記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2257日目 - 神聖ブレスの感想(1)


神聖ブレスが届いた方から感想が寄せられました。
神聖ブレスを理解する上で役に立つと思われますので、紹介します。
まずは、いつものぴあのさんです。


「神聖ブレスですが、意外なことに、よくわかりませんでした。
『あれ?・・・』
『どうして???』
を、しばらく繰り返していました。

まあ、魂ブレスのときも意外な反応だったので、時間の経過と共に何かが紐解かれてくるのだろうと、そのまま寝ました。
ところが・・・
眠りに入り始めてからが、ちょっと大変でした。
土さんは全然エソテリックじゃないっておっしゃっていましたが、私にはエソテリックなんじゃないか・・・
また後で書きます。」


ぴあのさんからの次のメール。

「右手と左手ですが・・・
私は、ブレスレットは右に入れるとどうしても落ち着かず、いつも左で、右に入れたことがありません。
ところが、神聖ブレスは左につけると、『右』って言われて、右につけました。
右のほうが落ち着きます。

神聖ブレス、だめです。
苦しくて重くて悲しくなるので、封印してしまいました。
(また泣いてしまう。
魂ブレスと同じような状況)

どうしてでしょう・・・
自分でもわけがわかりません。
せっかく送っていただいたのに。
すみません。
またそのうち・・・」


ぴあのさんからの三度目のメール。

「最初開封したとき、土さんのメールで期待感もあり、すっごい光が来るんだろうなと思ったら、こともあろうに、全く何も感じず・・・
あれだけエネルギーがぐるぐる回転していたのに、実物はどんなだろうと思っていたのに、まるで狐につままれたようで・・・

不思議で不思議で、ブレスを手に取り、しばらく、『どうして?』なんて、首をかしげて何度もブレスに聞いていました。
意外すぎましたが、来ないものは仕方ないし、そのまま眠ることにしました。

いつも左にしかつけないブレスレット、なぜか神聖ブレスだけは右で、左に入れると落ち着かないんです。
なので、右に入れて、横向きに寝て、左手の指先をブレスレットに添えて目を瞑りました。

手首と左手の指先が、今まで感じたことのないビリビリ感で、ビリビリしているのが感じられました。
でも、魂ブレスのように全身に広がっていきません。

そうしていると、たくさんのビジョンが同時進行するように見えてきました。
ビジョンと共に、想いのようなもの(個人のものというより集団のもの)が来ます。

マントラが、かすかに聞こえてきます。
音楽も鳴っています。
秘儀をしているビジョンも見えます。
右手がシンボルを描くような不思議な動きをしているビジョンが、アップで突然見えてきます。

黒いフードのたくさんの人たちが、左から歩いて来ます。
別のビジョンで、白いフードのたくさんの人たちが、右から歩いて来ます。
それが、透過するように同時に見えてきます。
黒い人たちと白い人たちは対立しているようにも感じられました。
宗教的なグループか、黒魔術集団と白魔術集団か、といった感じでした。
すべての映像が、幻想的な映画のスローモーションシーンのように見えてきます。

それらのあらゆるビジョンが同時進行で見えきて、たくさんのエネルギーや想念のようなものも同時にきて、マントラに音楽、いくらなんでも私の処理能力がついていけず、半分眠りに落ちながら、気が変になりそうでした。
これはキツすぎる・・・うわあ~・・・やめて・・・という感じ。

でも、たくさんの混沌としたビジョンでこのような状態になるのは、寝込む頭痛のときに必ず経験します。
ほんとうにそれは、うなされるほど大変なんです。
どんなことになっても大丈夫だということはわかっているので、とりあえずそのまま、まな板の上の鯉でいました。

朝起きてすぐ、神聖ブレスを箱にしまいました。
(眠る前の出来事でまいってしまいました)
そして時々、出しては見てみました。

ものすごく静かに、向こうのほうの次元でエネルギーが回転しているのが感じられます。
シーン、シーン、って、無音に近いような周波数の音がしているのが聞こえてきます。
ゆっくりゆっくり、非常にゆっくりこちらに来ています。
じわじわと・・・何かを秘めて・・・
でも、ブレスレットはそばにあるのに、その感覚は遠いです。

夕方あたりからは、ブレスレットを見るたび苦しくなって、重苦しくて、とても耐えられなくなり、魂ブレスのときと同じで、また、見るのもいや状態になり、封印してしまいました。
涙は出てくるし、つらくて・・・

今は、そんな状況です。
でも、逃げていないで時々つけてみます。
少しずつ慣れていったら、また違ったものが現れてくると思います。」


また魂ブレスの時と同じような展開になってしまいましたね。
さて、この後は、どのようになっていくのでしょうか。
この続きは、明日掲載します。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。