記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2582日目 - アンデシン


今日も屋久島は雨が降っている。
雨が降らない日はないのではないの?
と思うくらい、よく雨が降る。
そのため、水晶の浄化には行けない。

浄化してもらうために里帰りしているブレスレットが、たくさんある。
夏場であれば、数日で浄化できる。
しかし、冬場はなかなか晴れないので、簡単にはいかない。
もう10日以上自宅待機しているブレスレットもいる。

しかし、ここにいれば、それだけでもきれいになる。
なにしろ自宅には800個からの水晶がある。
kimi水晶神殿は、健在。
すばらしい水晶たちが並んでいる。

今日の屋久島ナチュラルヒーリングのトップ写真は、オーダーブレス。
これは、交通事故で緊急入院したお父さんのために息子さんが依頼されたもの。
最初は意識不明の状態が続き、明日をも知れぬ状況だった。
その後、やっと意識は戻ったが、まだ自分の息子を認知できない。

いつあの世に旅立ってもおかしくない状態なので、それにふさわしいブレスレットを作ってほしいと頼まれた。
最初に思いついたのは、スモーキークォーツとラブラドライトを組み合わせたブレス。
しかし、これは構想だけで終わってしまった。
その後、いろいろ思案していた。

しばらくして、ふと気づいた。
これだと思った。
それは、アンデシン。
チベットの聖なる石。

普段は、チベットの大地のような赤茶けた色をしている。
ところが、光が当たると、透明感のある黄緑色に変身する。
まさにこの世とあの世とをつなぐ石。
それがチベットで聖なる石と呼ばれる所以(ゆえん)ではないだろうか。

それは、『チベットの死者の書』を連想させる。
チベットに伝わる死後の世界を紹介した本。
この世を終えた後の世界を理解するのに役に立つ。
そのエネルギーと似ている。

いつあの世に旅立つかわからないような人には、うってつけの石。
そういうメールを息子さんに送った。
すると、しばらく考えさせてほしいという返事が返ってきた。
さて、何を考えるというのだろうか・・・

しばらくして、また彼からメールが届いた。
そこには、ブレスレットのデザインが添付されていた。
それは、アンデシンをベースにして、スギライトとゴールドルチルとヒマラヤ水晶を加えたものだった。
見た瞬間、その美しさに驚いた。

実は、彼はグラフィックデザイナー。
出版関係のデザインを長くフリーでやっている。
東京時代からの知り合い。
ミネラルショーで上京した際には、会場で会ったりもした。

これまでにも、たくさんのブレスレットやクラスターを送っている。
そのなかには、スギライトもゴールドルチルもヒマラヤ水晶もあった。
だから、石の性質を熟知した上でのデザイン。
その上、お父さんの性質まで理解している。

そういう人が作れば、間違いはない。
後は、サイズに合ったデザイン通りのブレスレットができるかどうか。
自宅にあるスギライトとゴールドルチルとヒマラヤ水晶を調べる。
このデザインとお父さんに合うような石を選ぶ。

すぐに組み立てて、サイズを調整する。
意外とうまくいった。
スギライトもゴールドルチルも、とても美しいものがあった。
できあがりもすばらしい。

それを写真に撮ってメールで送る。
彼は、とても喜んでくれた。
次のようなメールが届いた。

--------------------------------------------------

ありがとうございます。
これは・・・凄いです!!!!!!
画像を見て、思わずぶるぶる震えちゃいましたよ~!!!

自画自賛ですが、父のエネルギーにピッタリ。
違和感無し。
感激です!

しかし、仕事が速い!
何なんすか?
このスピードは。

「ありがとうございます」以上の気持ちです。
お礼の言葉もございません。

--------------------------------------------------

たまに難しいオーダーがきて、できあがったものを写真に撮って送ったりもする。
以前の日記に登場した夢で見たブレスレットなど。
普通は、開けてびっくりブレスレット!
事前に写真を送ることはなく、直に実物を見てもらう。

最近もコンスタントにオーダーブレスの依頼が来ている。
屋久島ライトクリスタルの方は、できたてなのでオーダーは少ない。
その分をオーダーブレスがカバーしてくれている。
それやこれやで、ここのところよく水晶やブレスレットが旅立っていく。

ガイドの方はシーズンオフだが、水晶屋とブレスレット屋で生活できている。
なんとかなっていくもの。
水晶漬け、ブレスレット漬けの日々。
好きなものなので不満はない。

面白いことに、このブレスレットを発送した翌日、屋久島ライトクリスタルに出ていたアンデシンも売れてしまった。
アンデシンに意識が向いたので、アンデシンが活性化したのだろうか。
在庫がなくなったので、また新しい連をオーダーした。
これでアンデシンは、3連目。

あまり見かけない石。
卸屋さんでも置いてあるのは、一店だけ。
そんなに売れないようで、オーダーするといつも在庫がある。
安くはないが、特別な石。

このオーダーブレスは、棺桶まで着けていけるだろう。
あの世の旅の道案内になる。
最高の親孝行かもしれない。
生きているうちに親孝行はしておいた方がいい。

日々、水晶やブレスレットを見て生活している。
創作したり、写真を撮ったり、解説文を書いたり・・・
なかなか忙しい。
でも、届いたものが喜ばれて、嬉しい日々でもある。


『人の世と あの世をつなぐ アンデシン 死にゆく人の よき道標(みちしるべ)』


これが日記を書き始めて2582日目の心境。





関連記事

コメント

Re:2582日目 - アンデシン

ご自分でデザインできると
素敵ですね
お父さまの心と魂が
安まりますよう
お祈りいたします

アンデシン

昨年、kimiさんからアンデシンのブレスレットを譲って頂きました。
私にとって、特別なブレスレットです。
珠のなかにチベットの乾いた赤い土と、
その補色(反対色)の緑が共存しています。
陰と陽ですね。
珠を覗きこむとチベットの大地が広がり、
そこに惹き込まれていきます。

ご自身で他の石と組み合わせるなんて、とても素敵なアイデア。
お父様は幸せですね。

ありがとうございます

風さん、ちえさん、そしてkimiさま
ありがとうございます。
父は日によっては私のことを認識できるようになりました。
ブレスを考えるのは楽しいですよ。
個人的にはアンデシンに2012年を感じます。
かなり強力な石ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。