記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直覚の歌


『こんこんと 内から湧いて こぬ限り 心の渇き 終わることなし』

今日の短歌は、満たされる歌ですね。
自分の外に求めている限り満たされることはありません。
外に求めているということは、まだ内があるということです。
内とは、いうまでもなく自分=自我です。
内、外の区別が消え、内も外もなく、ただ満たされるしかないのです。
それは、自分自身を理解していくに尽きると思います。


『感じれば そのままわかる 何事も 意識が澄めば 境界消える』

直覚の歌ですね。
何もない時、ダイレクトにわかります。
自分のなかに何かがあると、わかりません。
先入観も囚われもない時、ストレートにわかります。
無心の時に、そのままの感受が起きるのです。
心を澄まし、心静かに生きることですね。


『外側に 振り回されず 内側と 共にあること 中心線と』

外側に振り回されないための歌です。
多くの人は、外の状況に翻弄されます。
外の状況に対応する必要はありますが、それに振り回されては
いけません。
しっかりと主体性をキープする必要があります。
自分の中心線を常に保つことですね。




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。