記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2691日目 - 天国と地獄


今日の屋久島は、曇。
少し風が冷たい感じです。
庭では、黄色いオオキンケイギクが咲いています。
山側だけでなく、海側でも咲き出しました。

この日記の読者の方から、瞑想中に見たビジョンが送られてきました。
それは、今の社会とはまったく異なる社会でした。
たぶん別の次元の世界です。
でも、参考になると思いますので全文を転載します。

-------------------------------------------------------------------

今朝、瞑想をしていたら素敵なビジョンを見ました。
久しぶりのことです。
なるべく一人の時間を作って瞑想をするようにしているのですが、なかなか繋がらなくて。。。

先日送っていただいたゴールデンレムリアンが今朝とっても光っていたので、今日はそれを手に持って瞑想をしていました。
レコードキーパーが何個か付いているクラスターです。

だんだんと深く入っていって、気がついたらとても美しい森の中にいました。
きれいな川も流れていて、小鳥もいて、そこに何人かの人が住んでいるようでした。

ある人は木の実や果実を採ることが大好きで、自分が採ってきた実を欲しい人にあげていました。
自由にお持ちください、って感じで。
あまり人が入っていかないような深い森から珍しい実を採って来ることが特に好きなようでした。

その隣では植物のつるを使って籠を編んでいる人がいました。
籠を編んでいることが楽しくて楽しくて仕方がない感じ。
いろんな形や大きさの籠があって、やっぱりそれも欲しい人が自由に持っていっているようでした。

その少し先には歌を歌っている人がいて、この人も歌うことが大好きで、一日中歌っている感じ。
周りには歌を聴きたい人が集まっています。

こんな感じで、ここではすべての人がそれぞれに大好きなことをやっていて、それですべてのバランスが取れている世界のようでした。
お金は必要ない。
どの人も満たされていて、欲もなく、恐れや不安もないので、必要以上に何かを所有しようという気持ちはまったく感じられませんでした。
完璧に調和された世界。

もっと森の奥へ入ってみよう~などと思っていたら、突然長男の目覚まし時計のベルが鳴りまして、スッと現実の世界に引き戻されてしまいました。
あ~残念。

私たちはこういう世界に向かって進んでいるのでしょうか。
未来の地球の姿?
お金を必要としない世界になるまではまだちょっと遠いかもな、とも感じましたが。。。

私はビーズを作ることが大好きで、
それを人に教えることが大好きで、
天然石や水晶に関わることが大好きで、
今それができている。
これでいいんだ、と思いました。

送っていただいた水晶は、2週間で約半分が旅立っていきました。
40個近くもいただいたのに、こんなに早く半分が旅立ってしまうとはちょっと予想外でした。
みなさんゴールデンレムリアンに吸い寄せられたのでしょうか。(笑)

今回はより水晶を必要としている人の元に、ご縁ある水晶がきっちり行き渡っているような気がして、プレゼントする場がすごく楽しくて面白いです。
いつものことですが、皆さん本当に喜んでくださいます。
幸せです。
ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------

このメールを読んで思い出したのは、仏教説話です。
天国と地獄の話です。
その世界では、自分の腕よりも長い箸を使わなければ食物を食べることができません。
地獄では・・・

必死で自分の口に入れようとしています。
しかし、自分の腕よりも長い箸なので、簡単には口に入りません。
みんながみんな四苦八苦しています。
ところが天国では・・・

みんな楽しそうに食べています。
なぜ?
地獄では、みんな食べることに必死なのに、どうして天国では笑っていられるのでしょうか。
それは・・・

みんなが周りの人のために箸を使っているからです。
自分の口に運ぼうとすると長すぎて苦労します。
しかし、他の人のためには、とても使いやすいのです。
どんな人に対しても、簡単に食べものを与えることができます。

みんながお互いに食べものを与え合うので、みんなが満足です。
誰も飢える人はいません。
みんなが幸せそうです。
そうそう・・・

地獄では、隣の人の食べものを奪い合っていました。
自分の腕からは取りにくいので、隣の人の箸から盗もうとするのです。
そこで、隣の人に盗まれないために、必死で守ろうとします。
そのため、ますます自分の口には食べものが入りません。

長い箸という条件は、同じです。
でも、天国と地獄では、まさに天と地ほどの差があります。
なぜ?
簡単なことですね。

人が、自分のためだけに生きるのか、周りの人のために生きるのか。
ただその違いだけです。
自分さえよければいいというのでは、地獄です。
周りの人の幸せを大切にすれば、天国です。

今の社会は、どちらに近いでしょうか。
それは、言うまでもありませんね。
みんな、生き残るために必死です。
とても天国とは言えそうにありません。

みんなが生き残るために必死にもかかわらず、日本では年間3万人もの自殺者がいます。
世界では全人口を養うだけの食料があるにもかかわらず、餓死する人が後を絶ちません。
それを横目に見ながら、贅沢三昧のセレブも多いのです。
どう見ても地獄の方に近いとしか言いようがありません。

ただ生き方を切り替えればいいだけです。
それで誰もが幸せに暮らせます。
自分のためだけではなく、周りの人の幸せのために生きる。
自分を活かして周りの人の役に立つ。

それが、自分も周りも共に幸せになる道です。
極めて単純なことです。
にもかかわらず、今の人類はそれができません。
まだまだ未熟としか言いようがありませんね。

でも、流れとしては、このメールに書かれているような方向に流れています。
特に日本は東日本大震災によって、周りの人の役に立ちたいという気持ちが満ちてきています。
子供たちでさえ、そのように言います。
自分さえよければいいという感じではなくなりつつあります。

日本から陽は登ります。
日本が希望の光です。
みんなのために役に立つという気持ちが、やがて世界を救います。
自分優先から、共に生きる時代への転換です。

自分を活かし、周りの幸せの役に立つ。
それが最も幸せな生き方です。
自他共に幸せになる道です。
そういう生き方をすることです。

もう欧米流は、時代遅れです。
資本の論理で世界支配を狙う生き方は、衰退します。
アメリカもヨーロッパも、下降傾向です。
これからは、アジアの時代です。

特に日本が世界の中心となります。
それは、物質的にではありません。
精神的な支えとなるのです。
その精神を支えるものは、真の大和心です。

大和心とは、大調和。
抱(いだ)き参らせの心ですね。
すべてを見守り、すべてを活かす心です。
良いも悪いもないのです。

正邪、善悪と区別するのは、欧米流です。
思考の世界ですね。
すべてを抱き参らせるのが、日本流です。
思考を超えた次元です。

先ずは、自分が真に望むことをすることです。
それによって周りの人の役に立つようなことを見つけることですね。
どんなことでもいいのです。
お金になっても、ならなくてもいいのです。

本当に自分が好きなこと。
本当に自分がやりたいこと。
それが、まず第一です。
それを活かして、周りの人の役に立つことです。

新しい生き方を、まず自分自身から始めることです。
そうすれば、周りも自然に変わっていきます。
隗(かい)より始めよ!
自分が本当の自分を生きることが、何よりも大切なことです。

自分をごまかしていたら、ウソの人生です。
そんな人生を生きても、あまり意味はありません。
自分を活かし、周りを活かす。
共に生きる道を探ることですね。

新しい生き方を、先ずは自分自身から始めることです。
もうそのような生き方をしている人もいます。
だんだんそのような生き方をする人が増えつつあります。
自分に正直に、自分に真実に生きるしかないのです。

方向は、はっきりしています。
自分も幸せ、周りも幸せ。
共に幸せに生きる時代です。
先ずは、自分の真実を生きることですね。


『好きなこと 真にやりたい ことをやる それを通して 世の役に立つ』

『好きなこと 始めることが 幸せに つながる道の 最初の一歩』

『自他共に 幸せになる 道探る 自他を見守り 共に生きゆく』


これが日記を書き始めて2691日目の心境。
関連記事

コメント

こんばんは~

最近よく、母が好きなことやりなさい。好きなことやりなさいって何度となく言ってくれます。
その気持ちはとてもありがたいです。
その気持ちを受け取れないのは、やはり恐れからくるものだと思います。私はまだまだ、弱いなぁ~
社会にがんじがらめで・・・困ったものです

こんにちは^^*

kimiさん、素敵なメッセージをありがとう^^*

今日のメッセージは、とてもリアルなこととして
こころの奥深くで実感できました。

ここ最近は、心身の調整=バージョンアップがすざまじく
毎週末は、ほぼ寝たきりです(笑)

すごぶる健康で、かぜもひかないわたしが
まさかこんな状態になるなんて。。

かぜでもなんでもないのに、ただただ細胞が疲労困ぱい
しているのです。こんなことは初めてです。

そんな時は、ただそれを感じて、それと共に在ります。

この生の間に感じることは、すべて感じ切って、それも
楽しみたいと思っています。

ではまた☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。