記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2716日目 - 運命の水晶

昨日、この日記は予想通り100万アクセスを達成した。
これで、いつでも楽天から引っ越せる。
タイミングを見計らって、どこかへ移ることになるだろう。
そこで、また新しい日記が始まる。

ここのところ、連日、「屋久島ライトクリスタル」のトップページのリフォームをしている。
写真を多用し、ずいぶんカラフルになった。
見やすくなり、わかりやすくなったのではないだろうか。
そう言えば・・・

先日、マスタークリスタルの一つが旅立った。
それは、ヒマラヤグリーンDTマスター。
まるで密教の法具のような水晶。
計り知れないエネルギーを秘めていた。

その水晶を手にした方からメールが届いた。
その一部を紹介する。

---------------------------------------------------------------------

昨日、水晶さんが我が家にやってきてくれました。
値段の付けようのない・・・と説明がありましたが、まさにそうですね。
一見地味なんですが、会うべくして会ってしまった「運命の水晶」という感じです。

以前から友人がヒマラヤクラスターの話をしていて、私は特に興味がなかったのですが、日曜日の夜に、なんとなくネットであちこち見ていて、kimiさんの屋久島の日記にたどりつきました。
おもしろいなーと思って読んでいたのです。
(ヒマラヤ水晶を見ずに、先に日記に夢中になっていました)

そこで目にとまったのが、1月の「水晶の秘めたる可能性」でした。
正直びっくりしました。
値段のつけ方に。(笑)
いったいどんな水晶なんだ?と興味を持ち、商品のページに移動して探しました。

値段からして、これだなとすぐにわかりました。
いいですねぇー。
きれいです。
赤ちゃんを抱いたお母さんの姿に見えました。

でも、私が惹きつけられたのは、今回我が家にやってきてくれた水晶だったのです。
値段を見て、びっくり・・・
もしやこれも本当は手放したくないために法外な値段なのか?(笑)
本当に笑ってしまいました。

私は、水晶オタクでも、お金持ちでもありません。
私は獅子座生まれで、とにかくキラキラ、ゴージャスなのが好きなんです。
なのに・・
本来なら絶対に目にとまらないはずのものに釘付けになってしまったのです。

なぜなら、その水晶の中にいる自分自身が見えたのです。
うまく説明できませんが、とにかく最初から決まっていたかのように「やっと会えたね」という感じでした。

しかし、値段でやはり迷いました。
明日になってもまだ売れていなかったら、やはり「私を呼んでくれているんだ」と思い、購入は翌日にしました。

まだ丸一日しか経っていないのに、何年も、それよりずっと以前・・・前世から一緒にいるという感じがする水晶です。
本当に不思議です。

おまけに頂いたヒマラヤ水晶は、今にも宇宙まで飛び出しそうなトビウオに見えます。
ヒマラヤ水晶ってこんなにきれいだったんだと初めて知りました。
ありがとうございました。

私はパワーストーンの存在は数年前から知っていましたが、去年友人から雑誌の付録についていたという鉱物標本みたいな石をもらってから、石に興味を持ちだしたので、まだまだ初心者です。
本当にいい石に巡り合えて感謝しています。
何人もの人たちの努力で、遠いヒマラヤからやってきてくれたんだと思うと「ありがとうございました」と感謝の気持ちでいっぱいです。

日記に書かれていたように商品の説明が丁寧で、本当に石をよく見て説明されており、石に対する「愛情」が感じられました。
すっかりkimiさんの日記にはまっています。
水晶もまだ欲しいものがありますので、またよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------------

「運命の水晶」
「水晶の中にいる自分自身が見えた」
「やっと会えた」
「前世から一緒にいるという感じがする水晶」
 
よほど深い縁があるのだろうか。
ここまで感じるとは、すばらしい!
これまでたくさんの水晶を届けてきたが、こんなメールをもらったのは初めて。
「運命の水晶」を届けることができて、これ以上の喜びはない。

この水晶は、89000円もした。
確かに法外な値段。
水晶業者やコレクターからは、高すぎると非難されるかもしれない。
しかし・・・

霊的な目がある人なら、非難することはないだろう。
むしろ、逆な意味で法外と言うかもしれない。
それは、ゼロが一つか二つ足りないということ。
それほど、この水晶が秘めているエネルギーは計り知れない。

ヒマラヤがいくら広くても、このレベルの水晶がたくさんあるとは思えない。
かなり限られた数しかないだろう。
ほとんど天然の密教法具。
形、色、そしてレインボー。

そのどれをとっても、特別なものがある。
深さというか、緻密さというか・・・
まるで人格があるような感じ。
限りなくスペシャルな水晶であることは間違いない。

この水晶は、パキスタン産。
世界第二の高峰K2(8611m)の近くのスカルドゥー(Skardu)で採れたもの。
パキスタンの水晶は、まだ日本ではあまり出回っていない。
しかし、そのクオリティはすばらしい。

これまで何度かパキスタンの水晶がまとめて送られてきたが、その度に掘り出し物があった。
この水晶も、そのなかの一つ。
パキスタンの水晶は、宝の山。
これからも、すばらしいものが多々出てくるだろう。

幸か不幸か、パキスタンは治安が悪い。
今もアルカイダが出没する。
そのため外国人は近づけない。
しかし・・・

それによって水晶の乱開発が防がれている。
水晶が出るところには、外国人のバイヤーが群がる。
その結果、乱開発が進む。
質の悪いものまで山から運び出される。

水晶の採掘は、自然破壊でもある。
節度を持って、ほどほどに。
感謝しながら山の幸をいただく気持が必要だろう。
あまり金儲けの手段にしすぎるのはよくない。

これからもパキスタンのヒマラヤ水晶は、こちらに届く予定。
更にバージョンアップしていくに違いない。
それには、水晶を守る意味もあるらしい。
パキスタンに置いておくことに危険がある。

いつアメリカ軍が爆撃を始めるかわからない。
いつアルカイダが山を爆破するかわからない。
戦争が始まれば、水晶は破壊される。
水晶が形成されるための時間は、バーミヤンの大仏の比ではない。

水晶は、まさに世界自然遺産。
地球の宝。
人類の役に立つ神からの贈りもの。
そういう意識で水晶と出会う必要がある。

水晶を利用して金儲けすることは、邪道。
結果的に水晶を扱う人も豊かになればいい。
大切なのは、目的。
意図。

水晶を尊重し、水晶を大切に扱う。
水晶を理解し、水晶と共に生きる。
本当に水晶を必要としている人に届ける。
水晶と人が一緒にいることによって、共に輝くように。

水晶を扱う上で最も大切なことは、その秘められた可能性を理解すること。
水晶に潜在するものを意識化することによって、目覚めさせること。
意識化することは、光を当てること。
それによって水晶の可能性が花開く。

運命の水晶に出会うことによって、人の運命も変わる。
その人に潜在していた可能性が現実化する。
水晶は、人の可能性を引き出す。
人によって目覚めさせられた水晶は、また人を目覚めさせる。


『水晶は 地球の宝 水晶が 持つ可能性 計り知れない』

『それぞれの 水晶が持つ エネルギー 見ているだけで 心が躍(おど)る』

『すばらしい 水晶たちが やって来る 心ウキウキ 嬉しさいっぱい』

『すばらしい 水晶たちに 出会うのは この上もない 生きる喜び』

『水晶と 出会うことから その人に 潜在していた ものが花咲く』


これが日記を書き始めて2716日目の心境。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。