記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2479日目 - 水晶循環


今日の屋久島は、曇から晴に変わった。
気温も朝方は低かったが、午後になって上がってきた。
まだTシャツで過ごせる。
屋久島は、暖かい。

午前中に次の水晶祭りの写真と解説文をぴあのさんへ送る。
次は20日なので、ぎりぎりセーフという感じ。
なかなか準備に時間がかかる。
今回は、ブレスレット浄化用のクラスター特集。

すべてのクラスターが浄化用ではない。
しかし、ほとんどは対応できる。
但し、1個だけ大きすぎてブレスレットの浄化に向かないものがある。
それは、3.4キロもある大型クラスター。

圧倒的な存在感。
各ポイントが、超大きい。
その上、レインボーまで出る。
しかも、何ヶ所も。

家に1個あれば、家がグランディングしそうな雰囲気。
お店にあれば、レインボーが目を引くだろう。
ブラジル産の大型クラスターは、14万円。
高さが20センチもある割には、安い。

今回は、アーカンソーのクラスターがメイン。
ほとんど母岩がなく、どれもクリアーそのもの。
平べったいものが多く、まさにブレスレットの浄化用にピッタシ。
こちらは、14個ある。

そのなかの一つに、すばらしくハイクオリティなクラスターがあった。
透明度の質感が、飛び抜けている。
アーカンソー産というより、ヒマラヤ産のような雰囲気。
極めて霊的な水晶。

一つだけ別次元という感じ。
非常に安定して、スピリチュアル。
それは、会場で選んでいる時から気づいていた。
特別にすばらしいクラスター。

ヒマラヤのクラスターも、秀逸なものが揃っている。
女性に人気のピンククラスターは、スペシャル美しい。
透明感がすばらしく、ピュアーそのもの。
これだけ美しいピンククラスターも珍しいのではないだろうか。

もう一つ。
天使の波動を持つクラスターがある。
ピンクとイエローとホワイトの三色からなるクラスター。
繊細でピュアーなポイントが、無数に煌めいている。

これは、昨年の10月の新宿のミネラルショーで買ったもの。
その時、3~4個似たようなものを買った。
他のものは、みんな旅立った。
今回のものは、自分用に特別に残してあったもの。

ミネラルショーに5回行ったが、この種の水晶が出たのは1回限り。
新しい鉱山から出たとのことだった。
しかし、その鉱山はすぐに閉山となった。
それ以来、これだけ繊細なものは見かけない。

水晶も、水もの。
いつでも同じものがあるわけではない。
良いものは出た直後に買わないと、いつなくなるかわからない。
いつまでもあると思うな親と水晶!?

今回は、本当にクオリティの高い水晶が揃った。
次に行った時にもあるかどうかは、わからない。
ブレスレット浄化用のクラスターを探している方は、今回お求めになることをお薦めする。
この機を逃すと、年内は浄化用クラスターのアップの予定はない。

というのは、12月上旬の池袋のミネラルショーまでは、既に出すものが決まっているから。
その後は、年末バーゲンとなる。
次の浄化用クラスターは、年が明けてから。
それも、池袋のミネラルショーで良いものが買えたらの話。

今後は、すばらしい水晶たちが続々と登場する。
なぜ?
それには、理由がある。
それは・・・

池袋のミネラルショーに向けて、資金が必要だから。
今回の新宿のミネラルショーで、持ち金は全部使い果たした。
またゼロからのスタート。
12月上旬のミネラルショーまでに、100万円ほど貯める必要がある。

せっかくミネラルショーに行っても、お金がなくては話にならない。
指を咥(くわ)えて見ているだけでは、寂しすぎる。
良いものがあると、やはり買いたくなる。
それには、100万円ぐらいは必要。

その100万円を稼ぐために、秘蔵の水晶たちを手放す。
新しいものに出会うために、古いものを旅立たせる。
こちらにとっては古いものでも、別の人にとっては新しい。
そうやって水晶が回っていく。

お金は、その媒介物にすぎない。
お金自体が目的ではない。
水晶を手に入れるためにお金が必要なだけ。
お金を仲介にして水晶が回っているだけ。

11月3日の半月には、蠍座的なものが多く登場する。
大半は、今回のミネラルショーで買ってきたもの。
ただ、スペシャルなものも何点か出る。
大きなスモーキークオーツのカテドラル。

高さが25センチを超える。
自宅にある水晶のなかで最も背が高い。
屋久島の太忠岳山頂にある天柱石にそっくりの形をしている。
透き通るように透明なスモーキー。

他には、珍しい無研磨の大きなグリーンファントムクオーツ。
大きくて明確なレコードキーパー(△)が付いたスモーキーカテドラル。
スモーキークオーツにゴールドルチルが入ったポイントとクラスター。
グリーンのヒマラヤ水晶も美しい。

次の11月19日の半月には、超クリアークリスタルが24個登場する。
普通のクリアー水晶のレベルを遙かに凌駕している。
超透明。
それらは心身を浄化し、意識を霊化してくれる。

長い時間をかけて集めてきたスーパークリスタルたち。
時が満ちて、一斉に旅立つこととなった。
ヒマラヤ、コロンビア、ブラジル、パキスタン、アーカンソー。
特にガネーシュヒマール産のトップクラスのものが、たくさん出る。

12月2日の半月には、秘蔵コレクションが登場する。
これまで自分用にコレクションしてきた20個が、やっと一般公開。
背に腹は替えられぬ?
新しい水晶に出会うために、泣く泣く手放す・・・?

どれもすばらしい水晶ばかり。
特にアーカンソーのクラスターは、抜群。
アーカンソー産としては、正真正銘のトップクラス。
以前にブレスレットの紹介で使ったことがある。

「ブレスレットが載っているクラスターの方がほしい!」
というメールも届いたほど。
もちろん、当時は非売品。
いよいよ正式にお披露目。

他には、アイスクリスタルもある。
これには、逆三角形のトライゴーニック(▽)がたくさん付いている。
しかも、まだ水晶の形を留めている。
トップがあるアイスクリスタルは、超レア。

太陽ルチルの完璧なポイントも出る。
こちらは、無研磨の天然物。
すばらしい形をしている。
剥離痕のない完全無欠。

ガネーシュヒマール産の14センチもあるポイントは、クリアーそのもの。
今では、このレベルのものはほとんど採れなくなっている。
スイスの大きなニードルクラスターもある。
照り照りの天然無研磨のシトリンも。

10月20日から12月2日までの4回で、なんと180万円分の水晶が登場する。
この半分でも行き先が決まると、池袋のミネラルショーの資金が確保できる。
さて、どうなるか。
水晶屋さんもドキドキハラハラ・・・


『新しい 出会い求めて 古いもの 旅に出すのが 水晶循環』


これが日記を書き始めて2479日目の心境。
関連記事

コメント

kimiさんの水晶

こんばんは。
ふと思ったのですが、
こちらで水晶を購入
させて戴いた時から
運が回り初めています。
何気なく目についた
水晶なのですが…。
kimiさんの波動と目利き
宝物ですね。
いて下さるだけで安心出来ます。
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。