記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2534日目 - 池袋ミネラルショー


昨日の夕方、無事に屋久島に戻ってきた。
鹿児島までは、快晴。
しかし、屋久島は、雨。
でも、無事に着陸できてよかった。

東京では、たくさんの水晶を買った。
買いすぎて、お金が足りなくなってしまった。
不足分の40万円は、帰宅後に振り込むことに。
しかし、どこに40万円があるの?

東京では、ドラマがあった。
着いた日は、御徒町の卸の店の下見。
次の日は、一日中、御徒町で過ごした。
卸の店をハシゴしながら、いろいろ探し回った。

ビーズ系は、かなりシビアーな買い物ができた。
ところが、水晶が甘かった。
初めての店に行って、珍しいクラスターを発見。
各ポイントの上部がアズキ色をしていた。

アメジストの一種とのことだった。
グリーンのエピドートも付いており、そのお店では目立っていた。
横幅が30センチぐらいあり、重さが10キロ近い大型クラスター。
初めて見たものだったので、なんとなく買ってしまった。

一応値段の交渉はしたが、15%オフにしかしてくれなかった。
これでは、ほとんど素人。
プロならもっと安く買わないと・・・
お金があると、ついこんな買い方をしてしまう。

もう一軒、パキスタン人の店に寄った。
こちらも初めての店。
ちょうどパキスタンから荷物が届いて開封しているところだった。
ものすごい量の石が届いていた。

そのなかからベストチョイスして値段を聞くと・・・
なんと15万円。
予想の3倍近い価格。
高い!

数を減らして交渉しても、10万円止まり。
ここでも珍しいものがあり、つい買ってしまう。
この2店で合計25万円。
どうしてもほしいというものではなかったのに・・・

この25万円は、無駄遣い?
高く買いすぎて、ホテルでちょっと落ち込む。
今回は、あまり良いものは買えないのかな?
せっかく上京したのに・・・

そういう日もある。
何をやってもうまくいかない日もある。
そうかと思うと、何もかもうまくいく日もある。
それが、翌日だった。

三日目は、ミネラルショーの一般公開の前日。
つまり、業者デー。
この日のために、わざわざ屋久島から上京したようなもの。
開場は、午後2時。

午前中は、パソコンなどを池袋で買い物。
それが早く済んだので、ホテルに戻る。
ところが、部屋は清掃中。
荷物だけ置いて、また外へ。

しばらくサンシャイン60のなかでウインドーショッピング。
それでも時間をもてあまして、ミネラルショーの会場の下見に。
まだオープンまで1時間半もある。
出店業者が忙しく準備をしていた。

なんとなく会場に入る。
本来は入れないのだが、なんとなく入れてしまった。
行きつけの店に行く。
すると・・・

もう商品を見ている人たちがいた。
エッ!
どうして?
それは、出店業者のスタッフだった。

自分たちの店の準備が済んだので、他の店を見に来たようだ。
既に価格交渉が始まっていた。
これには、ちょっと焦った。
こちらが一番乗りと思ったのは、大きな間違いだった。

他の店でも、既に買っている人がいた。
それはそれは、すばらしいものを買っていた。
こちらがほしいものが、みんな買われていた。
さすがは、プロのスタッフたち。

なんと一般の人たちが買う前に、二重に買われていたのだ。
業者が一番だと思ったら、その前に店のスタッフが購入していた。
もっとも、その日は売らないという店もほんの少しはあった。
一般の人に良いものを買ってほしいので、業者には売らないとのこと。

でも、そういう店は数えるほど。
頑固なおじいさんやプライドのある人が、そのようなやり方をしていた。
彼らは、良い品を安く提供していた。
なかなかの見識と、すばらしいスタンス。

こちらは、せっかく早く入れたので、いろんな店を見て回る。
でも、最初の店以外では、それほどのものは買えなかった。
最初に行った店だけは、超すばらしいものを買えた。
ここは、特別待遇。

スタッフ全員が、大歓迎という雰囲気。
前回もすばらしいスモーキールチルのクラスターを低価格で提供してくれた。
ここで今回のメインのものは、ほとんど買えた。
これだけでも池袋まで来た甲斐はあったというもの。

今回最もほしかったマニカランの最高級のヒマラヤ水晶を3個も手に入れることができた。
ガネーシュヒマールの最上のポイントも何個かゲットできた。
それは、ここ3~4年まったく出回っていない質のものだった。
アーカンソーの最高のクラスターも1個手に入った。

これだけでも十分満足。
他のものがゼロでも後悔はない。
でも、実際は、もっと山のように買ってしまった。
半年分と思って多めに買ったが、ちょっと買いすぎかも・・・

特にガネーシュヒマールの最上のポイントは、一生分ぐらい買ってしまった。
最初の店以外にも2店、最高級のガネーシュヒマールを販売していた。
もう採り尽くされたと思っていただけに、これはちょっとした驚きだった。
透明感の際立つものを、かなりの数購入した。

ブレスレット浄化用のアーカンソーのクラスターは、あまり買えなかった。
前回は大量に買えたが、今回は良いものが少なかった。
逆に、今回はヒマラヤ水晶を大量に買ってきた。
それは、もう数え切れないくらい・・・

御徒町の卸の店を回った後、深く反省。
本当にほしい水晶は何なのか、ホテルでじっくり自分を見つめた。
結論は、水晶の密度。
高密度の水晶が、自分が求めているもの。

最高の密度を持つ水晶ということは・・・
つまり、霊性のある水晶ということ。
自分が本当に求めているものは、高い霊性を持つ水晶。
人の霊性を高めてくれる水晶。

それは、結局のところヒマラヤ水晶。
何と言ってもヒマラヤ水晶。
そのヒマラヤ水晶のなかでも最高クラスのもの。
それが自分が求めているもの。

そのほとんどは、最初の店で買えた。
他にもクオリティの高いものが買えた。
今回は、これまでのミネラルショーで最高の買い物ができたと思う。
行く度に良いものが買えるようになっている。

上京する度に、自宅にはクオリティの高い水晶が増えている。
それは、商売という感じではない。
まったくの趣味?
いや、趣味と言うより・・・

今生の目的を果たすために必要なものという感じ。
自分の霊性を維持し、高めてくれる存在たち。
自分にとって水晶は、それほどの価値がある。
今の自分自身を支えてくれているもの。

今度で6回ミネラルショーに行った。
でも、まだ続きそう。
行けば、間違いなくすばらしい水晶に出会える。
それは、超魅力的。

今回も、新しい水晶が発見されていた。
それは、ブルーのシラーが出る水晶。
まるでブルームーンストーンのよう。
その名は・・・

天使の水晶。
天使の梯子(はしご)のようなエネルギーがあるらしい。
それを着けたスタッフの感想は、天使たちの世界にいるような気分になれるとのこと。
これは1年間かけて調べてもらって、新しい水晶と認定されたもの。

そのペンダントトップを1個だけ買ってきた。
それは、発見した人から直接購入したもの。
どこで採れたのかは、教えてくれなかった。
前回発見したレインボー水晶で、苦い思いをしたらしい。

発見場所を公表したら、たくさんの人が押しかけたらしい。
劣悪なものまで出回り、遂には偽物まで出たとか。
そういうことがあるので、今回は秘密のままにするとのこと。
まあ、その方がいいだろう。

他にも水晶にまつわるこぼれ話を聞くことができた。
マダガスカルに鉱物を求めに行った中国人が、何人も帰ってこないとか。
世界中の石に関わる情報が入ってくる。
行く度に知り合いの業者が増えているので、だんだんプロらしくなりつつある。

まだまだ未熟だけれども、これからもミネラルショー通いが続きそう。
また来年の6月には、霊性の高い水晶を求めて上京することになるだろう。
2012年は、新しい水晶のサイトをオープンする。
きっと新しい展開が待っていることだろう。


『心から 求めるものは 霊性を 高めてくれる 真の水晶』


これが日記を書き始めて2534日目の心境。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。