記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潔(いさぎよ)さの歌


『心込め 魂込めて 見守れば 心の氷 やがて溶けゆく』

今日の短歌は、見守りの歌ですね。
心を込め、魂を込めて何事もおこなうことでしょうか。
そうすれば、ほとんどの願いが叶うでしよう。


『花咲いて 星が瞬(またた)く この宇宙 ただ美しい この上もなく』

宇宙のすばらしさを詠んだ歌ですね。
この歌は、いいですね。
好きな歌です。
何も解説はいりません。
読んで誰でもわかる歌です。
問題は、感受性ですね。
感受性しだいで、宇宙はどのようにも変容します。
日々刻々、自分の感受性も変化していますが・・・


『サラサラと 流れる心の 潔(いさぎよ)さ 心残りを 何も残さず』

潔(いさぎよ)さの歌ですね。
『美しき 花を咲かせて 風に散る ただ一片の 執着もなく』
と少し似ていますね。
どちらも好きな歌です。
こういうのが、自分好みです。 




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。