記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2213日目 - 真の観光


最近は、ネコのニューフェイスが、よくやって来る。
こんなに野良がいるの?
と思うくらい、次々と顔を見せる。
みんなオスだろうか。

どのネコも精悍な顔立ちをしている。
まさに野生。
これでは、モーモーは、とても勝てそうにない。
なに?

飼い主と同じように、やさしさ勝負?
そうか、そうか。
それなら勝てるかもしれない。
愛(う)い奴じゃ!

明け方、夢を見た。
これからの困難な時代に、屋久島の水が役に立つという内容だった。
その水を金儲けの道具にしてはいけないというメッセージも込められていた。
水だけでなく・・・

屋久杉や屋久島の自然も、金儲けの手段にしてはいけない。
屋久島観光自体を見直す必要がある。
お金を稼ぐために、より多くの観光客を誘致する時代は終わった。
量ではなく、質。

屋久島の観光客は、既に頭打ち。
皆既日食の時が、ピークだった。
それから、ゆるやかに下降線を辿っている。
世の中全体が、不景気になったせいもある。

しかし、これから景気が本格的に回復するとも思えない。
屋久島の観光客も、劇的に増えることは見込めないだろう。
それでいい。
何も問題はない。

もう観光気分で来てもらう時代は、終わっている。
もっと襟を正して来てほしい。
聖なるところに参拝するような気持ちで来てほしい。
屋久島が、本来の姿に戻る必要がある。

屋久島は、日本の雛形(ひながた)。
日本は、世界の雛形。
つまり、屋久島は、これからの世界のモデルとなるところ。
自然との共生の見本となるべきところ。

島の自然に触れることによって、心身ともに本来の自分に還る。
そういうコンセプトの下に観光を推し進める必要がある。
単なるエコロジーでは、もう足りない。
精神性を加味する必要がある。

屋久島の水も屋久杉も自然も、人を深く癒す力がある。
それらのものを単なる物としてではなく、もっと高貴なものとして捉える必要がある。
人を本来の自然に戻すもの。
本来の健全な心身に戻すサポートをしてくれるものとして。

屋久島の方向性を改める時に来ている。
金儲けのための観光から、真の観光へ。
光を観るという、本来の姿へ。
その光とは・・・

外にある光ではなく、自分の内にある光。
自分の真実の光。
そういう光に出会うための旅。
それが、屋久島観光の本来の姿。

島全体が、そういう流れになっていけばいいと思う。
そういう流れにならなければ、強制終了もあり得る。
時代は、急速に変化している。
旧態依然たる金儲け観光の時代は、とっくに終わっている。

すべてにおいて新しい時代が始まる。
屋久島も、その本来の姿に還る必要がある。
これまでの衣を脱いで、真の姿を現す時がきた。
かかっていたベールが、外れようとしている。


『本来の 屋久島がもつ 神聖な 自然に出会う 真の観光』


これが日記を書き始めて2213日目の心境。


関連記事

コメント

屋久島のこれから・・・

真の観光・・・いいですね。

宗教的でなく、
自然と一体になる、
宇宙と繋がる、
自分自身の光に出会う・・・
そんな島であって欲しい。

屋久島人も目覚めて欲しいなあ。
安房のネオンオブジェもいらないし、
宮之浦のパチンコ屋さんのド派手ビッグフェイス看板も要らないし、
(もうないかなあ?)
病院前のスーパーももうちょっと地味でもいいんじゃないか・・・

タンカン、ポンカンも無農薬で作って欲しいし、
宮之浦の化学工場?も悪臭対策してほしいし・・・

屋久島の自然、本気で守って欲しいなあ。
藻で出来るガソリンがあるらしいので、
是非とも石油ガソリンの排気ガスを出さないでほしい。

地球に優しくってまちがってる。
地球自体はどういう状況でも平気。

地球に生かされている私たち自身のために、
屋久島の自然、地球の自然、
ものすごく本気で守って欲しい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。