記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2331日目 - シラサギ


今日は、朝から晴れている。
山々の緑が、連日の雨に洗われて美しい。
落(おとす)の滝が、朝日を浴びて輝いている。
久しぶりに清々しい朝となっている。

気がつくと、すぐ目の前にシラサギが立っていた。
距離にして15~20メートルぐらいだろうか。
真っ白で美しい。
その凛とした姿は、神の使いのように見える。

こんなに近くまでシラサギが来たのは、初めて。
しばらく眺めてから、写真を撮る。
しかし、写真は好きではないらしい。
草むらに身を隠してしまった。

天気が良いので、水晶の浄化に行く。
海は、満潮に近かった。
川は、増水していた。
ビーズなので、すぐに浄化は終わる。

川岸から上がるところに、大きな沢ガニがいた。
10センチぐらいはありそう。
紫色の爪をしていた。
初めて見る沢ガニ。

隣の海岸へ移動。
裸足になって砂浜を歩く。
今日は、犬の散歩をしている人がいた。
犬と一緒に駆け回っていた。

犬と人がまだ歩いていない波打ち際を歩く。
パウダーの砂が、足の裏に心地よい。
風もなく、波も穏やか。
モヤっていて、種子島は見えない。

海岸の端まで歩いて引き返す。
途中にウミガメの足跡。
少し数が増えただろうか。
今年は、子ガメを見たいもの。

ここ二日間のメッセージで、天界が地球を見守っていることが告げられていた。
慈愛のエネルギーが、降り注いでいる。
にもかかわらず、更なる天変地異が襲ってくるのだろうか。
慈愛のエネルギーは・・・

これまでも、ずっと降り注いでいた。
にもかかわらず、東日本大震災は起きた。
これからも起きない保証はない。
なぜなら・・・

地球は、重たい。
苦しいくらいに重たいとメッセージにあった。
まだまだ地球には重たいものが積み重なっている。
それらのものを祓い落とす必要がある。

それには、天変地異が必要。
地球も人類も、揺さぶられないことには重たいものは落ちない。
原発にしても、安全基準を高めて継続というのが大方の世論。
もう一発事故が起きないと、目覚めそうにない。

もう一度原発事故が起きれば、原発の存在そのものが危険なことが深く認識されるだろう。
原発を廃止しない限り安全には暮らせないことが、やっと理解される。
そこまでやる必要があるということだろうか。
そこまでしないと、欲ボケした人々は目覚めない・・・

一度の事故で目覚めれば、次の事故の必要はない。
しかし、一度でわからなければ、次が必要となる。
ただそれだけのこと。
ひとえに人類の目覚めにかかっている。

原発というのは、安全よりも経済を優先することの象徴。
大切な自然を破壊して目先の利益に走ることの端的な表れ。
問われているのは、原発そのものではない。
そういう経済第一主義の生き方。

つまり、物質最優先の生き方。
肉体優先の生き方。
欲望や快楽優先の生き方。
利益追求一点張りの生き方。

問われているのは、生きる姿勢。
ただ原発をやめればいいということではない。
それは、結果に過ぎない。
もっと根本的に生き方を変える必要がある。

物質や肉体優先ではなく、もっと深い生き方をすること。
人間がつくった宗教や道徳ではなく、もっと自然に即した生き方をすること。
自然の循環と共に暮らすこと。
お互いに分かち合いながら助け合って生きること。

動物本能を超えて生きる。
自己保存の本能を超えて生きる。
自我・我欲を超える。
もっと深い意識で生きる。

動植物とつながって生きる。
宇宙とつながって生きる。
天界とつながって生きる。
多次元とつながって生きる。

人は、多くの次元に同時に存在している。
それぞれの次元で、光を通している。
すべての次元に光が浸透するように。
すべての次元に神の意志が行き渡るように。

それぞれの次元は、つながっている。
光の交流があり、相互に影響し合っている。
だからこそ天界からも地球にエネルギーが注がれている。
地球の状態は、他の次元にも影響する。

地球人類が目覚めることの影響は、太陽系や銀河系に限らない。
多次元的に影響が及ぶ。
だからこそ、宇宙からも別次元からもサポートが来ている。
宇宙は、トータルに影響し合っている。

地球人類は、今も物質に囚われ、目先の利益に囚われている。
まだまだ未熟。
そういう人類を目覚めさせるには、多少の荒療治が必要。
歪(ひず)みを調整するために地震が起きるのと同じ原理。

しかし、東日本大震災のおかげで、目覚めつつある人も増えている。
意識の調整は、確実に進んでいる。
更なる調整のために更なる荒療治が起きる。
その可能性が高い。

すべては、慈愛のエネルギーのなかで起きていること。
地球上の全歴史も、すべて慈愛のエネルギーのなかで起きてきた。
宇宙の創造進化も、すべて同じ。
すべては慈愛のエネルギーのなかで営まれている。

だから、目先の現象に囚われないことだろうか。
大局を見据えることだろうか。
大きな宇宙の流れを自覚することだろうか。
宇宙の存在原理を理解することだろうか。

宇宙は、大いなる意図の下に展開している。
途中での試行錯誤はある。
しかし、最終的には、意図は貫徹される。
意図されたものが実現する。

宇宙は、多層多次元。
そのためにタイムラグや歪みが生じたりもする。
それらを調整しながら宇宙は進化していく。
大いなる宇宙の意図は、揺らぐことはない。

地球の進化も、宇宙進化の一環。
天変地異は、地球進化のプロセス。
宇宙の方向性は、変わらない。
めくるめくような宇宙創造が続いている。


『起きている 天変地異は 調和した 地球を創る ためのプロセス』

『多次元と 協力しつつ 新しい 地球を創る 光の地球』


これが日記を書き始めて2331日目の心境。
関連記事

コメント

そう思います。

>すべては、慈愛のエネルギーのなかで起きていること。

地球のいのちは守られていますね。
古生代にも多くのいのちが犠牲になる環境の変化はありました。
でも、次に繋ぐいのちは残されました。

恐竜も絶滅したかに思っていましたが、
どうやら鳥類となっていのちは繋がれているようです。

地球が大変動を起こしても、
海底火山近くに今繁栄しているいのちに最悪の環境にも生きるいのちが存在するように、
いのちはいかなる状況にも連綿と続いていきそうです。

私たち人類にもまだチャンスは残されています。
自然は慈愛に満ちています。
欲を掴む事で手一杯になって、
その慈愛を掴めず取りこぼしてしまうのは、
当の人類次第なわけですね。

この溢れる慈愛をやり過ごしてしまうなんて、
もったいない事ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。