記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2292日目 - 無償


今日の屋久島は、一日中、晴れていた。
巨木の森へ行き、尾之間温泉に入った。
巨木の森の空気は、クリアーそのもの。
海抜1400メートルの空気は、格別。

尾之間温泉も、時間が早かったので空いていた。
透き通るような源泉が、ふんだんに湧き出ていた。
体の芯まで温まった。
お客さんも連日の温泉で、だいぶ体が温まってきた感じ。

帰りに草木染めのお店に寄る。
初めて行った店。
屋久島にも、すてきな店が増えつつある。
そういうところは、みんな外から来た人がやっている。

チャリティバーゲンの水晶たちは、すべて行き先が決まった。
三日間で52組は、これまでにないこと。
それに加えて、同時にアップしたブレスレット特集も20個ほど行き先が決まった。
合計70組以上が、一気に決まってしまった。

今週いっぱいは、ガイドの仕事がある。
発送が、山ほど溜まっている。
それだけでなく、リサイズやオーダーブレスも。
今年になって、めちゃくちゃ忙しくなっている。

それだけエネルギーがアップしているということだろうか。
必要があるから求められているのだろう。
それは、ありがたいこと。
自然の中に浸りつつ、仕事をするとしよう。

自然は、いい。
今日も山の水がおいしかった。
目が覚めるというか、体に浸透するというか・・・
ものすごく冷たくて、生き返る感じ。

空気も水も、すばらしい。
何もないのが、最高。
空気は透明すぎて、あるような感じがしない。
水は澄み切っていて、透明そのもの。

あるようで、ないような・・・
それが、最高。
それは、ただ一緒にいるのに似ている。
殊更(ことさら)に存在を押しつけることなく、ただ一緒にいる。

ただ黙って一緒にいる。
空気のように寄り添っている。
水のように共に流れている。
特に何かをする訳ではない。

ただ一緒にいるだけ。
ただ黙って包み込んでいるだけ。
ただ静かに光を送っているだけ。
それが、自然の姿。

太陽も空気も水も、殊更に存在を強調することはない。
しかし、それらがなくては、いのちは存在できない。
ただ静かにすべてを包み込んでいる。
まさに神業。

最高のものは、無償。
お金では、買えない。
お金で買えるものは、たかがしれている。
究極は、無償。

無償の行為のみが、光り輝く。
作為のない行為のみが、周りを光らせる。
純粋な行為のみが、光をもたらす。
空気や水や太陽のように・・・


『大切な ものは何でも ただである 無償のものに 優るものなし』


これが日記を書き始めて2292日目の心境。




関連記事

コメント

日本はすばらしい!

本来の日本の自然は本当に素晴らしい。

時折過激な様相を見せるけれど、
自然は起き上がりこぼしのようにいのちのリズムを取り戻す。

自然に逆らった人工物は破壊され瓦礫となるしかない。
原発のようにいのちを脅かす代物になってしまうものもある。

自然の流れに沿った人工物は自然の驚異に強い。
屋久島の古い民家は、
決して頑強な建物ではない。
むしろシンプルで素朴。
毎年吹き殴るような猛威を振るう台風が島を襲うけれど、
案外にその猛威をやり過ごす。
風の流れに逆らわない屋根の方向、低い建物・・・
先人の知恵はすばらしい。

人は自然を征服できると思う妄想から、
いい加減目覚めなくては未来はない。

核戦争が起きなくても、
天変地異で破壊される原発で人類は他の命も巻き添えに消滅するかも知れない。

わずかに持ちこたえた小さないのちが新しい進化の末、
恐竜の次に世界を牛耳った人類の顛末は人類自身の愚かしさだと知る日が来るかも知れない。

この素晴らしい自然とともに、
人類が、多くのいのちが、
これからも続いていってほしいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。