記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2599日目 - 見守りとは


昨日は、強風が吹いた。
そして、暖かかった。
今日も、強風が吹いている。
しかも、昨日に増して暖かい。

昨日が、春一番。
今日が、春二番ではないだろうか。
朝から天気がいいので、水晶の浄化に行く。
と言っても、持っていったのはブレスレット。

浄化する必要があるのは、里帰りしている1個だけ。
しかし、それだけではもったいないので、自宅にある三分の一ぐらいを持っていく。
それに、隣の女医さんのブレスの全て。
酷使されているので、浄化してあげないと可愛そう。

まず郵便局へ行って、ブレスレットとクラスターを発送。
そのままいつもの海岸へ。
リンゴ椿の赤い花が、たくさん散っていた。
海は満潮に近く、潮に勢いがあった。

海水は、思ったより冷たかった。
逆に、川の水は、それほど冷たくはなかった。
これなら、ゆっくり浄化できる。
しかし、ブレスレットは、そんなに時間はかからない。

1本1本を手でこすって浄化。
そのまま川に浸けておいて、隣の海岸へ。
隣は、砂浜。
久しぶりに裸足になって砂浜を歩く。

これが最高に気持ちがいい。
砂は、パウダーのように繊細。
屋久島では、最高の砂かも。
自宅から5分のところに最高の砂浜がある。

太陽は出ているが、もやっていて種子島は見えない。
海水は、澄んでいた。
砂浜には犬の散歩の跡があった。
誰も歩いていないところを選んで歩く。

奥の方は砂がなくなって、大きな石ころだけになっていた。
途中でUターン。
風があるが、まったく寒くはない。
小春日和。

川に戻ると、ブレスレットを入れた2個のザルはそのままだった。
時価100万円ぐらいはするのではないだろうか。
しかし、誰もいないので、なくなる心配もない。
人口密度が低いのはいい。

昨日の日記に対して、いろいろ質問があった。
見守ろうとするが、見守りがわからない。
気がつくと、見守りを忘れている。
慈愛のエネルギーなんか、自分にはほど遠い。

見守りとは、何だろうか。
それは、意識的にやるものだろうか。
それとも、意識的にはできないものだろうか。
慈愛のエネルギーは、意識的に出せるものだろうか。

慈愛のエネルギーは、自然に出るもの。
そうであれば、見守りも自然なものに違いない。
では、どうやれば自然にできるようになるのだろうか。
実は・・・

それについては、方法論はない。
どうすれば見守れるかというノウハウはない。
ただ見守りの必要性を深く自覚して、そうしようと決意するだけ。
自分自身が深く決めれば、自然に見守れるようになっていく。

見守りは、自我ではない。
自我を見守るのが、見守り。
自我がいくらジタバタしても見守ることはできない。
それでは、本末転倒。

自我は、自我でいい。
それを見守る意識は、もっと大きな意識。
自我を包み込む意識。
自我を超えて働く意識。

見守りの意識は、気づきから始まり、どんどん膨らんでいく。
それは、魂意識さえも超えていく。
そこに広がるのは、限りない慈愛の世界。
思考を超えた意識領域。

そういう意識を一気に自覚することはできない。
そういう意識は、徐々に表面意識に浸透してくる。
表面意識にできることは、浸透しやすい環境を準備することだけ。
見守りの必要性を深く理解して、そうしようと決意すること。

表面意識にできることは、そこまで。
後は、大きな意識にまかせるしかない。
そうすれば、表面意識を超えた意識が自然に働くようになる。
必要性を深く自覚すればするほど、それはどんどん浸透してくる。

とりあえずは、この日記を読み、見守りの必要性を繰り返し自覚することだろうか。
そうすることにより、見守りの意識が浸透する土壌ができる。
見守りの意識は、ゆっくりと確実に表面意識に浸透してくる。
やがて気づかないうちに見守っているようになる。

見守りも慈愛も自我を超えたもの。
意識的につくり出すことはできない。
意識的にできることは、それが実現しやすい環境を整えてあげることだけ。
そこから先は、別の次元。

あまり難しく考えることはない。
この日記を読み、見守ろうと深く決意する。
そうすれば、自然に見守りが始まる。
もちろん持続はしない。

最初から持続しなくてもいい。
見守っていないことに気づいたら、また見守ろうと決意する。
その繰り返し。
そうやって見守りの意識は、表面意識に浸透していく。

やがて意識しなくても自然に見守っているようになる。
そのうちに必ずそうなる。
なぜなら、そういう時代だから。
見守りのエネルギーが浸透してきている時代だから。


『見守りは 見守ることの 必要を 理解する時 自然に起きる』

『見守りの 必要深く 理解する ことが見守り スタートさせる』

『日記読む ことで見守る 必要を 理解する時 見守り起きる』

『見守りの 必要性を 理解して 見守ることを 決意するだけ』

『自我包み 自我を見守る 実態は 思考を超えた 意識存在』


これが日記を書き始めて2599日目の心境。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。