記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2509日目 - 再スタートの旅


三泊四日のガイドが終了。
溜まっていたブレスレットの発送も終わった。
今朝送ったハートブレスは、目が覚めるように美しかった。
カラフルな透明感がすばらしい。

すべてが2012年バージョンになりつつある。
そのための準備が自然に進んでいる。
この三泊四日のガイドも、その一環。
四日間とも浄化の嵐だった。

お客さんは、40代後半の女性。
夫や子供を残しての一人旅。
2011年11月11日スタートの屋久島の旅。
1からの再スタートを期しての旅。

初日は、益救神社に参拝して永田いなか浜を裸足で歩く。
砂浜を裸足で歩くのは、気持ちがいい。
足の裏から溜まっていたものが、どんどん抜けていく。
砂に足を埋めての毒抜きもする。

西部林道では、可愛い親子のヤクジカに出会った。
写真も何枚も撮れた。
最後は、JR温泉で浄化。
こちらは、ずっとアクビの連続。

二日目は、木霊の森へ。
白谷雲水峡の駐車場は、ものすごく混んでいた。
貸切バスが何台も止まっていた。
しかし、木霊の森は誰もいなかった。

ほんの少しだけ雨が降った。
そのおかけで木霊の写真が撮れた。
思ったよりもたくさん撮れた。
最近は、木霊の写真がよく撮れる。

お客さんは、自宅にいると家事が忙しくて思うように瞑想できないらしい。
今回の旅では、心ゆくまで瞑想したいとのこと。
木霊の森でも長い時間瞑想する。
こちらも少し離れたところで瞑想。

日常から離れて森のなかにいるのはいい。
よけいなものが心身から抜け落ちる。
アクビが止まらない。
溜まっていたものの解放が続く。

森のなかを歩きながら、何度も瞑想する。
瞑想する度に心身が浄化されていく。
自然は、人を自然にしてくれる。
無理なく本来の状態に還してくれる。

二日目の温泉は、尾之間温泉。
時間が早かったので空いていた。
透明な源泉が豊かに湧き出ている。
屋久島で最もエネルギーの高い温泉。

歩いて汗をかいて、温泉に入る。
自然の旅の醍醐味。
ポンプで汲み上げていない温泉は、最高。
自然に湧き出している正真正銘の天然温泉。

温泉を出て、お土産屋に寄る。
それから、龍神の滝と千尋滝を見る。
二日目は、森と温泉と滝。
更に心身が浄められる。

三日目は、巨木の森へ行く。
すばらしい青空。
海抜1400メートルの空気は、世俗感がない。
自然そのものの別世界。

清々しい。
本当にさわやか。
ものすごく気持ちがいい。
これだから山はやめられない。

体内の空気の総入れ換え。
すべての空気を一新する。
アクビしまくり。
珍しく風もなく、穏やかな巨木の森。

屋久杉の巨木を10本以上見る。
お客さんは、その1本1本に触って確認。
触れない縄文杉より何倍も巨木を実感できる。
お客さんは、最後の最も大きな巨木の下で瞑想。

この木は、すばらしい!
大きなコブが何個も付いている。
数千年の風雪に耐えた風格が漂う。
宿り木が少し紅葉していた。

巨木の森を出て、駐車場で昼食。
苔の緑が目を見張るほど美しかった。
やわらかくやさしい苔と、ヒトデのような苔。
太陽の光を浴びて活き活きと輝いていた。

巨木の森に別れを告げて、里へ。
屋久杉のストラップを見に行く。
木霊のストラップをお土産に購入。
そして、kimi水晶館へ。

この方は水晶が好きで、既にたくさん持っている。
そのため、kimi水晶館へ行くのを楽しみにしていた。
kimi水晶館では、出会いが待っていた。
大きなピンクのヒマラヤ水晶に一目惚れ。

「こんなクラスターがほしかった!」
ずっとほしかったらしい。
しかし、高すぎて買えなかった。
でも・・・

水晶の値段を聞いて、びっくり。
「そんなに安くていいのですか・・・」
これなら買えそう。
ネットの相場では・・・

30万円以下では、絶対に買えない。
それが、なんと12万円。
ほとんど卸値に近い。
今買わなかったら二度とこの値段では買えない可能性が高い。

お客さんは、これまでにネットでたくさんの水晶を買っている。
そのため、いかにkimi水晶館が安いかがわかる。
どこを探しても、この価格で売っているところはない。
しかも、屋久島の海と川で浄化されエネルギーに充ち満ちている。

ということで、長年の夢が叶う。
この水晶と出会うために屋久島に来た?
もちろん、それだけではない。
でも、それも今回の旅の一環。

三日目は、初日と同じJR温泉へ。
ちょうど夕陽の時間。
美しい夕陽が見えた。
そう言えば・・・

初日には、満月が見えたらしい。
2011年11月11日の記念すべき満月。
こちらの家では見えなかった。
ラッキーと言えるだろう。

最終日は、まず田代海岸へ。
もう一度、裸足で砂浜を歩く。
ここは永田いなか浜と違い、パウダー状の砂。
歩いていて、とても気持ちがいい。

もうハマユウの季節は、とっくに過ぎている。
ところが、最後の数本の蕾が開きかけていた。
馥郁(ふくいく)とした甘い香り。
これもラッキー!

ここでも足を砂に埋めて毒抜き。
徹底的に浄化する。
1からの出直し。
それが2011年11月11日に屋久島に来た意味。

心身を浄めて、落(おとす)の滝へ向かう。
急な山道を登る。
途中で見かけない花が咲いていた。
野草は、美しい。

滝も花に負けないほど美しかった。
特に滝壺のライトブルーが絶品。
ここは、屋久島で最も滝壺が美しいところ。
透き通るようなブルーが、心身を浄めてくれる。

それだけではない。
滝のミストが浄化に追い打ちをかける。
ここでも記念撮影の後は、瞑想。
溜まっていたものを根底から解放する。

滝から下りて、お土産屋へ。
まだお土産が足りないらしい。
たくさんのお土産を買っても、まだ時間に余裕があった。
最後の仕上げは、kimi宅の裏庭?

最近は観光客も来るようになったクリスタル岬。
そこは、自宅の裏の海岸。
昔から水晶が採れるところ。
もっとも、最近は採り尽くされてほとんど見ない。

ここだけ他と景色が違う。
まるでインディアンの砦。
海の間際の巨岩の上で遅い昼食。
その後、サバイバル?

ほとんどロッククライミングのように垂直に岩を這い上がる。
そこに水晶たちの母岩がある。
なんと・・・
彼女は、水晶を発見!

小さなものだが、きれいに六角形に結晶している。
しかも、透明。
これは、まさに掘り出し物。
彼女は、落ちていたものを拾っただけだが・・・

感激!
母岩のなかで光る水晶。
天然自然そのもの。
屋久島からのプレゼント?

彼女がその水晶に聞くと、持って帰ってもいいとのこと。
これは、すばらしい。
最高のお土産!
最後の最後に、なんというハプニング。

少し汗をかいたので、温泉に行く。
最後の温泉は、楠川温泉。
誰もいず、男女とも貸し切り。
さっと汗を流して、スッキリさわやか。

最後の最後まで温泉で浄化。
この四日間で、彼女は溜まっていたものを相当解放した。
毎朝会う度に前日よりスッキリしていた。
この四日間は、彼女の人生にとって大きいだろう。

もう10数年スピリチュアルな世界と関わっているとのこと。
セミナーもたくさん受け、本も読み漁った。
でも、いまひとつ明確でない。
真に自分から納得できない。

アセンションのための再スタートのために屋久島に来た。
どうしてもアセンションしたい様子。
アセンションを確信したいのだろう。
並々ならぬ覚悟。

その覚悟に見合うものはあっただろう。
自分が創り出す自分の人生。
気合いが入っていた分、収穫も大きかった。
にもかかわらず・・・

実質タダ!

普通にクラスターを買えば、30数万円。
それを12万円でゲット。

その差額で、宿泊コースのガイド代が実質無料になってしまった。
なんともラッキー!
これもひとえに彼女の日頃の行いの結果。
天気にも恵まれ、最高の屋久島の旅。

こちらも四日間で、ずいぶん浄化された。
彼女と一緒に浄化された感じ。
最初から最後まで、ずっとアクビが止まらなかった。
かなり根底から浄化されたようだ。

2012年は、もう目の前。
10月28日から、2012年に向けての調整が始まっている。
根本的に浄化している。
新しい年は・・・

希望の年。
新しい時代の始まり。
明らかにエネルギーが異なる。
次元が違うくらいの眩しい光。

そのための最終調整が年末まで続きそう。
12月には、ミネラルショーもある。
2012年のための水晶たちに出会えるだろう。
多くの人のために2012年バージョンの水晶をたくさん購入してくるつもりでいる。

新しい時代に向けてのスタート。
2011年11月11日。
1並びの日。
1からの再スタート。

その日を意識して屋久島に来た人は、その意図が実現するだろう。
これからは、自分が意図したものが一段と実現しやすくなる。
明確に意図して生きることだろうか。
新しい時代は、もう目の前。


『一からの 出直しこそが 屋久島の 旅の目的 浄化の嵐』


これが日記を書き始めて2509日目の心境。
関連記事

コメント

Re:2509日目 - 再スタートの旅

再スタート…
破局、崩壊の果てで
始まるのだろうか
そこに様々な岐れ路が
あるのだろうか!?
大いなる終わりと始まりが
そこに見られるのだろうか
ただ心を澄まして
直視するのみか…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。