記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2304日目 - 愛のブレス


今日は、半月。
屋久島ナチュラルヒーリングのHPに、新しいブレスレットを12種類アップした。
今日のトップ写真は、そのなかの愛のブレス。
長い間あたためてきたものが、やっと現実化した。

ローズクオーツ、インカローズ、クンツァイト、モルガナイト。
すべて愛の石と言われているもの。
この4種類に透明な水晶を加えて作った。
どれも最高に近い材料を使った。

ローズクオーツが愛の石であることは、広く知られている。
そのやさしいピンク色は、万人に愛を思い出させる。
インカローズの深い赤は、強い愛を表す。
ラテン系の情熱的な愛を連想させる。

クンツァイトは、少女のような純粋な愛。
ピュアーでプラトニックな純愛の雰囲気。
モルガナイトは、やさしい母の愛。
どこまでもやさしく包み込んでくれる。

愛の石と一口に言っても、それぞれ個性がある。
それらすべての愛の石を集めてみた。
そうすると、どうなるだろうか。
一度作ってみたかった。

試作品を何個も作った。
そして、長い間クラスターの上に乗せていた。
今ひとつピンとこなくて、ずっと寝かせていた。
それが・・・

先日、あとりさんがやって来た。
その時、クラスターの上の愛のブレスが目に入った。
とても惹かれた様子。
絶賛していた。

それが、きっかけだった。
愛のブレスを公開することにした。
それから、また集中して作り直した。
そして、今回のものが完成した。

この愛のブレスは、間違いなく人に内在する愛を呼び覚ます。
本来誰にでもある愛を目覚めさせる。
自信を持って言い切れる。
なぜ?

それは、愛のブレスが完成してから、自分自身に変化が起きたから。
自分のなかにある愛が、以前よりも容易に感じられるようになった。
意識の構造が、まるで絵に描いたようにわかる。
こんなことは、これまでなかった。

愛は、ベースにある。
意識のベースに、愛がある。
その上に、個別の個性的な意識ができあがっている。
愛は、すべての土台。

愛によって、すべてはできあがっている。
それが、この愛のブレスの完成によって、明確に自覚された。
そういうことは、以前からわかっていた。
しかし、今回は、それがほとんど視覚化に近い状態ではっきりと理解された。

このブレスレットには、最高級の石たちが使われている。
これだけの石を集めるのには、かなり苦労した。
ローズクオーツなど、いくらでもある。
但し、白濁しているものなら。

透明でピンクの色が濃いローズクオーツを見つけるのは、至難の業。
滅多にない。
たまにあると、すぐに売り切れてしまう。
最も一般的なローズクオーツでさえ、最高品質のものを集めるのはたいへん。

インカローズに至っては、昨年から価格が急騰している。
中国の富裕層でブームとなり、世界的に品薄状態になっている。
もっとも、それは最高級品だけ。
一般的なインカローズは、いくらでも出回っている。

こちらで使いたいのは、最高級のもの。
最高の石で最高の愛のブレスを作りたかった。
ローズクオーツもインカローズも、最上のものが手に入った。
次は、クンツァイト。

クンツァイトも、クオリテイの高いものはレア。
一般的には、白い線が入っているものが多い。
透明なクンツァイトは、希。
しかし・・・

今回は、その希な透明で色の濃いクンツァイトも手に入れた。
ライラックピンクが美しい。
にもかかわらず、透き通っている。
しかし、数は限られる。

モルガナイトだけは、最高品質のものが見つからなかった。
10ミリ玉と6ミリ玉は、質の高いものがあった。
しかし、8ミリ玉だけは、どこの卸にも最上クラスのものはなかった。
いろいろなところから取り寄せてみたが、納得できるものは見つからなかった。

そういう訳で、今回アップした8ミリ玉は、完璧バージョンではない。
しかし、モルガナイトの質の高いものが見つかりそうにないので、見切り発車となった。
それでも、十分美しい。
今ある最高のもので作った。

もし完璧バージョンをお望みなら、次の新月まで待てば10ミリバージョンをアップするつもりでいる。
10ミリバージョンは、すべての石が最高レベルのものでできている。
6ミリバージョンは、ローズクオーツとクンツァイトの質が一段落ちる。
その代わり、透明な水晶は入らず、愛の石のみで構成されている。

しかも、価格がかなり安い。
8ミリや10ミリに比べれば、圧倒的に手に入れやすい。
価格は、6ミリバージョンで、11100円。
10ミリになると、44400円。

今回アップした8ミリは、22200円。
倍、倍になっている。
それでも、けっして高いとは思わない。
なぜなら、このレベルの石を集めること自体が至難の業だから。

本当は、すべての女性に持ってもらいたい。
もちろん、そんなにたくさんは作れない。
作る材料が確保できない。
今回作ったら、また質の高いものをいつ確保できるかわからない。

今回は、8ミリバージョンで4個のみ作成する。
たぶん、すぐに「予約済」になるだろう。
買えなかった方は、5月3日の新月の10ミリと6ミリに望みを託してほしい。
もっとも、それすら数は限られる。

実は、8ミリバージョンは、もう2個作成した。
1個は、三ヶ月前に愛のブレスを作ってほしいと依頼された方のために。
もう1個は、あとりさん用。
全部で6個作るのが、精一杯。

6月に東京でミネラルショーがある。
その際に、卸の店を回って質の高い愛の石を探すつもりでいる。
ローズクオーツ、インカローズ、クンツァイト、モルガナイト・・・
また材料が揃ったら、「オーダーブレス」のコーナーにアップするつもり。

愛のブレスは、見るだけでも美しい。
手に着ければ、どうなるだろうか。
それは、実際に着けてのお楽しみ。
実は・・・

この時期に愛のブレスを発表するのには、もう一つ理由がある。
それは・・・
今は、インカローズが必要とされているから。
インカローズとは・・・

強い愛。
何ものにも負けない愛。
不屈の愛。
持続する愛。

それが、なぜ必要とされているのか。
それは、言うまでもない。
東日本大震災が起きたから。
これを乗り越えるには、不屈の愛が必要。

困難に負けない愛。
粘り強い愛。
愛し続ける愛。
強い強い愛。

そういうエネルギーを持っているのは、インカローズ。
この深紅の石。
深い深い赤。
何ものにも負けない強い愛。

今回の愛のブレスでも、ひときわ目を引くのはインカローズ。
強烈な赤。
最高クラスのインカローズには、透明感がある。
不純物の少ない愛そのもののインカローズ。

このインカローズが、今は最も必要とされている。
震災に負けないために。
困難を乗り越えるために。
新しい時代を切り開くために。

今は、強い愛が必要。
それをリードするのが、インカローズ。
そして、それをサポートするのが、他の愛の石たち。
みんなが一丸となって、この難局を乗り越えられるようにサポートしてくれる。

今の時代に必要な愛のブレス。
やっとアップすることができた。
というか、今、アップするべき時がきた。
今、愛のブレス!


『愛の石 集めて作る 愛ブレス 愛の結集 愛の結晶』

『困難の 時代に強い 愛を持ち 乗り越えていく 愛の力で』


これが日記を書き始めて2304日目の心境。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。