記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2393日目 - 星空

 

屋久島は、ここのところ連日、晴の日が続いている。
夜は、満天の星空。
天の河が、中天を流れる。
それはそれは、美しい。

昨夜は、とうとう庭にマットを敷いて、横になって星空観察。
2~3時間ほど、星を眺めていた。
その間、流れ星を6~7個見ることができた。
一瞬見えるものもあれば、尾を引いて流れるものもあった。

国際線の旅客機も、4~5機は見れた。
フラッシュランプだけでなく、赤色灯まではっきり確認できた。
飛行機が遠ざかった後から、飛行機の音が聞こえてくる。
光速と音速の違いが、明確に理解できる。

UFOは、出てこなかった。
ただ不思議な流れ星があった。
光って流れて、最後に爆発的に煌めいて消えた。
まるで花火のようだった。
但し、カラフルではなく、フラッシュのような白っぽい光だった。

周りは、虫の大合唱。
遠くでは、海鳴りの音。
近くでは、猫の声。
蚊もいなくて、安心して横になっていられた。

天気が良い時は、外で横になってみるのもいい。
星が、身近に感じられる。
じっと星を見ていると・・・
星と一体になれそうな感じがする。

遠い遠い星だけれども、その遠さが消える。
その星だけになる。
その星からエネルギーが届いているような感じがする。
星は、遠くて近い。

部屋でテレビを見ているより、外で星を眺めている方が何倍も健康的。
宇宙に囲まれているという感じ。
夏の屋久島は、いい。
ほとんど雨が降らない。

雨が降らないのは、この時期だけ。
夜はそんなに暑くもなく、最高の星空が満喫できる。
屋久島暮らしの真骨頂。
一年中、こんな気候だといいのだが・・・


『横になり 星を眺める 星たちは 宇宙に咲いた 光の花々』


これが日記を書き始めて2393日目の心境。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。