記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2468日目 - 地球の宝


朝、まず郵便局へ行く。
ブレスレットや水晶の発送。
ウイークデーは、毎日のように郵便局通い。
その後、水晶の浄化へ。

海は、かなり海水が引いていた。
あまり波もなく、穏やか。
冷たくもなく、心地よい。
ところが・・・

川は、大増水していた。
ここのところの大雨で、普段の五倍ぐらいの水量になっていた。
半ズボンの裾が濡れる。
深くなっているだけでなく、流れが急。

いつもならいくらでもある水晶を置ける場所がない。
ずっと上の方へ行って、やっと浅い場所を見つける。
それでもビーズを入れたザルが流されそう。
石を並べてザルが流されないようにする。

持って行ったのは、大きなクラスター2個とビーズ類。
ビーズは、50万円分。
多すぎて数えられない。
軽く100個は超えているだろう。

クラスターは、すぐに浄化できた。
しかし、ビーズは大変だった。
いつもなら岩に座ってやるのだが、今日は座る岩が見つからない。
みんな水の下に隠れている。

やむなく中腰でやることに。
ブレスレットや連を一つ一つ手でこすりながら浄める。
なにしろ数が多いので、そのうちに腰が痛くなる。
休み休みやるしかない。

全部終わるのに、けっこう時間がかかった。
車に乗せて、帰宅。
自宅に着いてからが、また大変。
一個一個きれいに拭く必要がある。

まだその先もある。
拭いたものを乾かし、それから整理する必要がある。
種類とサイズ毎に箱に入れる。
その際に名札を付ける。

石の名前と価格と買った店。
それに単価。
これがないと、ブレスレットができた際に原価計算ができない。
在庫がなくなった時にも、追加のオーダーができなくなる。

そんなことをしながら整理していく。
基本的には、色合いごとに箱が別れている。
今のところ21種類に分けてある。
レッド、イエロー、バイオレット・・・

箱によっては、既に満員のものもある。
それらを、また整理整頓しながらビーズを入れていく。
その間に、頼まれていたブレスレットも作製。
ラブラドライトとアパタイト。

質の高いブレスレットを依頼されていた。
東京中を探し回って、高品質のラブラドライトとアパタイトを買ってきた。
ラブラドライトは、どこの店にも置いてある。
しかし、質の高いものは少ない。

アパタイトは、石そのものがない。
特に透明感のあるものは、滅多にない。
いろいろ探し回って、やっと1ヶ所だけ見つけた。
そこの店も、ずっとオーダーしていて、やっと届いたばかりとのことだった。

それは、透明感のある美しいアパタイトだった。
最初に4連購入した。
ホテルに帰ってよく見ると、とても質の高いものだった。
翌日、また2連追加で購入した。

今の時代は、職場も自宅もパソコンだらけ。
それ以外の時間も携帯やスマートホンを操作している。
つまり、電磁波漬け。
その電磁波を防いでくれるのがアパタイト。

天然の電磁波除け。
これは、今の時代に必須の石。
トルマリンの千倍以上の効力があるらしい。
しかし、大きなものは採れない。

良いものはあるうちに買っておかないと、すぐになくなってしまう。
天然のシトリンも、4連ほど買ってきた。
この石も、置いてあるのは一店舗のみ。
一般のシトリンは、すべて放射線か熱処理されている。

できるだけ処理されたものは使わないようにしている。
しかし、完全とはいかない。
極力としか言いようがない。
但し、染色されたものは基本的に使わない。

メノウ系は、染色されたものがほとんど。
ブルーやグリーンやイエローのカルセドニーは、すべて染色。
かろうじてオレンジや赤系は、天然のものもある。
今回の上京で、店の人に詳しく聞いて、いろいろ学習してきた。

浄化した水晶やビーズ類は、見違えるように美しくなった。
特にクラスターが、キラキラ光っている。
これは、すばらしい。
最上のヒマラヤ水晶。

たぶんこれ以上は望めないクラス。
透明感と照りが、ものすごい。
2キロを超える大型クラスターなのに、小さな水晶よりも透明。
これは、宝物。

一方、三色がセットになったクラスターも、とてもきれいになった。
特にゴールデンヒーラーが、輝いている。
他のポイントたちも、透明感が増した感じ。
この両方のクラスターは、机の上に置かれている。

あと2回ほど行けば、なんとか浄化が終わりそう。
ビーズ類はみんな箱に入れてしまうが、クラスターは目に付くところに置いてある。
行き先が決まるまでは、楽しめる。
すばらしいクラスターたちと、しばらくは一緒にいられそう。

ビーズ類もブレスレットになると、クラスターの上に置いて眺められる。
それはそれは、美しい。
美しいものに囲まれて暮らしている。
目の前の自然も美しい。

『美しい ものに囲まれ 暮らす日々 地球が生んだ 地上の宝』

これが日記を書き始めて2468日目の心境。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。