記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2629日目 - 全体と共に


今日は、朝からさわやかに晴れている。
雄のカラフルなキジが、庭を散歩していた。
写真を撮ろうとしたが、すぐに草むらに隠れてしまう。
車で近づいても逃げないが、人が近づくとすぐに逃げる。

こちらは、昨夜から目が激痛。
やむなく水晶の浄化に行く。
持って行ったのは、昨日届いたビーズたち。
サンストーンやアンデシンやブルームーンストーンなど。

ゴールドルチルやスギライトなども買ったら、軽く20万円を超えてしまった。
水晶原石であれば20万円分と言えば、すごい量になる。
しかし、ビーズはほんのわずか。
その分、浄化は楽。

ビーズをまず海で浄化する。
海水は、そんなに冷たくはない。
しかし、川の水はまだ冷たい。
ビーズを入れたザルを川に置いて、こちらは隣の海岸へ。

隣の海岸は、砂浜。
裸足になって歩く。
目が痛い時は、これが一番。
ふかふかの砂の上を歩くと、この上なく気持ちがいい。

目の前に種子島が見える。
海の上には、大きな貨物船が浮かんでいる。
海は青く、波は白い。
砂浜の上に鳥の足跡があった。

自宅から車で5分のところに、美しい海岸がある。
透き通る川もある。
1時間も行けば、山も滝もある。
すばらしいところに住んでいる。

こんなに良いところに住んでいるのに、パソコンばかりしていてはもったいない。
もう少し自然のなかに入った方がいい。
これからは、それが楽にできる季節になる。
冬の間は、さすがに寒い。

ここのところ、ものすごくパソコンに弱くなっている。
正確に言うと、電磁波に弱くなっているのだろうか。
全身が微妙にしびれる感じ。
原因は・・・

心身が繊細になっているからだろうか。
車を運転していても、心ここにあらず。
なんとなくぼんやりしている。
もっとも、隣に人がいる時は別。

その人が、しっかりこの世に引き留めてくれる。
そういう意味では、ガイドに支障はない。
でも、一人で運転している時は心許ない。
半分ぐらいしかグランディングできていない感じ。

そうなると、当然、執着も減る。
元々それほど執着はないが、更にファジーになっている。
物質次元に対する囚われが、どんどん薄くなっている。
別に死ぬ感じはしない。

死ぬと言うより・・・
むしろ生死を超えるという感じ。
死というのは、生の対極としてある。
生に対する囚われが強いほど、死に対する囚われも強くなる。

生に対してそれほど囚われなくなると、死に対してもそれほどこだわらなくなる。
生も死もない。
時間もない。
永遠の今があるだけ。

その永遠の今のなかに、時間がある。
生死もあり、歴史もある。
成長や進化もある。
無限のなかに有限の宇宙がある。

空のなかに色がある。
色の世界は、変化の世界。
千変万化の形の世界。
時間をベースにした宇宙・人間ドラマの世界。

それはそれで面白い。
しかし、それにはまり込みすぎると、悲哀が生まれる。
執着すれば、苦しみが生じる。
ほどほどに楽しめば、人生も悪くない。

落ち着いて、ゆったりと生きることだろうか。
何事にものめり込みすぎないことだろうか。
のめり込みすぎると、視野狭窄になる。
そうすると全体が見えず、自分を見失う。

何をやるにしても、全体を見、自分を見る。
小さな世界にはまり込まない。
雄大な宇宙と共に生きる。
全体と共に個を生きる。

『全体と 共にゆったり 生きていく 時空を包み 歴史を包み』

これが日記を書き始めて2629日目の心境。
関連記事

コメント

ない という境地?

生もない、死もない
時間もない、空間もない
身体もない、心もない

ない、ない、ない…???

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。