記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無所有の歌


『何もない 自分のものは 何もない 自分のなかを 風吹き抜ける』

無所有の歌ですね。
本来、所有するということはできません。
何であれ、自分とは別のものですから。
自分でさえ、刻々に変わっているものです。
実際は、所有しているのは、そのイメージ=記憶だけなのです。
何もない時に、本来の自由があります


『霊静で あるところから 始めれば すべて聖なる 調和へ向かう』

今日の短歌は、「始めよければ終わりよし」という感じでしょうか。
「最初の一歩が最後の一歩」でもあります。
常に霊静であれば、間違いはありません。
自分の意識の状態が、すべてを決めていきます。


『オーロラの ゆらぐ姿に 固定なし いのちは変化 宇宙も変化』

いのちの歌であり、変化の歌ですね。
いのちというのは、オーロラのようなものですね。
常に変化しているのが、現実であり宇宙です。
自分自身もそうですね。
変化してやまないオーロラや雲に、固定した自分なんてあるのかな?
実際は、人も同じようなものですが・・・    




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。