記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2540日目 - アセンション


ぴあのさんからメールが届きました。
アセンションの夢を見たそうです。
以下、全文です。

-----------------------------------------------


昨夜は、アセンションの夢?を見ました。
ストーリーがあったのですが、印象的なシーンだけ記憶に残っています。

私と息子と、たぶんタリバンもいたのかな、車でどこかへ向けて走っていました。
向こうの方に広い原っぱがある所で、車を降りました。

原っぱの真ん中に大きな光のサークルがありました。
サークルの縁は、眩い光が放射して立ち昇っていました。

私たちは、そのサークルに向かって走りました。
サークルのなかに入ったとき、間に合ったと、ふっと力が抜けました。
座り込んだ草の感触が何ともいえず、立ち昇る光とサークル内のエネルギーに完全に守られ、そしてすべてが浄化されたことを瞬時に感じました。

サークルは、アセンションスポットというか、次元上昇サークルというか、そういう感じでした。
こういうサークルがあるのだと、感じました。

以下の文は、このメールを打ちながら、ふと、「どこにあるんだろう?」と思ったので、水晶さんの力を借りてビジョンを見てみたものです。

特に瞑想して見たのではなく、水晶さんを手に持ち目を瞑って、そのまますーっと見えてきたビジョンです。
水晶さんは、ゴールデンヒーラーです。

場所というのは、どこかのエネルギー場です。
それは、ただエネルギー場にいるだけでもだめで、そのエネルギー場全体の隅々まで自分の意識が広がった時に、突然その姿を現すもの。
隅々まで意識が広がるといっても、面積的なものでもなくて・・・

エネルギー場も、無数の光の粒子がひとつの場を作りあげていて、その光の粒子と自分の内の光の粒子が完全に調和してひとつになった時に、そのエネルギー場の中心が見える、というか、感知される。
そこが、エネルギー場内の更なるエネルギースポット。
(そのビジョンが、見えています。すごく神秘的できれいです)

中心を見つけるまで、光の波動を細やかにエネルギー場に合わせて行くこと。
それはとても繊細で綿密で、かなり自分をクリアーにする必要があること。
ただ、エネルギー場に繋がっているだけではだめということ。
中心の、光を発しているその源にまで繋がること。

細やかに、細やかに、光の粒子を細やかにしていくこと。
粗い粒子をふるい落としていくこと。
完全にエネルギー場の細やかな粒子に同化するまで、自分の意識を見つめて、クリアーにクリアーにしていくこと。

そのようなビジョンがメッセージになって見えてきました。
ビジョンも書きたいのですが、書いているとまた長くなるので・・・。

毎晩、アーカンソーのイシスさんと、ゴールデンヒーラーさんと寝ています。
水晶を手に持ち、目を瞑ると様々な光が見えます。
昨夜は、ゴールデンヒーラーさんを手に持ち、目を瞑ると、とたんに大きな光の十字架が見えてきました。

光を放射して、それは見事な光の十字架でした。
圧倒されるほどの存在感でした。
その十字架を見ながら、眠りにつきました。

-----------------------------------------------

アセンションとは、自分の意識が精妙になることです。
意識が繊細で緻密になることが、アセンションです。
注意深く生きないと、真の意味での意識のシフトは起きません。
外側の変化に関心が向くと、置いてきぼりになります。

あくまで問題は、自分の意識です。
いかに意識を精妙にするか。
いかに繊細にするか。
いかに波動を上げていくか。

それには、日々、注意深く生きることです。
アバウトでは、意識は精妙にはなりません。
こまやかに、こまやかに見ていく必要があります。
自分の意識の歪みや偏りを理解することです。

アンバランスに気づき、修正することです。
不自然さに気づいて、自然な状態に戻すことです。
スーッと抵抗なく流れているのが、最も自然な状態です。
次々と引っかかるようでは、波動はガタ落ちです。

意識が精妙になれば、いろんなことに引っかかることはなくなります。
引っかかったり抵抗を覚えるのは、自分のなかに同質のものがあるからです。
自分のなかに歪みや偏りが残っているということです。
そういうものを修正する必要があります。

修正するというより、手放すという感じでしょうか。
気づいて、手放す。
歪みを外す。
偏りをなくす感じです。

人類の意識は、かなり精妙になりつつあります。
但し、すべての人がではありません。
まだ一部の人に限られています。
とりあえずは、自分自身の意識を更に精妙にすることですね。

それが最も周りに貢献する道です。
精妙な波動は、周りにも自然に影響を与えます。
それは、波紋のように広がっていくのです。
あくまで中心には、自分自身がいる必要があります。

心身共に精妙に光化していくことです。
やがて瞬時に脱皮する時が来るでしょう。
それは、日々近づいている感じです。
来年は、更に一気に光が増してきます。

光の時代は、もう目の前です。
2012年は、希望の光の年です。
明るさが充ち満ちています。
光の時代の始まりです。


『精妙な 意識の先に アセンション 抵抗なしに 透き通るのみ』


これが日記を書き始めて2540日目の心境。





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。