記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2274日目 - 光への流れ(2)


(昨日の続き)

--------------------------------------------------------------------------

〈2月13日のkimiメール〉

エジプトのお姫様ですか。
確かにあのブレスレットは、エジプト風ですよね。

実は、あのブレスレットがクラスターの上に置いてあるのを隣の女医さんが見て、「この人、大好き!」と言ったのですよ。
今日も、そのことを伝えてくれたかと聞かれました。
ハイ、今伝えています。

「このブレスレット」ではなく、「この人」大好きなのです。
彼女は、かなり霊感のある人なので、何かTさんと縁があるのかもしれませんね。
エジプト時代とか?

ラピスラズリは、霊性そのものです。
マザーオブパールは、無為自然とか、自然に生きるという感じです。
どちらも深みのある石です。

どうぞ本質的に生きてください。
自分の真実を生きてください。
それが、魂のブレスレットが届いた意味ですから。
それでは、また。

--------------------------------------------------------------------------

〈2月13日のメール〉

隣の女医さんのお言葉、涙が出そうなくらい感動しています。
うれしい~~~

お医者さまにもいろんな人がいらっしゃると思うのですが、この方はきっと、患者さんひとりひとりとちゃんと向き合っている方。
患者さんの幸せを一番に考えている方。
そしてたくさんの人の体と心の両方を癒していらっしゃる方。
なんて素晴らしい方なのだろう~って。

Kimiさんの日記に登場するたびにそう思っていました。
私もそんな生き方がしたい、っていつも思ってました。
そんな方が私の魂を好きだなんて。。。
この感動をどう表せばいいのでしょうか。
本当にうれしいです。

隣の女医さんと、そしてこのブレスレットに恥ずかしくない生き方をしていかなければ。。。
と、今猛烈に感じております。(笑)
隣の女医さんに、よろしく、よろしく、よろしくお伝えくださいませ。

ブレスレットの着け方で教えていただきたいことがあります。
左右どちらに着けるか、ということなのですが。。。

私は今二つの仕事をしています。
一つはオリジナルのビーズアクセサリーやストラップを作って自宅で講習会や販売をしているのですね。
天然石ではなくて、ガラスやアクリルビーズなどを使っています。

Kimiさんのブレスレット作りで、ストックがどんどんたまっていくことや、まとめて買わなければならない大変さや、使えないビーズが出てくることなど、すごくよくわかります。
私は講習会をすることが大好きで、みなさん「ここに来ると癒される」と言ってくださり、そしてその言葉に自分がまた癒されている感じです。

Kimiさんと同じで、私を経由してお金とビーズがぐるぐると回っている感じで、自分のところにお金はあまり残ってくれません。(笑)
そしてあまり残ってくれないそのお金を貯めて、Kimiさんの水晶を買わせていただいています。

もう一つは週に2~3日、小学校で障害を持った子どもたちの介助の仕事をしています。
介助をしているこちらの方が癒されることが多いです。

それぞれの仕事の時、どちらの手にブレスレットを着ければいいのでしょうか?
ビーズを作ったり新作を考えたりしている時は右。
それ以外は左かな、と思っているのですが。
時間のある時でかまいませんので教えていただけると嬉しいです。

お忙しいところ、長々とメールしてしまい申し訳ございませんでした。
隣の女医さんからのメッセージを伝えてくださり、ありがとうございました。
感動いたしました。

--------------------------------------------------------------------------


〈2月16日のメール〉

作っていただいた魂のブレスレットとだいぶん仲良くなってきました。
もう何の違和感もなく「私のブレスレット」って思えます。
きのう、はずしたまま仕事へ行ったら、もうブレスレットに会いたくて会いたくて。。。(笑)

ただ、体がまだずっと着けていることを許してくれないのですね。
長時間着けていると腕が重くだるくなってきたり、手首や肘が痛くなってきたりします。
今までよほど魂と外れたところで生きてきたのでしょうね。

私は今まで、自分の中心というか核になる部分(ブレスレットが届いてからそれが自分の魂だということがわかりました)の周りに薄い膜のようなものが張ってあって、その膜の外側で自分がずっと生きている感じがしていたのですね。
膜を取り除いてその内側に入っていきたいのに、どうすればいいのかわからない状態でした。

その膜がですね、なくなったのです。
Kimiさんの作ってくださったブレスレットが届いてから。

初めてブレスレットを見た時、「これは自分じゃない」って思ってしまったのも、今考えるとすごく納得がいきます。
膜の中にある自分の魂を、今まで見たことも感じたこともなかったから、初めて見る自分の魂にびっくり仰天してしまったのだと思います。(笑)

ブレスレット到着後しばらくは、こんなに落ち着いた高貴でスピリチュアルな魂が私でいいの?っていう思いで、側に近付けない感じだったのですね。
それを今度は、Kimiさんのお隣の女医さんが助けてくださいました。

「この人、大好き」っていうあの言葉が、私をポンっとブレスレットと同化させてくださったのです。
なぜそうなったのかはわかりません。

今、Kimiさんとお隣の女医さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
いつか屋久島でKimiさんとお隣の女医さんにお会いできるといいなぁ~
なんて思っています。

これからは、私の真実に向かって、今この瞬間の気持ちを大切にしながら冷静に霊性に生きていきたいと思います。
お隣の女医さんにも感謝の気持ちを伝えていただけると嬉しいです。

私の話がずいぶん長くなってしまいましたが、オーダーメイドブレスレットを2個お願いします。
一つは私の長男のもので、もう一つは私の姉のものです。

--------------------------------------------------------------------------

〈2月16日のkimiメール〉

だいぶブレスレットとなじんできた感じですね。
かなりエネルギー交流が起きているのでしょう。
膜がなくなって、よかったですね。
実にすばらしい!

--------------------------------------------------------------------------

(続く)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。