記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2485日目 - 無限の扉を開く


今日の屋久島は、朝から秋晴。
とてもさわやかだった。
朝から水を汲みに行く。
さわやかな日の水は、格別美味しい。

途中で、九州本島の開聞岳が見える。
一周道路から見えるのは珍しい。
少し上ると、今話題の馬毛島(まげじま)も見えた。
本当に航空母艦のように平べったい。

水は、勢いがあった。
最近はよく雨が降るので、いつもたくさんの水が流れている。
今年は、夏枯れもなかった。
正月から雨の多い一年。

水を汲んだついでに、宮之浦の郵便局に寄る。
近所の郵便局は日曜で休みだが、本局はやっている。
リクエストがあったクラスターを発送する。
一度にかなりの数の水晶が旅立つ。

少し買い物をして、帰宅。
それから、今度は水晶の浄化に行く。
海は、干潮だった。
かなり潮が引いていた。

川の方は、相変わらず増水していた。
水晶やビーズを入れたザルが流されないようにするのが大変。
ザルの中身は、新しく届いたビーズと里帰りした魂ブレス。
水晶も数本持って行った。

帰宅して、水晶やビーズたちを拭いてから乾かす。
それから、次にアップするブレスレットたちの写真を撮る。
なんとなくイマイチ。
もう一度撮り直す必要があるかも・・・

その後、乾いたビーズ類を整理。
そのまま少しブレスレットを作製。
それだけやったら、もう夕食の時間になってしまった。
日記を書く時間なし。

その間、何度もパソコンを開いてメールの返事を書く。
メールの中に以前購入していた水晶のサイトからのものがあった。
久しぶりに開いてみると、アーカンソーのクラスターがアップされていた。
しかし・・・

なんとなく白っぽくてパットしない。
にもかかわらず、高かった。
こちらのものと比べると、倍以上の値段になっていた。
この価格は、卸値の3~6倍ぐらいだろうか。

たぶんこの品揃えは、一個一個丁寧に品定めをして仕入れたものではないだろう。
まとめて仕入れたような感じ。
そうなると、卸値は更に安くなる。
逆に、品質は悪くなる。

ここのサイトは、よく25%オフをやっている。
しかし、それでも十分利益は出る。
50%オフで売っても、かなりの利益が出るだろう。
しかし、価格が高いだけに売れ残りも多い。

ここは、実店舗もある。
人も使っている。
それなりに必要経費がかかるのだろう。
クリスタル関連のセミナーとかもやっており、多角的に経営されている。

こちらは、ネットのみ。
一人でやっているので、人件費もかからない。
宣伝広告費もない。
必要経費は、仕入れに行く飛行機代とホテル代ぐらいだろうか。

最近は、卸値の1.5~2倍ぐらいの価格設定にしている。
もちろん、例外もある。
特別なものは、もっと高くなることもある。
逆に仕入れの失敗作は、卸値か、それ以下の場合もある。

ポイントは、仕入れ。
いかに良いものを安く仕入れるか。
それに尽きる。
後は・・・

買ってきた水晶やビーズの良いところを見つけ出すこと。
付加価値を発見すること。
卸の業者が気づいていない個性や特徴を見出すと、普通のものが掘り出し物に変身する。
それには、一つ一つ丁寧に見る必要がある。

それは、人生と同じ。
日常の些細なことでも、丁寧に見ていくと、いろいろ気づくことがある。
素人と玄人の違いは、識別眼。
見る目が、すべてを決めていく。

玄人は、細かい違いまで見落とさない。
素人は、アバウト。
だから、宝物を見落とす。
玄人は、そういうことはない。

日々の生活も同じ。
細やかに注意深く生きれば、いろんな気づきがある。
日常生活こそが、無限の豊かさを秘めている。
繊細な違いに気づく意識を持つことだろうか。

アバウトに生きたら、いつまで経っても人生の素人。
いくら年を取っても人生の玄人にはなれない。
細やかに丁寧に生きること。
一つ一つを大切に生きること。

日々真剣に生きていけば、やがて限りない深さを秘めた人生となっていく。
イージーに流されて生きれば、それだけの人生。
表面だけで深みはない。
宇宙の無限の豊かさには気づけない。

日々真剣に生きる。
それに尽きる。
日々注意深く見つめながら生きれば、やがて人生の深淵が口を開く。
限りない深さを秘めた扉が開く。


『こまやかに 一つ一つを 丁寧に それが無限の 扉を開く』

『日常の 注意深さに 比例して扉が開く この人生の』


これが日記を書き始めて2485日目の心境。
関連記事

コメント

Re:2485日目 - 無限の扉を開く

日常の惰性に流され
日々に新たな世界に、
生起するものことの
深さに気付けなく
なっているのでしょうね。

人生には味がある

>細やかに丁寧に生きること。
>一つ一つを大切に生きること。

ぜひ、日々そうありたいですね。

肩は張らずに、でもリラックスし過ぎず・・・
こだわりは持たず、
でも真剣に・・・

中庸というバランスをとりながら・・・

生きるというのは甘くない・・・

けれど酸味もあれば苦味も渋みもある、
もちろん時にはちょっぴり密の味・・・
日常の中にあるさまざまな味わいがうれしいですね。
それをしっかり味わって生きたいです。
できることなら細やかに・・・

そうしたら、
味わい深い人生にしっかり舌鼓うてますね。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。