記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2241日目 - あとりメール越え


あとりさんの状態は、幼児期からの多くのトラウマが浮上しているようですね。
幼児期というのは、純粋ですが、キャパシティがありません。
多少のことでも動揺します。
周りに振り回されるのですね。

彼女は、幼児期からたくさんのトラウマを抱えてきたようです。
それは、過去世の闇をぜんぶ背負ってきたからでしょうか。
そういうものが積み重なって、彼女の潜在意識には暗いものが山ほど残っています。
その上、今も重たい相談をいつも受けています。

ネガティブの極みのような人からの相談も、ひっきりなしにあるようです。
相談に乗れるような立場か?
と言いたいところですが、それが彼女の役割なので、どうすることもできません。
そういう相談を受ければ、当然、ネガティブなエネルギーも受けてしまいます。

自分のことだけでも大変なのに、他の人の重たいエネルギーまで引き受けています。
でも、それは、自分が望んでいること。
こちらでは、どうすることもできません。
ただ・・・

まだまだ未熟なんですね。
キャパシティが、小さいのです。
もちろん、キャパシティが小さいと言っても、他の人に比べれば圧倒的なキャパシティがあります。
だからこそネガティブを一手に引き受けられるのです。

元々は大きな器ですが、その器の中身が問題です。
空間ではないのですよ。
いろんな複雑な思いが、いっぱい詰まっています。
それで、パンクしてしまうのです。

詰まっているものは、すべて過去。
過去に押し潰されているのです。
過去を抱擁するキャパシティが、まだ不十分なのです。
過去を見守る力が、まだ弱いのです。

自分が、過去そのものになってしまうのですね。
過去と分離できない。
トラウマそのものになってしまうのです。
トラウマに呑み込まれてしまうのです。

もう一つ意識の次元を上げる必要があります。
思いの次元にいては、救われません。
もう一段上がらないことには、他の人を救うなど夢のまた夢。
まだまだ意識の中心が、思いの次元にフォーカスしているのです。

だから、過去のトラウマが浮上してくると、それに巻き込まれてしまいます。
自分を見失うのですね。
最も大切なことは、浮上してくる思いや感情に巻き込まれないことです。
それは過去のものと見極めて、冷静に見守ることです。

その辺りが、まだまだ不十分なのです。
だから、いつも混乱してしまうのです。
その点がクリアーにならない限り、本質的に他の人の役に立つことはできないでしょう。
今やっていることは、一時的な気休めに過ぎません。

相手のフラストレーションを抜いてあげることは、できています。
しかし、それは一時的なもので、それでは本質的な解決には至りません。
意識の構造を深く理解し、思いの次元を超えるしかありません。
そうしない限り、本当に人の役に立つことはできないのです。

それは、今生きているすべての人に言えることです。
思いの次元で生きている限り、混乱の世界の住人です。
思いの次元を超えることが、今の人類の課題なのです。
それができない限り、平和な世界は望むべくもありません。

いくら神に祈っても、いくら口で平和を唱えても、あまり意味はありません。
どうしてそうなっているかを理解しない限り、本質的な解決には結びつかないのです。
実際に自分自身が平和にならない限り、何の影響力もありません。
まず自分自身が、平和にならないと・・・

平和とは、心の平和です。
感情や思いに振り回されない安定した心の状態です。
クリアーな澄み渡るような意識です。
その状態を自分のなかに確立することが、何にも増して重要なのです。

過去のトラウマが浮上しても、それを見守れるだけのキャパシティ。
感情的に波立っても、それと一緒にいられるキャパシティ。
何が起きても、冷静に対処できるキャパシティ。
そういうキャパシティを育てることです。

それには、日々、逃げないで自分自身を見守り続けるしかありません。
何かが起きた時に、人のせいにしないことです。
人のせいにして自己正当化し、それによって心の平衡を保とうとしないことです。
それは、思考の言い訳であり、誤魔化しです。

ただ事実と共にいる。
動揺している自分と共にいる。
揺れ動く感情と共にいる。
そのすべてを包み込み、見守っている。

そういうことの積み重ね以外にないでしょう。
日々、自分のなかから出てくるものを、手放しつつ見守ることですね。
それらに囚われないで、ただ手放すことですよ。
静かに冷静に見守りながら・・・


『感情や 思いに自分 見失い 混乱のなか 翻弄される』

『何事も 見守り見極め 冷静に 対処していく その積み重ね』

『感情や 思いに負けず 共にある 見守ることが 超えていく道』


これが日記を書き始めて2241日目の心境。


☆ この日記を校正している時、あとりさんがやって来ました。
  今日は、わりとすっきりした感じでした。
  すぐに帰ったのですが・・・
  しっかり残り香が?
  「アー、頭が締めつけられるぅー!」

関連記事

コメント

装備

中国で、酔って川に落ちた男女が救助されたというのを聞きました。

酔っ払って川に落ちた女性を助けようと、男性が川に飛び込んだのですが、
救助隊が投げたロープを、男性は手がかじかんで掴むことが出来ませんでした。

仕方が無いので救助隊が飛び込み、二人の体にロープを巻きつけ引き上げたそうです。

あっと思いました。
救助隊の人が出来て、男性に出来なかったこと。
どんな装備や訓練や、状態が可能にしたんだろう・・・

KIMIさんの虹色の指輪ってなんだろうか。
強力な光ってなんだろう。

それが知りたくてコメントしようと思ったら、
今朝の日記に答えがありました。

思い、感情。それが闊歩する世界がある。
それらが「昨日寝ながら見た夢でのこと」と笑える世界がある。
往ったり来たり・・・。

私はあとりちゃんに一つだけ、的を得たことを言ったと思います。
もう恥も外聞も無く、KIMIさんにすがっちゃいなよ、
遠慮してる場合じゃないよ。

キャパシティーの圧倒的な無さを、笑っちゃうほど感じていました。
少し前に、ずっとやっていた悩み相談のボランティアも、
思うところあって辞めていました。

一緒に川に入って、そうだよね~悲しいよね、苦しいよね、
そんなあほなことを言って何になるのか。
装備がない。装備は、

思いの世界を抜け出てみること。
個人の立場を握り締めないでいてみること。
自分をいっぱい笑うこと。

ふと思いましたが、
川の中で溺れまいと、もがくのをやめて、
体温が奪われるのに抵抗して、なんとか暖をとろうとあがくのをやめて、
そのままにいたら、そこに何が現れるのかな。

または、
そんなこと全部をやめてぽいっと岸に上がり、
普通にいたらどうなるのか。

いずれにしても答えがあるわけではなさそうだし、
・・・起こることが最善なのでしょうか?

肉体的苦悩じゃないのなら・・・

チャンスはありますね、苦悩から飛び出る。

「思いの世界を超える」

これはいいですね。
最近、仕事が出来るとか出来ないとか、
日々の暮らしの中に迷いやあせりがあっても、
心を惑わせる苦悩から開放されていて、
肉体的疲れはあっても心は穏やかに過ごせています。

光も見えないけど、闇に取り込まれる事もない。
これって、単にニブイだけかな。
鈍くてもいいかな、こんなにやすらかなら・・・。

あとりさんへ

あとりさん、一度もあったことないけれど
あなたの苦しみは私の胸を強く強く打ちました。
こころから応援しているよ。あなたの叫びはきっと天に届いているよ。こんなに強く扉をたたいているもの。
今あなたがどんなに苦しくても、泥沼の中にいようと
過去のトラウマにつかまっていようとも、感情に振り回されていようとも、
あなたの本質は、決して汚れることも傷つくことも曲がることも曇ることも無いよ。今のあなたが生きている、命であること自体が、証拠だよ。今だってあなたの中にあるよ。さんさんと輝く太陽よりも美しい光があなただもの。それが命だもの。
世界中の全ての人があなたを否定しても
あなた自身があなたの応援団長になって!!根拠なんていらない、馬鹿でも穢れていても、関係ない、命だから。自己否定を手放したら、理性がはたらける。そしたら苦しくなくなるよ。自分を深く肯定できたときに、みんなの苦しみを自然に引き受け、あなたの愛が流れるようになるよ。あなたが知った苦しみはけっしてむだにならない。慈悲のアイテムに変わることを私は全く疑いません。もうすぐ春が来るよ。てるてるより

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。