記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2480日目 - 想い離れて


今日の屋久島は、さわやか。
ススキが、風に揺れている。
新しいススキの穂が、目につく。
秋らしさが、静かに深まっている。

最近は、映画やドラマが面白くない。
あまりのめり込めなくなっている。
何か遠いところの物語という感じ。
だいぶ人間ドラマから遠ざかりつつある。

今朝、想いの浄化についての問い合わせがあった。
それは、ネガティブな想いを出さないように・・・
という感じ。
ネガティブな想いが出たことに気づいたら、すぐに修正するということ。

そうやって自分の想いの癖を変えていくのもいい。
多くの人は、無意識のままにネガティブパターンを繰り返している。
それを意識的に自覚するのは、役に立つ。
しかし・・・

もっと別の次元もある。
それは、想いの世界から離れること。
想いの世界に引きずられないこと。
想念の有象無象から離脱すること。

想いの世界とは、常に頭の中が想いに占領されている状態。
想いから離れた静かな時間はない。
常時、いろんな想いが錯綜している。
そのため、意識は混乱している。

想いは、使うもの。
必要に応じて使えば、役に立つ。
現実化するための道具。
しかし・・・

人類の現状は、想いに使われている。
過ぎたるは、及ばざるが如し。
想いを使いすぎて、想いの奴隷となっている。
想いに支配されているのが、今の大多数の人々。

想いを理解し、想いの次元を超える。
それが、これからの課題。
想いは、楽しめばいい。
しかし、想いに翻弄されては元も子もない。

今の人類は、想いに振り回されて自分を見失っている。
想いと自己同一化し、想いそのものになりきっている。
想いのない時間を知らない。
想い以前を忘れてしまった。

想いは、沸くもの。
思いが沸く前の瞬間がある。
それは、静かな時。
そこをベースに生きることだろうか。

想いをベースにすれば、想いの世界の泥沼にはまる。
想い以前の世界をベースにすれば、想いに振り回されることはない。
もっと静かに生きることができる。
必要な時に想いを使えば、それが現実化する。

動物たちは、想いを使いこなしていない。
人間は、想いを使いすぎて、想いの僕(しもべ)と化している。
想いを理解し、想いを超える。
それが、今の人類の課題。


『風吹けば ススキが揺れる 秋の日に 想い離れて 静かに過ごす』


これが日記を書き始めて2480日目の心境。
関連記事

コメント

Re:2480日目 - 想い離れて

想いに形は無いのに
その出方、使い方には
癖みたいなものが
刺激に対して無自覚に
反応しているのを
感じます。
この辺の隠微な反応の
パターンを見抜いて
行くことが自己知の
始まりなのかも知れませんね。

すすき

はじめまして。ツイッターから来ました。
屋久島に今年の7月初めて行くことができました。大自然の中にいると本当に自由に伸び伸びと自分を感じることができますね。本来の自己と出会うことができますね♪
想いの奴隷になっていますね。ちょっとそこから離れて静かに暮らしたいと思いますが家族のいる都会で一緒に暮らすとなかなかそうもできません。でも自分なりに毎日少しずつでもやっています。
今朝はちょうどすすきの写真をアップしたところでした。
シンクロを感じました。
ありがとうございます。これからよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。