記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2372日目 - ツインクリスタルは人間関係の鏡

 

今日は、7月1日。
今年後半の始まり。
そして、新月。
また新しい周期のスタート。

屋久島は、朝から激しい雷雨。
近くに雷が落ちる度に地響きがしている。
既に2回停電した。
雷は、今も鳴り続けている。

これからの半年を象徴するかのようなスタート。
まだまだ波瀾万丈。
年末には、どのようになっているだろうか。
激動の2011。

今日は、屋久島ナチュラルヒーリングのHPに新しい水晶をアップした。
今回アップしたのは、ツインクリスタル。
大小18個。
この中には、クラスターも1個含まれている。

ツインクリスタルというのは、なかなか含蓄の深い水晶。
人間関係のあり方を教えてくれる。
人は、ややもすると共依存になったり、争いを繰り返したりしている。
共に支え合って仲良く生きるのは、なかなか難しい。

子供たちもケンカしている。
大人になっても、さして変わらない。
表面化しにくくなって、より陰湿度が増しているかもしれない。
飲み屋では、愚痴がグチグチ渦巻いている。

水晶は、そういうことはない。
共に支え合って美しく結晶している。
同じ大きさのものもあれば、異なる大きさのものもある。
二本が一体化して、共に存在している。

ツインクリスタルと一口に言っても、いろいろある。
基本は、二本の水晶が一体化しているものの総称。
根元が融合していないものは、ただのツインクリスタル。
根元が融合し上が二本に別れているものは、タントリックツインと呼ばれる。

タントリックツインの中でも、二本が同じ大きさで平行している場合は、特別にソウルメイトツインと呼ばれる。
一般には、ソウルメイトとの出会いを可能にするクリスタルということになっている。
しかし、実際はちょっと異なる。
それは、本末転倒。

自分の状態に問題がある間は、けっしてソウルメイトには出会えない。
自分の状態を整えるのをサポートするのが、ソウルメイトツイン。
それは、タントリックツインも同じ。
この水晶さえあれば人間関係がうまくいくということではない。

ツインクリスタルを日々深く感じることにより、自分の精神状態に変化が起きる。
それが、人間関係を円滑にする基盤となる。
精神の根幹が変わる。
お互いに自立しながら、共に生きる意識が芽生える。

まず自分が変わること。
それが何よりも重要。
その結果として、人間関係がスムーズにいくようになる。
間違っても水晶が人間関係を調整してくれる訳ではない。

ツインクリスタルは、美しい。
仲良く二本が並んでいる。
一体化しつつも、独自性を保持している。
個性を持ちつつ協力している。

それは、まるで人間関係の見本のよう。
人間関係の鏡。
そういうクリスタルを毎日眺めていると、自分の生き方が問われる。
その結果、自然に意識に変化が起きる。

身近な人といがみ合っている人は、少なくない。
日々人間関係にトラブルが生じている人も、珍しくない。
それぞれ独自の個性を持つ人たちと一緒にやっていくのは、なかなか骨が折れる。
でも、だからといって争っていてもしかたがない。

お互いの個性を尊重し、共に助け合って生きていくしかない。
先ずは、自分がそういうスタンスに立つこと。
自分の意識が確立すれば、自然に相手にも影響が及ぶ。
相手が悪いと思っている間は、人間関係はこじれるばかり。

ツインクリスタルは、いろんな組み合わせがある。
同じ大きさの二本もある。
それは、夫婦や恋人同士や友人関係の象徴だろうか。
大小が異なる二本は、親子や師弟や職場の関係だろうか。

タントリックツインは、魂と自分自身との関係を象徴するとも言われる。
魂と一体となってこの世を生きるのが、理想的。
それでこそ、今生の目的を達成できるというもの。
そういうサポートをするのが、タントリックツインの本来性。

珍しいところでは、DT(ダブルターミネイテッド)のタントリックツインもある。
長さや太さが似ているので、ソウルメイトツインとも言える。
こちらは、天と地をつなぐ水晶。
霊的次元と物質次元をつないでくれる。

エネルギーが上下に同時に流れる。
それがツインとなれば、魂と一体となって天地をつなぐ感じだろうか。
まず自分自身の意識が、そういう感じになっていく。
その結果、それが自然に現象化していく。

まず意識。
それが、自然に現実化する。
水晶と共にあることによって、まず意識が変化する。
その結果、現実が変わる。

意識の変化が、最重要。
現象は、結果に過ぎない。
人は、結果を求めすぎる。
原因まで考慮することはない。

この世的な結果のみを追求すれば、御利益信仰と変わらない。
ギブ&テイク。
即物的であり、自己中心的。
自分に都合の良い結果を求めているだけ。

生き方を求めることだろうか。
あり方を追求することだろうか。
人としての生き方。
人としてのあり方。

そういうスタンスで水晶とつきあえば、生き方が変わる。
人生に変化が起きる。
御利益だけを求めれば、これまでと変わらない。
最も大切なことは、真実に生きること。

本来の自分を生きること。
魂とつながり、宇宙とつながって生きること。
そのなかでの人間関係のあり方。
それを水晶たちは、象徴的に教えてくれる。

お互いに依存し合ったり、お互いを主張し合ったり・・・
そういう関係のなんと多いことだろう。
それは、ほとんどの人に見られる現象。
もちろん、それにはそれなりの理由がある。

赤ちゃんから成長する過程で、親への依存が生まれる。
それは、誰もが通る道。
その後の自立が、なかなか難しい。
自己主張するだけでは、自立とは言えない。

自己主張することも必要。
しかし、自己主張だけでは、人間関係はうまくいかない。
相手の立場を理解することが必須。
それには・・・

成長過程で自分のことを理解してくれる人が身近にいる必要がある。
そういう過程がないと、思いやりは育たない。
しかし、今更成長過程のことを言い出しても始まらない。
今の現実からスタートするしかない。

今の自分の人間関係は、どうだろうか。
何も問題はないだろうか。
すべてスムーズにいっているだろうか。
幸せな人間関係となっているだろうか。

人間関係に問題がなければ、ツインクリスタルの必要はない。
もし自分の人間関係を見直したかったら、水晶は手助けとなる。
本来のあり方を示してくれる。
お互いの個性を尊重して共に生きる姿を示してくれる。

水晶の姿は、そういう生き方を形として現している。
それは、美しい。
感動するほど、すばらしい。
人間関係が、形となって現れている。

ツインクリスタルは、そんなに多く採れるものではない。
特にソウルメイトツインは、希。
美しいものは、極めて少ない。
長い時間をかけて集めたツインクリスタルたち。

空前絶後。
二度とないツインクリスタル特集。
人間関係を根本的に見直したい方には、お薦め。
たぶん多くの方が該当すると思うのだが・・・


『関係の あり方示す ツイン水晶(たち) 形となって 見本を示す』


これが日記を書き始めて2372日目の心境。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。