記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2262日目 - 神聖ブレスの本質(1)


大地震が起きてから、こちらの精神状態も非常事態バージョンになっています。
この精神状態は、これからも続きそうです。
あと1~2年は、継続しそうな雰囲気です。
ということは、その間、このような事態が頻発する可能性があるということです。

大地震、大津波、原発・・・
これに停電が加わります。
あるいは、火山の噴火も起きるかもしれません。
超大型台風もあり得ます。

天変地異のフルコースです。
本当に何が起きてもおかしくない状況です。
これでもか、これでもかというくらい続く可能性があります。
心して生きる必要がありそうです。

ただ、そういう現象面とは別に、エネルギー的にはクリアーになっていくでしょう。
巷は阿鼻叫喚地獄ですが、自然は本来の状態に戻っていきます。
戻るというよりも、再生される感じです。
本来の美しさを取り戻していくでしょう。

そういうなかにあって、いかに生きるか。
それが、問われます。
これまでの生き方を転換するしかありません。
自己中心からの脱皮です。

真に働くことですね。
働くとは、傍(はた)を楽にすること。
人が動くことは、働くこと。
周りの人を楽にするために生きることですね。

人類の意識がそのようになるまで、アクシデントは続くかもしれません。
もちろん、日本は魁(さきがけ)です。
まず日本で雛形ができ、それが世界中に広がっていきます。
今は、そのプロセス途上にあります。

現象面はネガティブですが、根底で流れているものはポジティブです。
そこのところを間違えないことでしょうか。
しっかり光にグランディングすることですね。
この過程を通して、自分の光を確立するのです。

そういう意味では、チャンスでもあります。
困難な状況のなかで、自分のなかの光を確立すること。
光と共に生きることですね。
揺らぐことのない光と共に・・・

ぴあのさんから神聖ブレスについてのビジョンが届きました。
今回のメッセージは、これまでのなかで最も重要なものです。
私たちが、これからどこへ向かおうとしているかについて述べられています。
今の時期に必要なものです。

長いですので、二回に分けて掲載します。
じっくり読み込んで、深く感じてみてください。

-----------------------------------------------------------------------

瞑想していて見えたビジョンとメッセージを書きます。

はじめに、魂ブレスを左手につけ、神聖ブレスを右につけて瞑想に入ったのですが、なかなかビジョンが見えてきません。
そうしていると、「神聖ブレスだけにしてください」とメッセージが。
(ダイレクトに繋がってくださいということかしら)

魂ブレスを外し、神聖ブレスを組んだ手に持ち、再度瞑想に入りました。
そうしたら、ほんとう、先ほどとエネルギーが全然違う。
すーっと神聖ブレスに繋がっていくのがわかりました。

神聖ブレスに繋がるのだから、このほうがいいということなのですね。
魂ブレスと一緒ではだめということではなくて。
そもそもなぜ魂ブレスと一緒に瞑想しようとしたのか・・・
まだ少し、神聖ブレスだけを手に取れない私がいたからです。

瞑想に入ると、すぐにビジョンが見えてきました。

天界のようなところに、天使たちがたくさんいます。
天使たちはグループに別れ、それぞれが、あるエネルギーを創っていました。

エネルギーは、天使たちがさらに上の次元からのメッセージを受けて創っているようです。
天使たちが輪になり、輪のなかに様々なエネルギー場を誕生させます。
そのエネルギー場は、降ろされるときがくれば、物質地球に降ろされていきます。
また、自然に降りていくものもあります。

天使たちに、「こちらへいらっしゃい」と呼ばれました。
私は、あるエネルギーサークルのなかに入りました。
そこは、天界での神聖ブレスのエネルギーサークルでした。
このエネルギーサークルのエネルギーが、神聖ブレスとして地上に降ろされているようでした。

ここは、私が誕生した所ということでした。
誕生したというのは、言葉で言うとそうなるのですが、ここがちょっとどうお伝えしたらいいかわからないです。

今生の原型、エネルギー体としての私とはまた別に、私という人間が肉体に入り、その身体と精神で、この三次元に於いて何を成就させるのか。
何を完成させるのか。
成し遂げたい誓い。
そのエネルギーの誕生の場所と言ったらいいでしょうか・・・

それは、行動的なことではなくて、とても内面的、精神的なこと。
深い深い精神の深遠の場から、悲願ともいえるような想いをもって湧き出でようとしているもの。
何としても。
何としても。

以下、ビジョンは様々にいろいろな映像を見せてくれましたが、言葉にするのがとても難しいような映像ばかりなので、メッセージだけ書いていきます。
ただし、メッセージも、エネルギーの部分が大変重きを占めています。
言葉と共に来ますが、エネルギーを私の言葉に載せるのは難しいです。
ですので、もし感じていただけたらうれしく思います。

メッセージです。

『あなたは、そこで生まれました。
そこはあなたの故郷です。
そして、あなたの最終目的です』

(上にも書いたように、この「生まれた」という言葉は原型という意味ではありません。
この「生まれた」というのも、言葉とエネルギーでくるのです。
エネルギーが、言葉にできません)

私は、天使たちが創ったエネルギーのサークルのなかに身を置いて、神聖なる私の故郷に身をゆだねていました。
そして・・・

そう、思い出した。
私はここから来た。
肉体を持って、地上で、このエネルギーをいのちを通し輝かせるために来た。

長い長い間、この故郷のことを忘れてしまっていた。
何生も何生も生まれ変わり、少しずつ少しずつ思い出していた。
たくさんの回り道をした。
けれども、回り道はすべて故郷へ繋がっていた。

ただ、それがわからなくて、回り道があまりに苦しくて、悲しくて、いつも心が闇に向かおうとした。
でも、故郷がいつも聖なる光を送ってくれていた。
導いてくれていた。
だから、やっと、故郷を見つけた。
そして、思い出した。

私は、感動という言葉を通り越し、喜びという言葉をも通り越し、言葉のいらない次元で故郷のエネルギーに同化し、そしてひとつになっていました。

(今これを打っている時点で、神聖ブレスのひとつひとつの玉がエネルギーの光になり、輝きながら龍が舞うように流れています。
それは美しい光景です)

メッセージです。

『故郷はそれぞれの人にあります。
同じ故郷の人もいますし、違う故郷の人もいます。
数え切れないほどの故郷があります。
その故郷は、それぞれの人の最終目的です。

神聖ブレスは、その故郷へダイレクトに繋いでくれます。
もう回り道をしている時間はないのです。
だから、このようなブレスレットが生まれました。

一人一人が、皆が、それぞれの精神の故郷へ繋がることが必要です。
kimiさんにお伝えください。
神聖ブレスのような目的を持つブレスレットを、もっと創ってくださいと。
それぞれの人の、精神の故郷に繋がるブレスレットを。
そして公開してください。
一人一人が、それぞれの人にある精神の故郷を知ることもとても大切です。
それは、自分の最終目的である精神の目覚めに更なる広がりをもたらせ、大きなひとつの光、根源の願いまでを見る(知る)ことに繋がるからです』

このメッセージが来ているときのビジョンは、宇宙空間でひとつひとつのエネルギーサークルが白く美しく光りながら、まるでたくさんの光の花が夜空に咲くように輝いていました。
それらの光のエネルギーサークルが、宇宙でひとつのエネルギーとして輝いていました。
まるで、それぞれの惑星が連動しあい響きあい、ひとつにまとまり輝いているようでした。

・・・ここで、外出していた息子と夫が、それぞれに同時に帰って来ました。
こちらのエネルギーがプツンと切れちゃいました。
ものすごく現実的な波動が持ち帰られて、今、頭がぐらぐらしています。
後半はまた、静かなときに打ちます。

(明日に続きます)

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。