動き起こして 塊(かたまり)融かす』

『長年の シコリをほぐす ブレスレット 愛を満たして 心身癒す』


これが日記を書き始めて2209日目の心境。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。