記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2287日目 - 地球の希望


東北地方では、まだ余震が続いている。
大震災は、一段落した訳ではない。
始まったばかり。
原発も危険な状態が続いている。

先日、知り合いから電話がかかってきた。
栃木から実家の埼玉に引っ越したとのこと。
栃木の家を売って、埼玉の内陸部に引っ越すつもりと話していた。
栃木では、放射能が心配らしい。

いろいろ話しているなかで、日本脱出の話題になった。
もし脱出するとすれば、ハワイ。
あそこなら安全かもしれないという結論になった。
しかし・・・

今、日本を脱出することは、敵前逃亡に等しい。
日本人が日本を捨てて、どこへ行くというのだろうか。
一人だけ安全なところへ行って、どういう意味があるのだろうか。
日本にいてこそ日本人ではないのか。

今、日本から脱出しているのは、日本滞在の外国人。
まだ彼らは帰って来ていない。
原発が安定するまでは帰って来ないつもりだろうか。
原発は、当分、安定する見込みはないのに・・・

この時期に日本を脱出することは、日本を見捨てるに等しい。
そこまでして自分だけ助かって、何の意味があるのだろうか。
いのちも大切ではある。
しかし、いのちだけ助かっても・・・

大事なものをなくしてしまったら、元も子もない。
今の時期に日本を去ることなど考えられない。
日本が未曾有の国難に遭遇している時に、日本を見捨てるなどあり得ない。
それでは、今生生まれてきた意味がない。

今ここでやるべきことをやる。
それが、今回生まれてきた意味。
今こそが、その時。
今が、人生のクライマックス。

今、日本人の行くべき道を指し示すことが、世界を救うことにつながる。
日本は、最初に困難に直面する。
それを乗り越えて、次は世界中を救いに出かける。
日本の和の心が、世界を救う。

今、日本人が目覚めなければ、人類の未来はない。
日本から光は射す。
日本は、日出ずる国。
日本が世界を救う。

そのためには、まず日本人が本来の自分自身に目覚める必要がある。
物質オンリーから、もっと大切なものに気づく必要がある。
霊性を備えた人になる必要がある。
それでこそ世界を救える。

地球が再生するためには、まだまだ時間がかかる。
今、日本から始まったばかり。
まだ日本の困難は、続く。
日本が困難を克服して、それから世界の困難が始まる。

世界の混乱は、日本以上の悲惨さを極める可能性がある。
その時に、困難から甦った日本人が世界に飛び出す。
世界に新しい秩序をもたらす。
自己中心的ではない新しい地球を創り出す。

そういうロングスパンで状況を見守ることだろうか。
新しい地球のためのプロセス。
地球再生プログラム。
そのために最も必要なことは、一人一人が思考のレベルから飛翔すること。

頭で考えることからシフトすること。
頭だけに頼らない。
もっと深いものをベースにして生きる。
トータルに生きる。

頭とは、思考。
思考とは、過去のデーターの組み合わせ。
それは、閃きに劣る。
直観には及ばない。

そういうものは、人格を超えたところからやって来る。
松果体や脳下垂体に直接届く。
大脳皮質ではない。
大脳皮質は、それらのものをこの世的に翻訳するところ。

体のバランスを取るためには、小脳も必要。
頭のいろんな部分には、それぞれ役割がある。
しかし、今は大脳皮質が中心的役割を担っている。
それが、思考=人格=自我となっている。

その部分に変革を起こす必要がある。
もっとトータルに頭脳を使う。
もっと頭脳の深い部分を活用する。
それが、人類の深化につながる。

それには、見守ること。
頭で考えながらも、見守り続けること。
頭で考えることをやめて、ただ見守ること。
静かに見守ること。

目先や顔面に意識を持ってこない。
もっと奥に意識を引く。
後頭部の方から、物事を眺める。
大局を見渡す感じだろうか。

そういう視点を持ちながら生きる。
それは、自己中心的な生き方からの離脱。
自己中心的に生きている時は、目先や顔面に意識がきている。
それでは、全体が見えない。

もっと意識を引いて全体を見渡す。
そうすれば、パニックになることもない。
慌てることも焦ることもない。
慌てたり焦ったりするのは、自我。

自己保存が働くと、とたんに全体が見えなくなる。
目先のことしか見えなくなる。
そして、慌てたり焦ったりする。
もっと大きな流れと共に生きることだろうか。

日本は、まだまだ困難な時期が続く。
しかし、その先には、希望がある。
だから、何も心配はいらない。
今最も大切なことは、内なる光と共にあること。

自分の光を輝かせること。
それが、今の時期に最も必要なこと。
そして、最も役に立つこと。
自分のためにも周りのためにも。

一人一人が光り輝くことが、地球人類を救う。
地球の新しい時代を開く。
困難は、光を磨くためにのみ存在する。
内なる光をより輝かせるためにのみ困難はある。


『日本から 光は出流(いず)る 日本こそ 地球の希望 地球の未来』

『困難は 内なる光 磨く時 時代と共に 光いや増す』


これが日記を書き始めて2287日目の心境。





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。