記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2214日目 - 自分が見ている世界は・・・


今日の屋久島は、暖かくなっています。
太陽が顔を出し、のんびりした感じです。
こちらは、一日中、ブレスレット作り。
でも、二個しか作れませんでした。

興味深いメールが届きました。
現実を再認識するのに役に立ちそうなので紹介します。


「毎日のように啓示的な夢を見ています。
私の奥底の部分が、夜眠りについた後に夢の世界に行くことをとても喜んでいる感覚があり、私も年が明けてから夜更かしがなくなりました。

先日、こんな夢を見ました。
現実世界で9年前くらいからのおつき合いになる方が出てきました。
その方は、とてもお金持ちのお家に生まれて、結婚後も変わりなくお金持ちでいらっしゃいます。

けれども、私とのおつき合いの中で私が感じるのは、彼女は人であっても物であっても本当に腹の底から『信じる』という事のない方だなあ~という印象の方です。
お商売柄そうなのかもしれないのですけれど....。

それで、その方が夢に出て来て、何やら私に何かを訴えかけてくるような感じなのです。
どういう経緯でそうなったかは分からないのですが、夢の中で、なぜか私は彼女の人生に『伴走』する事になっていました。

彼女の人生という道を一緒に歩いていると、歩くのもしんどいような険しい道であったり、薄暗く淋しい森の中であったり、かと思ったら、強風の荒れ果てた道であったり~と、もがき苦しむような道ばかり...

『なぜ、こんな道を歩くの?』と、私が彼女に聞くと、彼女は、『私の人生はいつもこんな道ばかりだったの。それで、いつも逃げてばかりいたのだけれど、もう二度とこんな道は歩きたくないのよ。だからこれを最後にしたいの。もうこれで7回目よ!!!』
と、ぷんぷん怒りながら、彼女は目の前にたどりついた真冬の大しけの海に飛び込んだのです。

私はとっさに目を両手で覆い、彼女が無事かどうか、その手の隙間からのぞいてみましたら、海の中からすくっと立ち上がって、ずぶぬれのまま、また彼女の道を歩き出したのです。

『ああ、なんて事なの...。』
彼女は自分の道にこだわって、他の道があることさえ気付いていないんだわ。
私の道は、こんなに気持ちがいいというのに....。
と、ふと自分の足元を見ると、ごつごつした岩のような まばゆい場所に立っていました。

『こんな所に来るんだったら、ちゃんと靴をはいて来ればよかった。』
と、それまで裸足で歩いて来た私はそう思いました。
そして、遠くに目をやると、果てしなく柔らかな光に満ちあふれた世界が広がっていました。

再び彼女へと目を向けると、そこは荒れ狂った真冬の海岸。
また、自分の足元にしっかりと目をやると、足元のゴツゴツとした岩と思っていたものは、なんということか、水晶のクラスターの上でした。
もの凄く透明度の高いクラスターです。
ず~っと先も、ず~っとその先も、ずっとずっと、水晶のクラスターの世界だったのです。

その光に満ちたまばゆい世界を感じながら、私はこんな事を考えていま した。
『立っている空間、居る空間が同じ』と思っていても、本当のところ、違っているんだ。
自分の心にあるものが、自分のフィールドを作り出してしまうんだ。
こんなに素晴らしいフィールドがすぐここにあるのに....。
と、彼女の荒れ狂う道を、とても痛ましく感じてなりませんでした。

私は、自分の居るその場所が、永遠にある安らぎのような中にある事を感じる中で、ただ、そんな事を思っていました。
目が醒めて、現実世界もきっとそうなんだ。
と、感じました。

私の家の床は、残念ながら水晶のクラスターではありませんが、きっとこんな何でもない日常の中に、自分が決めたフィールドを作り出す事ができるんだ。
居る場所を選ぶ事ができるんだ。
という事を、なんだか深く感じ入ってしまいました。
だからこそ、毎日の当たり前を大切に呼吸していたい....そう感じます。

それにつけても、あのクラスターが広がるあの世界は、素晴らしかったです。
あ~またあの夢が見たいです^^」


自分が見ている世界は、自分の心の投影のようですね。
詳しい感想は、明日書くことにします。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。