記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2430日目 - 何もない


今日も屋久島は、不安定な天気が続いている。
山の方は、上の方だけ雲に覆われている。
時々、雨が降り出す。
台風の余波で、波の音がすごい。

今朝も郵便局へ行った。
ウイークデーは、毎日のように郵便局へ行っている。
今日は、6人の方へ11個のブレスレットを発送した。
ブレスレットバーゲンのものが多いが、それだけでもない。

最近は、よくオーダーブレスの注文がくる。
やっと一つできたかと思うと、次のオーダー。
ありがたいことではある。
ガイドよりも、今はブレスレットを作りなさいということだろうか。

ガイドは、ほとんど開店休業状態。
たまに忘れた頃に仕事がある。
しかし、ブレスレットの方は忙しい。
ほとんどブレスレット屋さん。

光のブレスレットをすることによって、高次の自分とつながる必要があるのだろう。
水晶原石は見るだけだが、ブレスレットは手に着ける。
その差は、大きい。
常に体に着けるということは、どんな場所でも霊性とつながっていられるということ。

そういうことの必要性が、高まっているのだろう。
ガイドをやっている場合ではないのだろうか。
今は、オーダーブレスをたくさん作った方がよさそう。
でも、たまには自然のなかにも入らないと・・・

昨夜、体の具合が悪い人から電話があった。
その際に、次のように言われた。
「息苦しくて、思うように空気が吸えない。」
それなら・・・

息を吸おうとしないことだろうか。
息は、吸うものではない。
息は、吐くもの。
吸うことは、気にしないこと。

吐ききれば、自然に入ってくる。
何もしなくても入ってくる。
吸おう吸おうとするから、苦しくなる。
ただ吐ききればいいだけ。

愛がほしいほしいと思うから、愛はやってこない。
愛を自分から振りまけば、いやでも愛はやってくる。
何であれ、所有しよう、自分のものにしようとするから、みんな逃げていく。
全部手放せば、必要なものは向こうからやってくる。

赤ちゃんが最初にすることは、息を吐くこと。
けっして吸うことではない。
その産声を聞いて、周りの人たちは喜ぶ。
赤ちゃんは、生まれた瞬間から与えるゲームをしている。

赤ちゃんは、あの世のプランをこの世で実現しようと思って生まれてくる。
そのために、出すことから始める。
この世の富を吸い取るために生まれてきたのではない。
この世のものを多く所有するために生まれてきたのではない。

あの世で学んだことを、この世で実現するために生まれてくる。
だから、息を吐くことからスタートする。
逆に人が死ぬ時は、息を引き取ると言う。
つまり、息を吸って亡くなる。

人は、根本的に間違えている。
たくさん所有することが良いことだと思っている。
多くのものを自分のものにすることが、この世での成功だと思い込んでいる。
しかし・・・

真実は、真逆。
いかに多くのものをこの世に提供するかが、真に問われているもの。
いかに人の役に立つかが、真にやるべきこと。
いかに地球や人類に貢献するかが、この世に生まれてきた目的。

それを取り違えて、人は保身に走る。
自分勝手に自己本位に生きる。
何でも吸い取ろう、吸い取ろうとする。
生まれてきた目的を忘却する。

それには無理からぬ理由もある。
生まれた時から父母に面倒を見てもらわなければ、何もできない。
それが習い癖となり、いつしか与えられるのが当たり前と思うようになる。
所有癖がついてしまう。

与えることに気づくのは、自分の子供ができてから。
特に母親は、無条件に与えることを強いられる。
それによって与える喜びに目覚める。
それが何よりの喜びであることに気づく。

無償の愛に優るものはない。
いくら多くを所有しても、愛以上の喜びは存在しない。
この世は、与えるところ。
人々の役に立つところ。

出すこと。
手放すこと。
すべて手放すこと。
それが、真の生きる喜びをもたらす。

人は健康な時、自分の体のことは気にならない。
目を使いすぎて、初めて目の痛みや違和感に気づく。
普段は何も気にしないで食べものを口にしている。
しかし、胃の調子が悪くなると、初めて胃のことが気になる。

いつもは何気なく呼吸している。
しかし、肺が病むと、それができなくなる。
そうなると、スムーズに呼吸できることだけでありがたく感じる。
何も気にならないことこそが、健康な証拠。

心に心配事があると、気分は重い。
何も心に引っかかりがないと、さわやかそのもの。
心も体も同じ。
何もないのが、ベストの状態。

健康であれば、何もない。
何も違和感がないことが、健康。
何か引っかかりがあることが、不健康。
囚われやこだわりや執着があるのは?

何か心に引っかかるということは、不健康ということ。
健康であれば、心身ともに無抵抗。
すべてがスムーズに流れていれば、抵抗はない。
血管に何かが詰まるから、血液の循環が滞ってしまう。

心に何かが詰まると、心が息苦しくなる。
心配事や囚われがあると、心はスムーズに循環しない。
食べ過ぎれば、病気になる。
所有しすぎれば、心も体も病気になる。

何もないのが、一番の健康。
自分からどんどん手放すのが、健康の秘訣。
自分のエネルギーを解放することが、自己表現であり現実創造。
所有することが、自己表現や現実創造ではない。

心のなかには、何もない。
必要な時、記憶の倉庫を検索する。
何もなくて空っぽの時、物事を正確に認識できる。
先入観や価値観などが詰まっていると、物事をありのままに認識できない。

固定観念はいらない。
願望もいらない。
偏見などは、もちろんいらない。
そういうものは、物事を歪んで認識させる。

何もない状態が、ベスト。
それは、心だけに限らない。
体も何もないのが、ベスト。
ただスーッと流れているのが、ベスト。

それは、ほとんど瞑想状態に近い。
思いも感情も感覚も、必要な時に現れるだけ。
普段は、静まっている。
普段は、何もない空っぽ。

空っぽというのが、実は最も健全な状態。
心身ともに空っぽが、ベスト。
そういう時に、的確なことができる。
その場に最も必要なことが自然に起きる。

それは、無作為。
計らいのない状態。
自我が自己の利益を優先しない状態。
自分のことを脇に置いた状態。

自分のことだけに意識が集中すれば、心身は滞る。
それは、不健全な状態。
ほとんど病気に近い。
いつも自分のことを気にしていたら、正確な認識も的確な行動も難しい。

事実と共に生きる。
評価や判断を持ち込まない。
クリアーで透明な意識と共に生きる。
必要に応じて経験を活かしながら生きる。

風のように。
空気のように。
何もない。
たださわやか。


『何もない ことが何より 健全な 心と体の 真の状態』

『抵抗が あれば何でも 滞る 何もないこと ゼロであること』

『透き通る ただ透き通る 意識だけ ゼロの次元を ベースに生きる』


これが日記を書き始めて2430日目の心境。
関連記事

コメント

Re:2430日目 - 何もない

「無」や「空」が
修行や努力で実現する
到達点ではなく
原点なのだと
再認識…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。