記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2759日目 - 量より質

今日の屋久島は、晴。
しかし、山の方は雲に覆われている。
里は、朝から暑い。
森のなかは、涼しいのだが・・・

四日間続いたガイドが終わった。
今回は、湿度が高かった。
そのため、毎日のようにヒルに襲われた。
三日続けてヒルに献血することとなった。

血を吸われた跡がぷっくりと膨らみ、その痒いこと痒いこと・・・
無意識にかきむしってしまう。
その度に、せっかくできたカサブタが取れる。
しばらくは続く悪循環。

昨日は木霊の森の後、屋久杉で仏像を作っているところへ行った。
久しぶりに行ったら、最近はほとんどお客さんが来ないとのこと。
あまりの暇さに、仕事をやる気が失せてしまったとか。
でも・・・

今回のお客さんたちは、仏像に関心があった。
一人の人が、18万円分ぐらい購入。
もう一人の人は、300万円の不動明王を買いたい様子。
さすがに即決とはならなかったが、また引き取りに来ますとのこと。

この不動明王は、18年前に作られたもの。
つまり、18年間売れてなかったということ。
もしかしたら、それが売れるかもしれない。
待てば海路の日和あり?

18万円分の仏像を買った人が、値段の交渉をした。
しかし、仏像の価格は負けてくれなかった。
その代わり、何かオマケを付けたいとのこと。
その話を聞いて、少し感心した。

確かに仏像は、値下げ交渉して買うようなものではない気がする。
自分が強く惹かれるものは、そのまま買った方がいい。
値下げ交渉すること自体が、仏像の価値を貶(おとし)める。
それは、惹かれている自分自身の価値を下げるに等しい。

値下げしないでオマケを付けるというやり方は、いいなと思う。
売ろう売ろうとするのではなくて、縁のある人に引き取ってもらう。
それが一番無理がない。
儲けることよりも、もっと大切なことがある。

300万円の不動明王が売れれば、1年ぐらいは暮らせるかもしれない。
土地も家も自分のもの。
お年をめした二人暮らし。
そんなにお金はかからないだろう。

ゆったりマイペースで二人暮らしをされている。
自然のなかで自然なペースで暮らすのがいい。
時々、作品が売れて生活できればいい。
そういう暮らしも悪くない。

自分自身を振り返ると、ちょうど切り替え時にきている。
これまでは、なりふり構わず500アイテムをアップした。
これで、やっとネットショップらしくなった。
これからは、ゆっくりアップしていきたい。

今後は、仕入れるものを厳選。
今までにも増して、クオリティ重視。
最高のものだけを仕入れたい。
そして、それを大切にしたい。

大切に見守りながら、リクエストがくるのを待つ。
量より質。
ディスカウントするようなものは、最初から仕入れない。
いかに最初が大切か。

いかに見極めるか。
いかに見通すか。
最初の一歩が最後の一歩!
それは、すべてのことについて言える。

一つ一つを大切に扱う。
金儲けの道具にしないで、敬意を持って接する。
そのすばらしさを愛でつつ楽しむ。
共に生きる。


『何であれ 一つ一つを 大切に じっくりゆっくり 愛でて楽しむ』


これが日記を書き始めて2759日目の心境。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。