記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2576日目 - 天より届く地上の宝


ここのところ一日おきに水晶の写真を撮っている。
最近は、水晶を手に持って撮影することが多い。
手に持つと、いろんな角度から自由に撮れる。
写真に写る指が、うら若き女性の指であればいいのだが・・・

水晶について、ぴあのさんからメールが届いた。

-----------------------------------------------

昨日、うとうとしていたら、また美しい光を見ました。
それはそれはきれいでした。
あんなにきれいな光があるなんて。
いくつもいくつも光を見ますが、きっと無限にあるんですね。

昨日の光は、水晶が微粒子になったような映像がビジョンいっぱいに広がって、その微粒子の一粒一粒が輝いているものだから、それはもう、すばらしくきれいで・・・。

そして、あちらこちらで、小さな光が一際大きくキラキラと輝きます。
その眩い光・・・。
水晶の微粒子の細やかさと同時に、そのビジョンの波動の細やかさがリンクするように伝わってきます。
その波動を感じているだけで、私のすべてのボディが喜んでいるのが感じられました。

光はそれだけではありません。
とても細かな小さな虹色の光が、白くキラキラ光る映像を彩るように、あちらこちらで点滅します。
その繊細さと言ったら、どう表現していいのかわかりません。

虹色の光は、この世では到底見ることのできない、やさしく慈愛に満ちた色をしていました。
あんな美しい色があるなんて!

あまりきれいなので、ぼんやり見ることができず、何度もこちらに意識が戻ってきそうになりました。
でも、ずっと見ていたくて、そのたびまた意識をあちら側に戻して・・・
そのうち、眠ってしまっていました。

起きてからも、きれいだったなあって、あのビジョンが頭から離れません。
そういえばあのキラキラ、お正月に届いたヒマラヤ水晶の繊細なキラキラにとても似ていたかも。
そういえば、あの虹色の光、私の魂ブレスの光かも。

いつも、ヒマラヤ水晶のクラスターの上に魂ブレスを置いてるんです。
それで・・・
それであのようなビジョンを見たのかしら。
きっとそう。
そんな気がします。

この世で形となって存在している水晶は、違う次元では光としてあるのでしょうか。
そんなことを思いました。

-----------------------------------------------

水晶は、光の結晶。
それは、間違いない。
しかし、それは水晶に限らず、すべてのものについて言えること。
元を辿れば、すべて光。

水晶の原型がある気がする。
最初は、ビジョンのようなものだろうか。
こんな水晶を創りたいというビジョン。
そのビジョンがベースとなって、光で水晶の原型が創られる。

水晶係の天使たちがいるのかもしれない。
より美しく結晶させるには、どうしたらいいか。
日夜研究に励んでいるのかもしれない。
別の天使は、新しい水晶の研究をしているかもしれない。

新米の天使は、失敗作の水晶を創るかもしれない。
ベテランになると、難しいものに挑戦する。
たとえば、ゴールドルチルクォーツとか。
ファントムクォーツも、途中で成長を止めたりする必要があるので新人には無理。

超ベテランになると、ファントムに色を付けたりもできる。
更に研究熱心な天使は、カテドラルクォーツを創ることさえできる。
但し、これを創るには2000年ぐらいかかる。
だから、2000年おきの時代の変わり目にカテドラルクォーツは出現する。

ピンク色の花のような水晶を創るのは、若い天使だろうか。
緑色の木々のような水晶は、自然が好きな天使の作だろうか。
スモーキークオーツになると、引き締まった天使が創っているのかもしれない。
ゴールデンヒーラーは、きらびやかな天使だろうか。

水晶は、自然にできたもの?
放射線で偶然色が付いただけ?
そうだろうか。
宇宙に偶然があるだろうか。

水晶は、アートではないだろうか。
水晶好きの天使たちのアート。
日夜創意工夫した芸術作品。
それが水晶の真の姿ではないだろうか。

これまで何千個も水晶を手にしてきたが、まだ飽きない。
ますます興味が募るだけ。
水晶は、世界中にある。
魅力的なすばらしい水晶を見てみたいと思う。

まだまだ水晶ライフは続く。
天使たちの手塩にかけた傑作を見てみたい。
たぶん、これからもどんどん新しい水晶が出てくる。
水晶の時代にふさわしい、すばらしい水晶たちが出てくるに違いない。

縁のある水晶は、屋久島にやって来る。
屋久島経由で全国に散らばる。
その数は、毎年増えている。
今年は、それが飛躍的に増えるだろう。

すばらしい水晶たちを見る楽しみ。
天使たちの傑作を愛でる喜び。
次々と個性的なものが届く。
写真に撮る度に感動する。

水晶は、光の結晶。
天使たちの愛の結晶。
地上に光を振りまくための天使のアート。
天から届く地上の宝。


『水晶が 好きな天使が 水晶を 光で創る 水晶アート』

『新米の 天使水晶 落っことし トップが欠けた 水晶できる』

『水晶は 天使のアート 水晶は 天より届く 地上の宝』


これが日記を書き始めて2576日目の心境。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。