記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2396日目 - 隗より


今朝は、4時頃からものすごい雷になった。
8時頃まで、4時間近く轟音が鳴り響いていた。
落ちた雷は、数百発。
ほとんど空襲。

屋久島は、雷が多い。
しかし、これほどまでの雷は珍しい。
ここのところ晴が続いていたので、大地にプラス電気が溜まっていたのだろう。
それが、空気中のマイナス電気を呼び寄せたに違いない。

この大雨で、飛行機の第一便は欠航。
山へ行く道も通行止め。
自宅では、2回も停電。
極めつけは、ADSLのモデムが壊れてしまった。

雷が多い屋久島では、よくモデムが壊れる。
これで3回目だろうか。
レンタルなので、壊れれば無料で新しいものと取り替えてくれる。
これで採算が合うのだろうか・・・

まだ雨は降り続いている。
落(おとす)の滝が、ものすごく大きく膨らんでいる。
今年は、このパターンが多い。
ネコたちは?

先ほど食事に来た。
ところが、まったく濡れていなかった。
たぶん床下にいたのだろう。
床下は広くて安全。

ここのところ、牛肉から基準値を超えるセシウムが検出されている。
狂牛病、口蹄疫、ユッケ・・・
そして、今回の放射能汚染。
これでもか、これでもかと言わんばかりに次々と問題が起きる。

にもかかわらず、まだどうにかして牛肉を食べようとしている。
もういい加減諦めたらどうだろうか。
これは、もう牛肉を食べるのはやめなさいという信号ではないだろうか。
既にたくさんの信号が出ている。

鳥インフルエンザを始め、家畜には病気が蔓延し始めている。
食べるために狭いケージに入れ、抗生物質を大量に投与し、見かけだけよくした動物たち。
そういう動物虐待が、自然破壊であるのは明らか。
動物も自然な状態で生かしてあげないと・・・

ほとんど物と変わらない大量飼育は、動物を狂わせる。
そういうものを食べる人間も、結局おかしくなる。
自然のなかで動物と一緒に暮らすのがいい。
動物たちも健康でないと・・・

これだけ医療技術が発達しても、病人は増える一方。
まったく減る気配はない。
それは、何かが狂っているから。
何かが不自然だから。

その根本にあるのは、生き方の問題。
目先のこと。
自分のこと。
物質的なこと。

長期的な人類全体に対する展望がない。
自分の家族、自分の会社、自分の国・・・
生きることを根本的に見据えていない生き方ばかり。
トータルに生きることに盲目な人類。

まだまだ未熟としか言いようがない人類。
いくら科学技術が発達しても、生き方は太古の時代と変わらない。
自己保存、自我我欲。
その域をほとんど出ていない。

時代のトレンドは、共に生きるということ。
それは、民族や人種を超え、全人類と共に生きるということ。
人類に限らず、動植鉱物とも共に生きるということ。
つまり、地球と共に生きるということ。

地球に存在するものが、すべて健全に生きていけるように。
そういう配慮が、人類の一人一人に必要。
それには、教育だろうか。
世界教育が必要。

少なくとも日本から、そのような教育を始める必要があるだろう。
それには、まず一人一人を大切にすること。
いくら教科書できれい事を言っても、目の前の子供たちを大切にしなければ絵に描いた餅。
しかし、忙しすぎる先生には、そこまで手が回らないかもしれない。

一気にすべてを変えることはできない。
隗(かい)より始めよ。
自分自身が、まず自分自身を大切にすることから始めるしかない。
丁寧に自分をケアーすることだろうか。

それには、注意深く自分自身を観察する必要がある。
自分の状態を理解しなければ、何も始まらない。
自分が怒り狂っていて、一人一人を大切にしましょうということはあり得ない。
自分自身が安定していなければ、人を大切にすることはできない。

自分が安定すれば、人も大切にできる。
人を大切にできれば、そこから社会が変わる。
大切の輪が広がる。
自分だけでなく、周りの人たちも大切にする。

家族、職場、地域、日本、アジア、世界人類・・・
そして、動物や植物や鉱物まで。
地球全体を大切にする。
地球に存在するすべてと共に生きる。

雷は、雷なりの存在理由がある。
エネルギーを中和し、クリアーにしてくれる。
デメリットもあるが、メリットもある。
自然を理解し、自然を活用して生きるしかない。

人は、肉を食べなくても生きていける。
それは、自分自身で40年近く実証している。
肉にして食べるよりも、動物に与える穀物のまま食べれば、何倍もの人を養うことができる。
飢餓を救う一番の近道・・・

そんなわかりきったことができないのが、今の人類。
飢え死にしている同胞を見殺しにしているのが、ありのままの地球人の姿。
なんとも情けない限り。
未だ戦争も後を絶たない。

そう考えると、暗澹たる気持ちにもなる。
しかし、それは昨日までの人類。
これからも変化しないとは言えない。
一気には変わらないが、徐々に変わっていく。

隗より始めよ。
先ずは、自分から。
先ずは、日本から。
そして、世界へ。


『雷に 打たれて大地 浄められ 自然のいのち また甦る』


これが日記を書き始めて2396日目の心境。

関連記事

コメント

Re:2396日目 - 隗より(07/26)

お久しぶりです。
隗の字には鬼がいますね。
さぞかし変わった方だったのでしょう。
わたしも俳号に鬼を持ちます。
鬼を抜けろと授かりました。
雷様が鳴ったらくわばらくわばらですね。
冗談はさておき、文面に心に染むものを感じました。
ありがとうございます。

雷総攻撃・・・

ちょっとうらやましいなあ。
雷総攻撃、安全地帯で体感したいなあ。
車の中は安全らしい・・・タイヤをはいてるから?
じゃあ、ゴム長をはいていると安全かなあ・・・。

ところでお肉、
噛みつくほどは食べないけど、
カレーには使うよなあ・・・。

私の勤め先に2匹のシュナイザー犬がいる。
そのうちの一匹がこのところ毎夜夜遊びをする。
日が暮れると外に出せといいに来る・・・
しゃべるわけじゃないけど、
戸口にしばらく立っていて、
私が気が付かない振りをしていると、
キッチンに来て大きな目でじっと見つめる。
何度もやる。
根負けして庭に出すと、
日頃よたついてるおばあちゃんワンちゃんなのに、
スキップするように足取り浮き立つ感じで出て行く。
ほおって置くと一時間でも帰ってこない・・・
なんと、
セミを食べてるのです。
何年もかかってやっと土から出てくるところを食べるらしい。
でもどうなんだろう・・・
不自然な育て方をしたお肉や得体の知れないドッグフードより、
狩をしてセミを食べる方が健全なのかなあ・・・?

小さなことから

最初の一歩が最後の一歩…

まずは身近な小さなところから

歩き出そう

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。