記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2610日目 - 今目の前の現実は


昨日の日記に対して、次のようなコメントが届きました。

--------------------------------------------------------------

最近気づいたことは、いわゆるネガティブな状態の時、恐れの状態の時は、それを‘誰かのせいにしている’、そしてそれを‘正当化しようとしている’自分がいるということです。

そしてそれが何であれ、静観していると、自分が創りだしていたものなんだと気がついて、それをただじっと感じていると、深い慈愛のエネルギーを感じます。

--------------------------------------------------------------

自分自身を見守ることができているようですね。
深い慈愛のエネルギーを感じるというのは、すばらしいですね。
そうなんです!
ただ一緒にいると、それは慈愛に変容するのです。

悲しみも、寂しさも、辛さも・・・
すべて慈愛に変わっていきます。
なぜなら、見守ること自体が慈愛のエネルギーそのものだからです。
見守りのエネルギーが、見守っている対象に浸透していくのです。

そして、すべてを慈愛で満たしていきます。
そのためには、逃げないことです。
どんなに苦しい状況でも、けっして逃げない。
一緒にいさえすれば、慈愛のエネルギーはやさしく包み込んでくれます。

慈愛のエネルギーは、個人的なものではありません。
それは、普遍的なものです。
個を超えた全体です。
そこには、個の分離はありません。

そういうエネルギーと共にあれば、満たされます。
不満は、消えてなくなるのです。
まさに安心立命ですね。
すべてに浸透しているエネルギーです・・・

今目の前に起きていることは、ベストのことなのです。
今の自分にとってベストのことが起きているのです。
そこから逃げないで真っ直ぐに対峙する時、人生は展開します。
どんどん可能性が開いていくのです。

日常生活のなかで、幼児期からの癖が出てくるでしょう。
それは、過去世からのパターンでもあります。
まだ自分が未消化な部分です。
自分が見たくないところですね。

そういうものは、縁に触れて出てきます。
それらが出てくる時に、逃げないことです。
出てきた時は、解決する時。
じっくり一緒にいて、その構造に気づくことです。

理解して、マスターしていくのです。
それを日々繰り返していれば、縺(もつ)れた糸がほぐれていきます。
難しいことではないのです。
解決する必要のあるものは、自然に出てくるのですから。

要は、そこから逃げないで真っ直ぐに見つめることができるかどうかということです。
現実逃避すれば、またいつか似たような状況が巡ってくるだけです。
いつまで逃げても同じことです。
問題が根本的に解決されるまでは、同じことの繰り返しです。

そうであるならば、早いところ片付けるに限ります。
同じことを繰り返しても、人生の無駄です。
それでは、せっかく生まれてきた甲斐がありません。
それには、逃げないで直視するしかないのです。

他人(ひと)のせいにしないことですね。
環境のせいにしない。
自分で責任をとる。
自分のなかの原因に気づく。

外に因を求めている限り、問題は解決しません。
因は、内にあります。
外は、あくまで縁でしかありません。
縁のせいにしても、因は温存されたままです。

縁をいくら変えても、因がそのままでは、いずれまた問題が起きます。
それは、対症療法です。
一時しのぎですね。
それが、今の時代の流行ですが・・・

現代医学は、対症療法です。
根本療法ではありません。
農薬や化学肥料を使う農業は、一時しのぎです。
目先の利益しか考えていません。

いのちの本質を忘れているのです。
自然の循環を無視しています。
そういうものが長続きするはずがありません。
そういうものばかり食べていれば、病気になるしかありません。

原因不明の病気は、増える一方です。
その症状を抑えるために新しい薬が開発されます。
それもまた対症療法です。
症状だけを抑えて、原因を無視しているからです。

悪循環ですね。
それが、今の社会体制です。
それは、社会が悪いからではありません。
政治家が無能だからでもありません。

無能なのは、国民の方なのです。
無能というより、無知でしょうか。
無知というより、現実逃避ですね。
臭いものには蓋をして生きる姿勢です。

物事を根本的に見ないスタンスです。
生きる姿勢が問われているのです。
目先のことだけで、人生の本質を無視しているのです。
それは、青春時代だけの思索に終わらせているのです。

すべてを根本から見直すしかありません。
自分の生き方を根底から問う必要があるのです。
そうでなければ、一時しのぎのまま人生が終わってしまいます。
対症療法人生です。

その原因は、目の前の現実から逃げていることにあります。
他人(ひと)や環境のせいにして、自分を守っているのです。
そうやって自己正当化している限り、人生は根本的には変わりません。
自分自身を見つめない限り、何度生まれ変わっても同じことの繰り返しです。

生き方を全面的に改める時です。
根底から変えるしかありません。
何かが根本からおかしいのです。
それが、今の時代です。

今の時代がおかしいということは、今の時代に生きている人がおかしいのです。
目先のことだけしか考えず、物事を本質的に捉えようとしないのです。
逃げないことです。
自分自身と一緒に居続けることです。

そうすれば、人生が変わります。
根本的に変わります。
根底から生き方が変わるのです。
真実の人生が始まります。


『目の前に 起きているのが ベストだと 思い定めて 逃げずに直視』

『目の前に 起きているのは 他あろう 自分自身の 内面(なか)の投影』

『目の前の 現実こそが 他ならぬ 自分自身の そのありのまま』

『気に入らぬ 現実ならば 変えるだけ 自分自身の 生き方変える』

『内にある ものを周りに 写し出し 眺め楽しむ それが人生』


これが日記を書き始めて2610日目の心境。
関連記事

コメント

こんにちは^^*

kimiさんの日記に取り上げて頂いて、光栄です^^

今日の日記も、どこを取っても、こころの奥深くでうなずくものばかりでした。

ただ自分に正直に生きられれば、それでもう十分です。
だって内側がつねに満たされているから。

これからも自分のすべてとともに生きていきます。

とてもシンプルなことが、なかなかできないでいました。
近すぎて見えない、というより、見ないふりをしていたのかも。。

Re:2610日目 - 今目の前の現実は(02/25)

いままで見て見ないふり、自分のこころを誤魔化してきたことが、くっきりはっきりと姿を現してきています。。

とにかく今は、自分を誤魔化さない、適当なところでケリをつけない。。
とことん向き合う。。
そうこころがけています。。

いまは、ほんとうに相手に原因を求めている最中ですが、それをトコトン味わったあとに、たぶん、自分を内省し静観できるようになると信じて、いまは自分の正直なこころに従っています。。

ここ数日の日記を読ませていただき涙が出てきました。。
読んで頭で理解できてもこころ深く理解できていないというか、いまのわたしには難題です。。(実践するにあたって。)

でも、こうやって日記を読んだことで、少しづつ生命に浸潤していき
あるとき、そうか!と、こころから納得できると思うんです。。
kimi日記には、そんなちからがあると思います。。
いえ、よいしょではなくて、わたしの体験からそう感じています。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。