記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2726日目 - 日記の移転

今日の屋久島は、台風一過とはならなかった。
しっかり雨が降っている。
台風で倒れたグラジオラスをヒモで固定する。
とても美しい花が咲いている。

昨日の台風は、さしたることもなかった。
普段の雨と、ほとんど変わらなかった。
庭では、オニユリのオレンジ色の花が咲いた。
台風の置き土産だろうか。

今日は、新月。
今日から日記を移転する。
楽天からFC2へ。
新しいスタート。

楽天では、2005年1月から書き始めた。
実に、6年半。
日数にして、2726日。
日記記入率は、65.3%。

トータルのアクセス数は、100万4千弱。
一日平均、368アクセス。
最大は、一日に1000件という日があった。
よく読んでもらって感謝している。

これからは、FC2で新たな気持ちで書いていく。
できるだけ毎日書きたいとは思っている。
しかし、なかなかそうもいかない。
意外と忙しい。

ここ数日、日記の移転のために秘書のぴあのさんと何度か電話で話をした。
移転作業は、ほとんどぴあのさんにやってもらった。
ぴあのさんは既に自分の日記をFC2に移転済なので、何かと詳しい。
こちらは、楽をさせてもらった。

久しぶりに長い時間ぴあのさんと話した。
その時に感じたことのメールが届いた。
他の人では感じられないこともあるので、以下に紹介する。

--------------------------------------------------------------

昨日、kimiさんと話をしていてすごいと思ったのは・・・
kimiさんが私の話を聞いてくださっているとき、そのときにこちらにくるエネルギーがすごくて、体験したことのない感覚に数度、驚きと、私の深い部分の感嘆がありました。

自分が延々としゃべりながら、kimiさんから流れてくるエネルギーを、もう一つの意識が、すごいなあと思いながら受け止めていました。

きっとkimiさんは、私の話を何のご自分の思考の遮るものもなく、そのままそのまま聴いてくださっていたのだろうなと思います。
人は皆、何か判断をしながら相手の話を聞きますよね。
それがない状態というのは、あのようなエネルギー場ができるのだ、ということを初めて知りました。

それまで何度もお話をしているのに、あのように感じたのも初めてで、私がそういうことを感じられるようになったのか、kimiさんがさらにエネルギー的にすごくなられたのか・・・
それはわからなくて、また、そういうものではない何かが流れていたのかもしれません。

真っ暗な宇宙空間のビジョンが一緒にきました。
真っ暗だけれど、こわい暗さではなく、むしろなつかしいようなそんな空間でした。
お話している間中、そのビジョンは消えることなく一緒でした。

その空間は、まんなかで渦を巻いていました。
渦のトンネルができていて、どこからこのトンネルがやってきているのか、それは全くわからず、永遠の向こうからやってくるようなトンネルでした。
言葉にすれば、深淵、という言葉がぴったりでした。
無限に広がる宇宙空間から、渦のトンネルを通してやってくる深淵のエネルギー。

私は、そこに吸い込まれていくのを感じていました。
肉体がではなく、肉体ではない私が吸い込まれていくのでした。
私は、深淵に包まれ、こちら側で話をしながら、私の本体は目の前にぽっかりとできた大きな空間に吸い込まれていくのでした。

不思議な感覚でした。
しんと静まり返っていて、何も見えないんだけれど、大きな安心感があって・・・
感じたことのないエネルギーの密度を感じていました。
張り詰めたような密度であると同時に、やわらかでした。
なんともいえない感覚でした。

おもしろいですね。
いろんな次元や、いろんな空間が無限にあるように思えてきました。
思いもよらないビジョンが見えます。
そのたび、人の意識の小ささを感じます。
すごいです。

それに、そういうビジョンに、kimiさんというこの世の人を通して繋がるのが、またおもしろいし、感動です。
kimiさん、水晶もいいですが、日記もいっぱい書いて、この世のkimiさんという人の向こうからくるエネルギーを、たくさんたくさん流してください。
きっと読む人の意識の奥の深淵にそれは繋がり、いつか思いもよらない大きなシフトが縁ある魂たちの間で起きるような気がします。
そして、そのシフトがすべてに繋がり広がっていくのだと思います。

新しい日記で、たくさんのエネルギーを流してください。
昨日見た深淵の次元のさらに向こうに、なんともいえないやわらかで美しい光の世界があるのが感じられます。
きっとそこから、たくさんのエネルギーが流れてきているのですね。
(そんなビジョンが今見えるので)

--------------------------------------------------------------

意識は、無限。
限りなく広がっている。
ただ、感じられるものは限られる。
肉の身の限界がある。

しかし、奥に限りなく広がっているのはわかる。
常に、そういう広がりと共にある。
特に日記を書いている時は、静かなのでエネルギーが流れやすい。
電話も集中するので心静かになる。

心が静かになれば、無限の空間が広がる。
それが電話を通して流れるのかもしれない。
もっとも、それを感じられる人は限られるだろう。
でも、感じられなくても、流れていることに変わりはない。

日記のなかに流れているエネルギーは、霊的なもの。
この世バージョンのものではない。
読むことによって、魂次元の意識を思い出させるようなエネルギー。
本来の自分に目覚めるようなエネルギー。

そういう日記を6年半書いてきた。
でも、最近はTwitterの方が読者が多い。
簡単に読めるからだろうか。
フォロワーは、既に1400人を超えているらしい。

Twitterは、ぴあのさんが運営している。
こちらは、直接的には関わっていない。
ぴあのさんが、日記のエッセンスをアップしてくれている。
いわば、いいとこ取り。

今の時代は、簡潔に集約されているものが好まれる。
時代の波動が速くなっているので、この傾向は更に加速するだろう。
いつまでも悠長な日記を書いている場合ではないかもしれない。
しかし、長く書くことによって伝わることもある。

日記とTwitterの両方を読んでいる人も多い。
時間がない時は、Twitter。
落ち着いて深く読みたい時は、日記。
Twitterは、日記で読んで忘れていたことを思い出させてくれる効果もある。

いずれにしても、こちらはTwitterの材料としての日記を書き続けるしかない。
書くことによって、どんどん深化している側面もある。
この6年半、意識は常に深まり続けてきた。
人生の理解が深まった。

人生や宇宙の原理原則が、かなりわかってきた感じがする。
根本的なものは、既に理解されている。
それをわかりやすく、いかにシンプルに表現するか。
縁や機会を捉えて書いていくことになるだろう。

時間のある方は、ゆっくり日記の方を読まれればいい。
時間のない方は、Twitterの方でエッセンスだけ読まれるのもいいだろう。
この日記からもTwitterの最新情報が見られるようにセットされている。
これらのものを活用して、真の自分自身を生きられることを心から願っている。


『膨大な 数の日記の エッセンス ツイッターなら 容易に読める』

『限りある 肉体ベースで 生きる時 人は無限を忘れてしまう』

『限りない 意識ベースに 限りある この世を生きる それが人生』


これが日記を書き始めて2726日目の心境。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。