記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2467日目 - 所有


今日の屋久島は、激しい雨が降っている。
落(おとす)の滝が、見たこともないような太さになっている。
芙蓉の花たちは、雨にうちひしがれて元気がない。
郵便局へ行く途中、10羽ほどのシラサギが芋畑で餌を探していた。

先日、電話があった。
男性と別れたけれども、軽くならないという内容だった。
相手に別の女性がいて、辛くて別れたらしい。
別れれば軽くなれると思ったのだが・・・

別れても軽くならないのには、理由がある。
それは、辛さに耐えかねて別れたから。
つまり、現実逃避したということ。
逃げても、心のなかは変わらない。

自分の気持ちが、整理されていない。
まだ彼に未練が残っている。
だから、心は重たい。
無意識に彼に引っ張られる。

辛いことや苦しいことから逃げても、問題は何も解決しない。
一時的に楽になるかもしれない。
しかし、根本的な解決ではない。
ただの一時しのぎ。

それは、対症療法のようなもの。
ただ症状を抑えるだけ。
原因は、更に奥に押し込められる。
そういうことを繰り返していると、やがて別のところが発病する。

自分の潜在意識に閉じ込めても、やがていつの日か浮上してくる。
そんなことを繰り返していたら、潜在意識のなかはゴミ溜めになってしまう。
それでは心身共に重たくなるばかり。
根本から潜在意識をクリアーにする必要がある。

元々、二股をかけるような男性に出会うこと自体が、過去世の縁。
縁も大切。
しかし、それ以上に大切なことは、出会った時にどのように対応するか。
それによって、これからの人生が決まる。

同じ日に、別の電話があった。
それは、父親が交通事故に遭い、もうダメかもしれないというもの。
このような場合、どうしたらいいかという相談だった。
そういう時に最も大切なことは・・・

まず自分自身が落ち着くこと。
落ち着いて、父親と一緒にいること。
父親を引き留めないこと。
父親の運命に委ねること。

生きてほしい。
死なないでほしい。
と願えば、父親の運命を邪魔することになる。
それが天の時であれば、そのままにしてあげることが父親のため。

死なないでほしいと願うのは、人情。
しかし、それが必ずしも父親のためになるとは限らない。
場合によっては、父親の足を引っ張ることもある。
本音は・・・

自分が、いつまでも父親と一緒にいたいということ。
これまであったものを失いたくないということ。
それは、前述の異性関係も同じ。
所有すれば、苦しみが生まれる。

所有とは、自分のものにすること。
自分の望む状態であってほしいこと。
いつまでもやさしくしてほしい。
いつまでも自分を愛してほしい。

しかし、人の心は変わる。
自分の望むようにはならない。
なぜなら、人は生きているから。
生きているとは、変化していることに他ならない。

所有とは、固定。
ある状態をキープすること。
しかし、この世は無常。
そこには、明らかに矛盾がある。

変化して止まないのが、この世。
しかし、望む状態を維持したいのが人情。
それは、支配であり、思い込みでもある。
その思い込みが裏切られると・・・

天を呪い、人を呪う。
可愛さ余って憎さ百倍。
自分の思うようにならないと、人は悩み苦しむ。
それは、所有するから。

無常のものを恒常にしようとするから。
自分の望むように保とうとするから。
それこそが、自我。
囚われであり執着。


この世は、固定するところ。
正確に言うと、ひととき固定するところ。
固定して、明確に自覚するところ。
形に変えて楽しむところ。

まずイメージがある。
それから土をこね、色を塗り、窯で焼く。
それによって器が完成する。
それが、この世というところ。

イメージを形に移すところ。
思いを物質というもので表すところ。
それは、ある意味で固定化と言える。
形あるものに固定して、それを楽しむのがこの世。

だから、人は所有したがるのかもしれない。
だから、人は支配したがるのかもしれない。
だから、人は自分のものにしたがるのかもしれない。
固定、安定を求めて・・・

しかし、固定はひとときのものであるという前提を、人は忘れている。
この世のものは、永遠の固定ではない。
形あるものは、壊れる。
この世のもので、永遠に変わらぬものはない。

すべては、やがて変化する。
固定は、ひととき。
所有するのは、一時的。
やがて離れる時が来る。

そういうことをわかったうえで生きることだろうか。
ひとときだけの固定を楽しむことだろうか。
それを永続させようとすれば、苦悩が生じる。
ただ今の固定を楽しむだけ。

今の固定とは、今目の前にあるもの。
この瞬間。
それだけが確かなもの。
次の瞬間の保証はない。

何も所有しない。
特定の人を支配しようとしない。
その人のままを愛する。
その人の生き方を尊重する。

人間関係も、物との関係も、すべて同じ。
ひとときの楽しみ。
今ある楽しみ。
この世に永続はあり得ない。

色の世界は、変化の世界。
だからこそ無限の色彩が楽しめる。
日々の変化も味わえる。
そこを深く理解して生きないと悲苦の人生となる。

もちろん、無常の世界は寂しい。
すべて消えていくというのは、悲しい。
営々と苦労して築いたものが、一瞬にして崩壊することもある。
今回の大震災のように。

変化だけに意識が向くと、人生は虚しくなる。
そこから、人は変化しないものを求める。
永遠に続くものを探す。
青い鳥を求めての精神の旅が始まる。

しかし、いくら求めても青い鳥は見つからない。
なぜなら、青い鳥自体が自らの願望にすぎないから。
それは、永遠を求める願いがつくりあげた幻想。
元々存在しないもの。

変化しないものは、色の世界にはない。
変化しないものは、色の世界の外にしかない。
空の世界に行かない限り、変化の波から逃れることはできない。
空の世界だけが、色の変化を免れる。

しかし、そこには自分というものはない。
何も所有することはできない。
逆に言うと、所有こそが自分ということでもある。
何も所有していなかったら、自分というものもない。

では、所有してもいいのだろうか。
もちろん、所有してもいい。
但し、ひととき。
何も所有しなければ、色の世界では生きていけない。

ひととき所有する。
仮に所有する。
しかし、永続は願わない。
所有に執着しない。

今を楽しむ。
その楽しみを先々まで保持したいと願わない。
そう願えば、支配となる。
それは、人や自分を縛る。

今あるものを楽しむ。
無い物ねだりはしない。
目の前にあるものを、ある間楽しむ。
それ以上を望まない。

恋愛や結婚は、人を所有することにつながりやすい。
所有することから、人生の苦悩が始まる。
お互いに所有し合って、何が楽しいのだろうか。
お互いに支配し合って、どこに自由があるのだろうか。

相手を尊重するしかない。
お互いに尊重して生きていくしかない。
それは、恋愛や結婚に限らない。
すべての人間関係に言えること。

その時、その時。
瞬々刻々。
今を楽しむだけ。
今あるものを、ただ楽しむ。

色の世界を楽しむには、空の世界から眺めること。
どっぷりと色の世界に浸っていては、色の世界を楽しむことはできない。
それでは、ただ色の世界の変化に翻弄されるだけ。
変化を楽しむには、変化しないベースがいる。

一つ一つの星の美しさを味わうには、夜空が必要。
夜空というバックグラウンドがなければ、星の美しさはわからない。
夜空とは、まさに宇宙そのもの。
宇宙は、空に似ている。

空のなかに浮かぶ色。
夜空という宇宙に抱かれた星々。
変化する星々。
変化しない夜空。

それらは、ワンセット。
色と空は一体。
個であり全体。
その自覚がなければ、本当には色の世界を楽しめない。

星々の煌めきを所有することはできない。
それは、一瞬にして変わる。
所有できるのは、残像という記憶だけ。
許されるのは、一瞬の所有のみ。

それが、この世の実相。
そのことを理解して生きることだろうか。
所有してもいい。
ひとときの所有であれば・・・

変化することをわかったうえでの所有であれば、執着は生じない。
そうすれば、苦しみもない。
ただ今を楽しむことができる。
空という無限のなかで、色という有限を楽しむ。


『人の世に 変化せぬもの 何もなし 執着すれば 苦しみの生』

『安定を 求めて人は 所有する 所有は固定 固定は幻』

『変化する 世界のなかで 安定を 求めることは 無理な相談』

『安定は ないものと知れ 空という 次元で生きる その時までは』

『所有する ことは苦しみ 何もない ことが幸せ 空ということ』

『空という ベースなければ 色という 変化のなかで 翻弄される』

『所有する ことは一瞬 仮のもの 楽しむだけの ひとときのもの』

『ひとときの 所有と言うは 何ものも 所有しないと 言うに等しい』

『空という 宇宙に抱かれ 星々は 色の世界の 煌めきとなる』

『瞬間と いうものもなし 永遠と いうものもなし 今があるのみ』


これが日記を書き始めて2467日目の心境。



関連記事

コメント

Re:2467日目 - 所有

人間本来無一物
ただ縁ある人や物と
共に在る時を愛でて
味わうのみ…か

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。