記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2254日目 - 二泊三日の屋久島の旅(最終日)


二泊三日の屋久島の旅の最終日。
巨木の森を目指す。
しかし、昨日までは、ヤクスギランドから先は通行止め。
さて、今日は、行けるだろうか。

ヤクスギランドに着くと、たくさんの貸切バスが止まっていた。
観光客が、たむろしている。
知り合いの職員に、ゲートや雪の様子を聞く。
雪は、もうほとんどないらしい。

しかし、ゲートは、まだ閉まっていた。
ちょうどゲートを開けようかと思って役場に電話してるところだった。
しばらくして、ゲートが開いた。
一番乗りで車を走らせる。

途中で道路にロープが張られていた。
外すように言われていたので、道路脇に除ける。
後ろから来たバスの運ちゃんも降りてきて、一緒に通行止めの標識を移動する。
これがあると、バスは通れないらしい。

紀元杉と川上杉を見て、更に上へ行く。
道路の真ん中に軽トラが止まっている。
道路が凍結しているらしい。
数人の人が、氷を割っていた。

彼らは、山小屋の屎尿を汲み取りに行くとか。
山小屋までは、駐車場から歩いて40~50分。
かなり雪が積もっているらしい。
たいへん、たいへんご苦労様。

一旦は歩こうとしたが、それほど危険でもなさそうなので、再度、車に乗る。
危険なのは一ヶ所だけで、後はそれほどでもなかった。
淀川登山口に車を停めて、巨木の森へ入る。
思ったほど雪は積もっていなかった。

ところどころ白くなっている程度。
これなら安全。
9本の大きな屋久杉を順に見て行く。
みんな特に変わりはない。

お母さんは、だんだん山道に慣れてきた感じ。
やっと慣れたと思ったら、もう最終日。
もう一度来てもらうしかない。
夏に来れば、海や川や滝も楽しめる。

早目に山を下りて、屋久島のうどんを食べに行く。
屋久島のうどんは、サバブシのダシ。
お薦めの食堂へ行く。
ところが・・・

なんとお休み。
それではと、次にお薦めの店に行く。
ところが、ここもお休み。
あれ?

そういえば、体育館にたくさんの車が止まっていた。
さては何か行事が・・・
もう一軒うどん屋へ行ったが、そこは関西風の昆布ダシだった。
結局、普通のレストランで食べることに。

それから、お土産屋に寄る。
こちらは、車の中で居眠り。
久しぶりの仕事で疲れているのか、ぐっすり眠り込んでしまった。
お客さんが帰ってきて、ハッと目が覚めた。

まだ時間があったので、温泉へ行くことに。
温泉に行く途中で、まだ千尋の滝を見ていないことを思い出す。
急遽、行き先変更。
千尋の滝、竜神の滝、トローキーの滝を見る。

車を停めていたポンタン館に寄って、果物を購入。
これで、ちょうど時間となった。
空港に入るところで、飛行機が降りて来るのが見えた。
ジャストタイミング!

こうやって二泊三日の屋久島の旅が終わった。
まだ寒い屋久島だった。
でも、明らかにお客さんの状態は、来た時とは違っていた。
かなりスッキリした様子。

これから本格的なガイドシーズンになる。
こちらも、これから体のコンディションを上げていくつもり。
水晶屋やブレスレット屋だけでは、体がなまってしまう。
やはり、自然のなかに入らないと・・・


『屋久島の 自然のなかに 入る時 心身ともに 調整される』


これが日記を書き始めて2254日目の心境。
関連記事

コメント

屋久島も多面体

kimiさんのガイドで巡る屋久島は、
自然のパワーに包まれるホッとする屋久島。

でも、最近はアクティブに遊ぶホットな屋久島でもあるらしい。
ホット族は山には入らず、沢登りやスキューバー、カヌー遊びというのがお気に入り・・・。
・・・という話を、屋久島に住んでる人から聞いた。

屋久島も多面体になってきましたね。

ところで、その屋久島に住む人は、
屋久島人になって20年くらいになるらしい。
屋久島の北側、いっそう(字を忘れた)という集落に住んでいる。
屋久島に育つ植物で紙を漉く。

私の友達のクラフトの店で何やらやっているというので、
覗きに行った。
「最初は短冊を作って売ろうかなって思ってたけど、
屋久島が雨続きでうまく出来なかったから、
皆さんで好きな事書いて飾りましょう」という。
なかなか面白い紙なんだけど・・・、
こんな紙ですといえばいいのに律儀な人だなあ。

で、テーマが亀なので、
屋久島の友達が焼いた亀クッキーをただで振舞って、
屋久島の友達が描いた亀の絵を飾って、
で、屋久島の木工家の作った屋久杉の小物をちょっぴり並べて・・・
あの~~~、わざわざ屋久島から出てきて、
一日店で短冊になんか描きませんか・・・といいながらニコニコしてらっしやる。

やっぱり屋久島にはホッとパワーが漂っていて、
のんびりが染み付いていくのかも知れないですね。

kimiさんもあと10年も屋久島に住んでると、
仙人になってるかも知れないね。

多面体仙人?

kimiさまは今でも
仙人だと思いますよ。
根っこのエネルギー屋を
多面的に屋久島で
展開されるのでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。