記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2321日目 - 影

(昨日の続き)

ここ二日のビジョンで、まず印象的だったのは・・・
「赤ちゃんを手放す」ということです。
神様に届ける、神殿に届ける・・・
それは、どういうことでしょうか。

自分の最も大切なものを手放すということでしょうか。
自分がこの世で宝物としているものを手放す・・・
それは、自分を放棄するようなものです。
最も大切なものこそが、自分自身そのものです。

人は、後ろ向きに生きています。
太陽に背を向けて生きているのです。
太陽に背を向けると、自分の影が見えます。
その影こそが、自分自身です。

それは、過去であり、自分が所有するものです。
自分が大切に思っているものが、その影のすべてです。
そして、それこそが自分自身に他なりません。
しかし・・・

振り返ると、影は消えます。
自分はなくなってしまうのです。
その代わり、すべてがあります。
目の前に、光り輝くすべての景色が現れるのです。

後ろを向いていると、意識は影に集中します。
後ろ向きなので、恐る恐る進むしかありません。
心を全開にはできないのです。
後ろを向きながら、お互いに慰め合うしかありません。

人生は、つらいことが多いね。
生きるのは、たいへんだね。
お互いにがんばろうね。
それが、先が見えない不安と共に生きる姿です。

影を手放して前を向けば、何の不安も心配もありません。
そこには、明るい世界が広がっています。
光でいっぱいの世界です。
喜びだけの世界です。

影こそは、赤ちゃんです。
自分が一番大切にしているものです。
それは、自分自身そのものです。
しかし・・・

それは、絶えず変化しています。
一定普遍のものではありません。
太陽が雲に隠れれば、影も薄くなります。
これまでしっかりつかんでいたものが、あやふやになってしまうのです。

ひとたび天変地異が起きれば、これまで持っていたすべてが奪われてしまいます。
営々と築き上げてきたものが、一夜にして消失するのです。
影は、所詮、影でしかありません。
それは、蜃気楼のようなものなのです。

その蜃気楼のような影を大切に抱いて生きているのが、今の人類です。
自分が最も大切にしているものは、幻に過ぎません。
やがて消え去るものです。
ただの思い込みです。

すべては、ただの思い込みです。
その思い込みに浸っているだけです。
執着しているとも言えます。
つかんで離さないのです。

それが、人生の実態です。
自分とは、所有です。
所有とは、執着です。
しかし、その執着しているものは、すべて幻なのです。

ただ可能なことは、楽しむことだけです。
何事にも執着しないで、ただ楽しむ。
その都度終わらせる。
刻々に完了させる。

自分が一番大切だと思っているものが、自分を一番縛っているものです。
それは、思い込みであり、執着です。
自分がしっかりつかんでいるだけのものです。
実体のない影です。

そういうものをすべて手放せば・・・
すべてが手に入ります。
人がつかんでいるのは、宇宙のほんの一部です。
自分の影だけです。

その自分の影を手放せば、宇宙のすべてが手に入るのです。
人は、宇宙のほんの一部に執着するために、宇宙そのものをなくしているのです。
部分に囚われなければ、宇宙のすべてが手に入るのです。
手に入るというより、すべてがあるだけですが・・・

無所有は、全所有に通じるのです。
全所有であれば、無所有と変わりません。
何もないけれども、すべてがある世界です。
人生とは、その一部を使って楽しんでいるだけです。

全宇宙のなかの一部にフォーカスして、人間として生きているのです。
ただそれだけのことです。
問題は、それに気づかずに、そこにはまってしまっているということです。
人間になりきっているのです。

しかも、物質人間に。
肉体人間になりきっているのです。
意識が、極めて限定されているのです。
小さな小さな自分として生きているのです。

孤独。
断絶。
宇宙の孤児。
だから、犯罪に走ったり、自己中心的な生き方になりやすいのです。

そのすべてに気づく時がきたということです。
この宇宙の成り立ちに気づくのです。
自分の本質に気づくのです。
そして、今を生きるのです。

人は、小さな小さな自分で生きています。
自分という意識は、極めて限定されたものです。
生まれた時代、環境、両親、教育・・・
それらの産物に過ぎません。

そういう限定された意識から自由になることです。
小さな小さな自分を見守ることです。
大きな大きな全宇宙と共に、小さな自分を生きることです。
肉体と共に宇宙の今を生きるのです。


『大切な ものは自分の 思い込み すべて幻 影に過ぎない』

『前向けば 影は見えない 人生は 常に前向き 生きるしかない』

『大切な ものは今ここ 今ここの 意識がすべて それが真実』


これが日記を書き始めて2321日目の心境。
関連記事

コメント

無題

本来は言葉にしようがない
変性意識での体験なのでしょう。

それを言葉で示していただき
ありがたく思います。

無所有とは全所有…
小さな意識しか知らぬ者が
そこに至れるのやら。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。