記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2569日目 - 子育て


今日の屋久島は、雨になっている。
冬場は、雨の多い屋久島。
ほとんど裏日本の天気。
でも、雪は降らない。

今日の『屋久島ナチュラルヒーリング』のHPには、巨大なヒマラヤ水晶が登場している。
それだけでなく、パキスタンの69個のヒマラヤ水晶たちの写真もある。
ここのところ日記に書いていたもの。
一見の価値はあるかも・・・

水晶だけでなく、ブレスレットの感想も届いている。
久しぶりに作った陰陽ブレス。
なかなかよくできた。
十分に満足してもらえた様子。

--------------------------------------------------

昨日、無事にブレス受け取りました☆
封を開ける前からすごくワクワクして、心がすごくうれしくて、開けるのがもったいなくて、しばらくそのままで楽しみました。

開けてびっくり。
見本とはかなり雰囲気が違って、白や赤やピンクもあり、とても胸がキューとなって、うれしさと幸せと、作って下さった感謝の気持ちでいっぱいになりました。

こんな素敵なブレスを作れるなんて、Kimiさん本当にすごいです。
不思議な事に、私の持っていた他のブレス達もすごく輝いて見えました。
光がすごく満ちていました。

昨夜はさっそく着けて寝たのですが、すごく変な夢をたくさん見ました。
でも普段なら人とふれあうと気分が悪くなったり、ひどく疲れたりしていたのですが、昨日はうれしい気持ちの方が強く、いろんな人に会ったにも関わらず、自分を保てたような気がしました。
これからの浄化が楽しみです。

子供達とも、おかげ様で落ち着いた良い関係を保ちつつあります。
確信はないけど、これが愛なのかな、と少しわかったような気がします。
☆彡

Kimiさん(といつも勝手に呼ばせていただいてますが)、とネット上とはいえ巡り合えた事に本当に感謝します。
いろいろとありがとうございました。
今年もKimiさんにとって素敵な一年となりますように、心からお祈りしています。
ありがとうございました。

いつか、子供達とも一緒に屋久島へも行ってみたいです。
とっても素敵なのでしょうね・・・

いつか、私もKimiさんのように、全てを解放して生きられたらいいなぁ。
Kimiさん本当に感謝します。
ありがとうございました。

--------------------------------------------------

実は、この方には子育ての悩みがあった。
最初のメールに、そのことが書かれていた。

--------------------------------------------------

こんにちは。
以前、独身の頃にKimiさんの日記を読ませていただいていた者です。
結婚して子供ができてからはしばらく遠のいていて、今年になってから、ハッと気付き、また見させていただきました。
毎日楽しみに読んでいた自分自身がとても懐かしく、心が震え、泣きたい気持ちでいっぱいになりました。

光の時代、もう突入しているのだと思います。
でも私自身、まだまだ古い感情や思考の塊から自由になれず、苦しいです。
今いる自分の状況、ー子育てーがとても辛いです。

ブレスレットを注文させてもらって、少しでも自分の中に光を、変化を感じられたらと思いました。
どうぞよろしくお願いします。

--------------------------------------------------

このメールに対して、こちらから送った返事。

--------------------------------------------------

陰陽ブレスのリクエストありがとうございます。

(中略)

子育てに関しては、天からの預かりものと思って大切に育てることですね。
自分の子供だと思うと、なかなか大変でしょう。
少し距離を置いて、客観的に自分と子供を見守ったらいかがでしょうか。

子育ては、本当は親育てなのですよ。
子育てを通して、親も育っていくのです。
子供に育てられるのですよ。

自分が面倒をみて育ててあげていると思っていると、きついでしょう。
子供は、自分で育つんです。
そのお手伝いをしているだけですね。

子育てを通して、いろいろ学んでいると思うことですね。
本当に子供に育てられますよ。
特に今の子供たちは、波動の高い子が多いですから。
普通は、親よりも高いものです。

天使だと思って育ててください。
では、よろしくお願いします。

--------------------------------------------------

このメールを出して、しばらく後に届いたメール。

--------------------------------------------------

こんにちは♪
先週Kimiさんからメールをいただいてから、とても調子が良いです。
地に足が着いたような、子育てに対しての葛藤がなくなり、子供達に対しても不思議とゆったりと接する事ができています。
Kimiさんのパワーでしょうか?

まだアメリカで学生をしていた頃にKimiさんのサイトに出会い、就職をした後も毎日かかさず見ていました。
もう何年も前の話ですが・・・

あの頃は日々生きるのに本当に精一杯で、(人対して常にびくびくし、自分の価値なんてわからず)、ハートベースでゆったりと生きるKimiさんのブログに随分と励まされました。
こうして時を経て、また励まされ、勇気づけられ、Kimiさんは灯台の光のようだと思いました。

勝手な事をたくさん書いてしまってごめんなさい。
ブレスレット楽しみです。
心境の変化をご報告させて貰おうと思い、メールさせていただきました。
お忙しい所ごめんなさい。
読んで下さってありがとうございました。

--------------------------------------------------

このメールをもらった日に、陰陽ブレスは完成していた。
オーダーブレスは、オーダーした時点からエネルギーが働き出す。
完成する前には、ひと働きしていることも多い。
このメールに対する返事。

--------------------------------------------------

メールありがとうございます。
メールをいただいた日に、ちょうど陰陽ブレスが完成しました。
なかなか良いできですよ。

今朝、レターパックで発送しました。
そちらに到着するのは、明後日ぐらいでしょうか。

子育てが楽になってよかったですね。
こちらも嬉しいです。
まあ、ゆっくり子育てを味わって、楽しんでください。

何よりも子供が持つ育つ力を信頼することですよ。
周りは、あくまでそのお手伝いですから。
最高の環境を用意してあげるだけですね。
そう考えると楽でしょう。

それでは、また。

--------------------------------------------------

子供を育てることは、並大抵のことではない。
山あり谷あり、思わぬハプニングも待っている。
しかし、そのなかで大切なことは・・・
自分で育てようとしないこと。

なに?
母親が育てないで、誰が育てるの?
さて・・・
では、質問だが・・・

母親は、子供を1センチでも1グラムでも大きくすることができるだろうか。
いくら手足を引っ張っても、子供は大きくならない。
子供は、自分で大きくなるもの。
母親が大きくするのではない。

子供は、自分で育つ。
それが、いのちというもの。
それを母親が自分が育てていると思うから苦しくなる。
責任が重たく肩にのしかかり、義務感も生じる。

ところが、実際は子供は自分で育つ。
親は、それをサポートするだけ。
最も育ちやすい環境を整えてあげるだけ。
子供は、自分のものにあらず!

子供は、天からの預かりもの。
ところが・・・
多くの母親は、自分が育てていると勘違いしている。
そうなると苦しい。

責任感や義務感。
挙げ句の果ては、面倒を見てあげているという支配欲まで出てくる。
そのうちに『自分の子供』という所有物になってしまう。
自分の思うとおりに育てようとする。

もちろん、子供は自分の思うとおりになどならない。
そこで葛藤が生じる。
自分の子育てに自信を失う。
悩み苦しみの人生となる。

それは、自分が、自分がということが強すぎるから。
それは、自我の生に似ている。
自分、自分、自分・・・
それが、自我の生。

自分で何でもやろうとすると、人生は苦しくなる。
自然にまかせると、人生は楽になる。
子供の育つ力を信頼すると、楽に子育てができる。
自分で何でもやろうとすると、疲れ果ててしまう。

宇宙と共に生きることだろうか。
子供と共に生きることだろうか。
子供を所有しない。
子供を支配しない。

対等のパートナーとして生きる。
一人の人間として認める。
一緒に共に生きる仲間として扱う。
けっして見下さない。

子供の育つ力を信頼し、子供と共に生きる。
そうすれば、子供に余計なプレッシャーをかけることもない。
こうあってほしいとか、こうあるべきと押しつけることもない。
子供の個性を信頼するだけ。

それは、人生全般についても言える。
何でも自分でやろうとするのは、宇宙を信頼していないから。
自我とは、孤独な個。
宇宙から分離した個。

だから、何でも自分でやろうとする。
宇宙とのつながりは断たれている。
孤独で寂しい生。
もうそういう時代ではない。

宇宙と共に生きる。
いのちと共に生きる。
周りの人たちと一緒に生きる。
もたれ合うのではなく、ゆるやかに連帯しながら生きる。

子供との関係においても同じことが言える。
支配と服従の関係をつくらない。
所有したり所有されたりしない。
お互いを尊重する。

小さな赤ちゃんでさえ、その個性を尊重するしかない。
どんなに小さくても1個の独立した人格。
魂は別。
バツクには、偉大な魂が控えている。

子供の意向を尊重する。
子供の生きる力を伸ばす。
子供が生きようとする方向へ後押ししてあげる。
冷静に客観的に子供と自分を見守る。

共に生きることだろうか。
子供とも家族とも。
いや、周りのすべての人と。
地球人類と。

支配と服従の関係は、既に終了している。
物や人を所有するという概念さえ、もう終わりに近づいている。
すべては、ひととき一緒にいるだけ。
その一瞬一瞬を大切に生きるしかない。


『大切な ことは子供を 支配せず 子供と共に 生きるスタンス』

『子育ては 花を育てる ようなもの 個性の花の 咲くを楽しむ』

『刻々に 子供は花を 咲かせてる その表情が 個性という花』


これが日記を書き始めて2569日目の心境。
関連記事

コメント

こんにちは

自分も両親からの支配という共依存関係に長年苦しみましたが、感情的にもだいぶスッキリし、内面のバランスも整いつつあるのでそろそろ次のステージに行けそうな予感がしています。

自我や恐れに基づいた人生も終わり、宇宙を信頼して委ねる時が来ているようです。

Kimiさんも家族関係やその生い立ちにおいていろいろご苦労があったのですかね。氣になるところです。

個育ての先に

おおいなる いのちのなかで

個育て 育自

ひかりの 産霊に つつまれて

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。