記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2501日目 - 大地震


明け方、夢を見た。
それは、大地震の夢だった。
大きな揺れが、何度も何度も続いた。
自分は、大きなビルの中にいた。

自分が大きなビルの中にいるのは、上京した時のみ。
となると・・・
12月だろうか。
東日本大震災から8ヶ月が経ち、人々は地震の緊張感を忘れつつある。

もう一度大地震が起きてもおかしくはない。
このまま終わるとも思えない。
あるとすれば、みんなが忘れた頃。
天災は、忘れた頃にやって来る。

確実な情報ではない。
単なる夢。
でも、きちんと備えはしておいた方がいい。
可能性は、まだある。

こちらが上京するのは、12月6日から10日。
10日の満月あたりが、一番可能性は高い。
しかし、このようにネットで公表すると、状況は変化する。
人々が意識すると、エネルギー状態に変化が生じる。

これまで公表された日時に地震が起きた例(ため)しはない。
そういう意味では、公表することは地震を防ぐ手立てとも言える。
公表することによって人々の意識が変わる。
警戒モードになる。

そうなると、地震は起きない。
油断すると、危ない。
注意深く生きることは、人生の要諦。
弛緩してしまっては、充実した人生は送れない。

備えをして、普通に日常を生きる。
たとえ大地震が起きようと、上京を取りやめるつもりはない。
起きるべきことが起き、体験すべきことを体験する。
何があろうと自分の人生を生き切る。

首都直下型地震が起きるからといって、首都圏を逃げ出しても助かる保証はない。
首都圏にいても助かる人は助かる。
どこにいても、交通事故で死ぬ人は死ぬ。
自分の感性に添って生きることだろうか。

自分の望む人生を生きる。
自分が生きたいように生きる。
悔いのないように、心残りのないように生きる。
一度だけの人生、思い切って生きることだうか。

一度だけ?
生まれ変わりがあるのでは?
確かに生まれ変わりはある。
しかし、この肉体で、この人格で生きるのは、今生のみ。

一回生起というのが、真実。
同じことは、二度とは起きない。
似ていても、細部は異なる。
同じ魂でも、人格はまったく違う。

時代状況も生まれる場所も異なる。
親族も周囲の環境も違う。
肉体も人格さえも異なる。
それでも生まれ変わりと言えるのだろうか。

魂レベルから見れば、生まれ変わり。
しかし、人間レベルから言えば、一回限りの人生。
今生をしっかり生きるしかない。
真実は、今、今、今しかないのだから。

何が起きようと、それを正面から受け止める。
逃げずに真っ直ぐに生きる。
前を向いて、しっかり一歩一歩踏みしめて生きる。
自分が真に望む人生を創造する。


『災厄が 起きないように 予言する 起きてしまえば 予言意味なし』

『このままで いけば再び 大地震 起きないように 新たに生きる』


これが日記を書き始めて2501日目の心境。

関連記事

コメント

Re:2501日目 - 大地震(11/07)

こんにちは、今の気候を考えると地震がおこっても不思議では無いと思います。
皆さんも今は少しの揺れでも敏感になられているので軽い揺れで治まる事を願います。
最近は自然が怒ってるようにも思えます。

Re:2501日目 - 大地震

今までのパターンだと
11日もあり得る
のでしょうか。
日本ではないかも知れません
今揺らいでいる
世界の政治経済を
衝き崩すような場所に
起きてきそうですね
あれこれ空想しても
仕方がないのですが(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。