記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2584日目 - 子育てと人間関係


朝から雨が降っていた屋久島。
しかし、昼頃には太陽が出てきた。
久しぶりの太陽。
明日は晴の予報なので、水晶の浄化に行けそう。

朝からブレスレットを作った。
新しいものを2個作り、2個をリサイズした。
1個は、可愛い愛のブレス。
なんと3歳用。

内周は、11センチ。
小さいのなんの・・・
これまでで一番小さなブレスレット。
これには訳が・・・

まず最初にお母さんが愛のブレスをオーダー。
それを見た3歳の娘が気に入ってしまって手放さない。
困ったお母さんが、娘用の愛のブレスをオーダーしたという訳。
なんとも贅沢な話。

いや、3歳から愛のブレスをしたら・・・
きっと愛深い女の子に育つことだろう。
これは贅沢ではなくて、最高のお金の使い方かもしれない。
愛深い女性に育つ以上のことがあるだろうか。

小さな子は、すぐ大きくなる。
でも、大丈夫。
つなぎに使っている小さな水晶を足してけば、いくらでも大きくできる。
大人になるまで継ぎ足していけばいい。

基本の石は、大人と同じものを使っている。
インカローズ、モルガナイト、クンツァイト、ローズクオーツ・・・
すべて8ミリの最高クオリティ。
内周を調整するためにクリアークオーツのつなぎを使う。

そのつなぎを調整すれば、3歳から大人まで使える。
リサイズする度に再浄化してゴムを取り換えるので、かなりの期間は使えるだろう。
どのくらい使えるかは、使い方しだい。
石が傷つかなければ、ずっと使えるのだが・・・

リサイズした2個は、この子のお母さんのもの。
愛のブレスと陰陽ブレス。
手首のサイズを2センチも間違えて、ブカブカらしい。
自分の手首なのに間違える人が多くて・・・

2センチを調整するのは、ミリ単位の仕事。
これがなかなか骨が折れる。
新しく作った方が楽なくらい。
まあ、リサイズは、みんな大変なのだが・・・

残りの1個は、24歳の娘のためにお母さんがオーダーされたもの。
心を落ち着かせるブレスレットにしてほしいとのこと。
この娘さんは、今は鬱状態で働けないらしい。
一人娘なので、子供の頃から型にはめて育ててしまったとか。

この娘さんは、自由に伸び伸びと育ちたかった人。
それが抑えられたために、横にそれてしまった感じ。
本来なら真っ直ぐに伸びる芽が、斜めに歪んで伸びてしまった。
これを真っ直ぐに戻すのは、なかなか大変。

小さい頃の育て方というのが、後々尾を引く。
その子の性質を見極めないと、とんでもないことになる。
このように育てたいと親が望むと、無理が生じる。
子供をよく観察して、子供に添って育てるしかない。

子供の伸びようとするいのちを伸ばしてあげるのが、親の勤め。
親の望む方向へ子供を導くのが、親の仕事ではない。
子供が育つ方向をバツクアップしてあげるのが、親の役割。
主客が、逆。

子供を育てる時は、よくよく子供を観察して、子供に添って育ててほしい。
子供は、一人一人異なる。
持って生まれたものも、生きる方向性も。
それを一律に親の望むようにしようとすると、子供が歪んでしまう。

子供ベースで子育てするしかない。
子供が、主役。
親は、脇役。
けっして監督ではない。

この娘さんのブレスレットは、カイヤナイトを多用した。
深いブルーの質の高いカイヤナイト。
これは、彼女自身の中にあるブルー。
他の石でもいいのだが・・・

スモーキークオーツやクリソプレーズは、心を落ち着かせる効果がある。
しかし、それらは彼女の中にはなかった。
ないものを外から持ってくると・・・
一時的には落ち着くが、長続きはしない。

それは、子供の観察をしない子育てと同じ。
その人に合ったものを用いないと、無理強いになってしまう。
子供の頃に無理強いされ、大人になってからも無理強いされたのでは、立つ瀬がない。
今の本人を深く理解するしかない。

今の本人に合ったものを提示するしかない。
そうでなければ、また別の鋳型にはめようとして苦しめるだけ。
あくまで主人公は、本人。
周りの望むとおりにはできない。

本人の人生。
本人が望むように生きさせてあげるしかない。
周りにいる人ができることは、それをバックアップしてあげることだけ。
あくまで本人が主役。

これは、子育てに限らない。
人間関係全般について言えること。
自分を押しつけない。
相手を理解する。

それが、人間関係の基本。
大原則。
それさえできれば、人間関係はスムーズにいく。
相手を理解して、誠実に対応するだけ。

ブレスレットだけで、どうこうできるものではない。
ただ、一助にはなるだろう。
その人のために作られたブレスレット。
その人を深く理解して作られたブレスレットだから・・・

水晶屋と共にブレスレット屋も、まあまあ繁盛している。
今のところは、水晶屋とブレスレット屋で生活できている。
ガイド屋は、ヒマ。
シーズンオフということもあるが、開店休業状態。

ガイド屋も、そろそろリニューアルの時期だろうか。
ニューバージョンで売り出した方がいいのかもしれない。
でも、今は水晶屋がリニューアルしたばかりなので、そこまで手が回らない。
いろいろやることが天こ盛り。

ブレスレットを作りながら、新しい水晶のアップ。
これが、最近のパターン。
ガイドの仕事がなくても、飽きることはない。
日記も書く必要があるし・・・


『子育ての 基本はその子 本人が 教えてくれる 観察すれば』

『観察し その子自身を 理解して その子に添って 育てるしかない』

『子育てと 人間関係 同じこと 相手理解し 共に生きゆく』


これが日記を書き始めて2584日目の心境。



関連記事

コメント

Re:2584日目 - 子育てと人間関係

信じ、許し、待つこと
温かく見守るひとの
存在、愛そのものが
真に大きなもの
なのでしょうね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。