記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2230日目 - 噴火


今日の屋久島は、曇のち雨。
そんなに寒くはない。
しかし、外には一歩も出ていない。
まだ病み上がり。

昨日、一昨日とダウンしていた。
いつもなら一日で済むものが、二日かかった。
月に一回ぐらいは、目の激痛が襲ってくる。
しかし、今回のようにひどいものはなかった。

目が痛くなると、頭まで痛くなる。
目の奥がズキズキする。
同時に、頭の中心部が動く。
動く度に、頭は変容する。

頭の状態が整っているのを感じる。
それは、それでいい。
しかし、それが続くと翌日がたいへん。
光が入り過ぎると・・・

強烈に頭が痛くなる。
何事も、過ぎたるは及ばざるが如し!
一気に頭を変容させようとすると、必ず副作用がある。
これまでも、そういうことを繰り返してきた。

しかし、今回は、それが度を過ぎていた。
頭が壊れるほど痛かった。
食欲は、ゼロ。
ただ、目や頭が動くに任せるしかなかった。

しかし、それも峠を過ぎた。
やっと楽になってきた。
楽になれば、やることは山積みしている。
明日の常設の水晶祭りの準備が、目の前に迫っていた。

写真を整理し、解説文を書く。
メールの返事を出し、オーダーブレスレットができましたメールを出す。
あまりパソコンを見ないつもりが、ほとんどパソコンの前から動けなかった。
もう少しのんびりしたかったのだが・・・

目の激痛でダウンしたことを日記に書いたら、いろいろな反応があった。
昨年から今年にかけて、体調の変化を体験している人は多い。
ここ数日に限っても、かなりの方が状態が悪い様子。
面白いことに・・・

こちらが倒れて、ホッとしたと言う方もいた。
kimiさんでさえ倒れるんだから・・・
安心して倒れられる?
いや、自分が倒れたことを正当化できる!

kimiさんでさえ倒れるんだから、自分が倒れても当たり前。
異常でも特別でもない。
と思われた方も多いことだろう。
よかったですね。

今年は、過激な浄化の年。
浄化の質が、昨年までとは違っている。
昨年までは、まだ余裕があった。
しかし、今年は、その余裕が感じられない。

逆に、切迫感がある。
もうモラトリアムは、許されない雰囲気。
有無を言わさずという感じ。
まさに待ったなし!

この浄化の嵐は、行き着くところまで終わらない。
嵐が去った時は、すがすがしい青空。
その時まで、嵐は続く。
何段も何段も続いていく。

それによって、心身ともにきれいになる。
本来の状態に戻っていく。
地球も自然も、歪(ひずみ)が修正される。
健全なバランスに戻る。

それは、新しい秩序。
古いシステムは壊れ、新しいシステムが生まれる。
人も地球も新生する。
根底から変わる。

頭に痛みが走る度に、頭の歪が修正されていく。
体に痛みが走る度に、体の異常が改善されていく。
エネルギーが満ちることによって、動きが起きる。
動きが起きることによって、固まったものが融け始める。

それが融ける際に、痛みとなって感じられる。
それは、新燃岳の噴火とよく似ている。
あの噴火の様子は、溜まりに溜まったものを噴き出している姿。
それは、いのちの躍動。

根底にあるのは、いのちの復活。
これまで抑圧されていたものが、一気に復活しようとする姿。
溜まりに溜まったものを噴き出しているのは、その奥にあるいのちの活動。
地球の息吹。

それは、アトピーに似ている。
アトピーも、溜まったものを排出している姿。
いのちが、不要なものを吐き出している現象。
その際に、痛みや痒みが伴う。

アトピーを完治させたかったら、症状を抑え込まないこと。
症状は、いのちの躍動の結果。
それを薬で抑え込むことは、いのちを抑え込むこと。
せっかくのいのちの発露を塞ぐこと。

頭が痛いと言っては、痛み止めを飲む。
熱が出たと言っては、解熱剤を飲む。
みんないのちの躍動を抑えることばかり。
その結果、解放されずに、どんどん蓄積されていく。

そういうものを一気に解放しようとすると、噴火のような形になる。
今生だけではない。
過去世からのものも詰まっている。
人類のカルマが詰まっている。

そのすべての総決算の時を向かえている。
そんなに簡単に終わるはずがない。
覚悟しておいたほうがいいだろう。
これからますます浄化は佳境を迎える。

更に一段の浄化が起きる。
しかし、それは悪いことではない。
肉体的には、たいへんかもしれない。
でも、それは経過する必要のあるもの。

手放すプロセス。
ゆったりと身を委ねるしかない。
自然のままに。
時の流れのままに。

手放して、どんどん軽くなるしか道はない。
他に選択肢はない。
もう逃げ道はない。
真っ直ぐに解放していくしかない。


『新燃の 噴火は他人 事ならず 自分自身も 噴火している』


これが日記を書き始めて2230日目の心境。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。