記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2676日目 - 浄化暮らし


今日の屋久島は、曇。
山は、上の方が雲に覆われている。
しかし、落(おとす)の滝はしっかり見えている。
一昨日の豪雨で、まだ水量が多い。

今年三回目の三泊四日の旅が終わった。
今回の旅も充実していた。
屋久島一周、巨木の森、木霊の森、田代海岸、クリスタル岬・・・
天気にも恵まれ、飛行機に乗る直前まで屋久島を満喫できた。

こちらも巨木の森や木霊の森で体内の空気の入れ換えができた。
詰まっていたものが解放された。
自然の精気に触れる度に心身のなかに詰まっていたものが解放される。
それは・・・

日常生活のなかで詰まっていたものに限らない。
それらが解放されると共に、それ以上のものも解放されている感じ。
日々のパソコンによって、かなり詰まり気味になる。
それは、自然のなかで解放される。

ところが、解放はそのレベルを超える。
日常レベルを超えて、もっと根深いものまで解放されている感じがする。
どんどん自分自身が解放されている。
解放される度に自分自身が希薄になっていく。

色から空へ。
色の領域が減り、空の領域が増す。
何もない領域が増え、何かある領域が減る。
静かな領域が増え、騒がしい領域が減る。

自然に触れる度に心身共に自然に還っていく。
本来の自然なバランスを取り戻していく。
それには、誰もいない本当の自然に触れる必要がある。
観光地には、人の気が満ちている。

多くの人は、日常のエネルギーを屋久島まで持って来る。
そういう人たちと出会っても、心身の解放は起きない。
逆に日常レベルに引き戻されるだけ。
やはり誰もいない本当の大自然のなかに入らないと・・・

ここ数年は、ガイドブックに出ているようなところはガイドしていない。
誰もいないところにだけ案内している。
大自然と直接触れ合えるところ。
それが人を本来の状態に戻してくれる。

それでこそ、光のガイド。
エコガイドでも山岳ガイドでもない。
本来の自分自身に還るという明確な方向性を持ったガイド。
ただ自然に触れてもらうだけのガイドではない。

そういうガイドをしながら、自分自身も解放されている。
もちろんお客さんも解放される。
お客さんの解放がメイン。
こちらは、あくまで副産物。

今月中旬には、4回目の三泊四日の旅の予約が入っている。
一日コースも気楽でいいが、宿泊コースは本格的。
お客さんと同時に自分自身も解放される。
水晶もいいが、自然もいい。

水晶を浄化する度に自然に触れる。
海水も川の水も砂浜も心身を浄化してくれる。
水晶の浄化と共に自分自身も浄化される。
屋久島暮らしは、浄化暮らしのようなもの。


『屋久島の いのち漲(みなぎ)る 大自然 人本来の 姿に還す』


これが日記を書き始めて2676日目の心境。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。