記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトクリスタル

今日は、さわやかな青空が広がりました。
朝から水を汲みに行き、その後、水晶の浄化に行きました。
これでパキスタンから届いた水晶は、すべて浄化されました。
さっそく、昨日浄化した水晶を「屋久島ライトクリスタル」のサイトにアップしました。

3個アップしたのですが・・・
その中の一つが、とてつもない水晶でした。
それは、グリーンのエレスチャルクォーツです。
見るからにマスタークリスタルという感じだったのですが、実際は・・・

それを遥かに凌駕していました。
この水晶と一緒に瞑想してみて、その持つ可能性に驚きました。
この水晶は、当然のことながらヒマラヤと繋がっています。
それもヒマラヤの中心部と。

この水晶には、マスターが住んでいます。
このマスターが秘密の通路に案内してくれました。
普通の人は、絶対に行けないところです。
たくさんの扉がありました。

一つの扉を通る度に、後ろの扉が閉じます。
秘密の回廊です。
その奥の奥には・・・
ヒマラヤ水晶の源と言える空間がありました。

そこは、光に満ちています。
すべてのヒマラヤ水晶のエネルギー源です。
ところが、それだけに留まりませんでした。
その空間は、宇宙のヒマラヤに繋がっていたのです。

地球のヒマラヤを創っている大元です。
ヒマラヤ星です。
そこから地球のヒマラヤ山脈にエネルギーが降り注がれていたのです。
それによって地球のヒマラヤが成り立っています。

実は、そのエネルギーはヒマラヤだけでなく、人にも降り注がれています。
この水晶を手にすると、ダイレクトに松果体にエネルギーが来ます。
この松果体こそが、人の中の水晶なのです。
松果体の成分は、ほとんど水晶と似ています。

この松果体が活性化し、水晶と化す時、人は水晶人間となります。
全細胞がクリスタル化するのです。
全身が一瞬にして光化します。
そうすれば、人そのものがエネルギージェネレーターとなるのです。

人の心身は、クリスタル化しつつあります。
それがこれからの方向性です。
心身がクリスタル化すれば、もう病気とは無縁です。
医者も薬も必用ありません。

地上の水晶は、そういう流れを促進するために存在します。
ただの装飾品ではないのです。
本来は、お金でやりとりするようなものではありません。
金儲けの手段に使うなど言語道断です。

水晶が持つ可能性は、無限に近いものがあります。
わずか10センチほどの小さな水晶ですが、エネルギーの凝縮度がすごいのです。
とてもその緻密さに付いていけません。
まだ手放すのは早すぎるようです。

そういう訳で、価格をべらぼうに高く設定してあります。
これは、誰も買わないためです。
それなら最初からアップしなければいいのに?
まさにそのとおりです。

ところが、このことに気づく前にアップしてしまったのです。
それもまた必用なことだったのでしょう。
最初の予定価格は、27000円でした。
でも、写真を撮っているうちに、だんだんと水晶のすごさがわかってきました。

55000円になり、99000円になり、とうとう199000円でアップしました。
それでも安すぎるという感じです。
この十倍でも百倍でもいい感じでした。
それほどのエネルギー密度だったのです。

よく見れば見るほど、すごい水晶であることがわかりました。
そして、瞑想してみれば・・・
ここに書いたとおりです。
しかも、まだ持っているもののほんのわずかしか開示されていません。

もっともっと膨大な秘密情報が隠されているのです。
秘密というのは、それを見ることができないというだけのことです。
別に隠してある訳ではありません。
人の感性が研ぎ澄まされる時、この水晶がキーとなって情報が開示されるのです。

水晶の持つ可能性は、すごいですね。
一つ一つの水晶に情報が刻まれています。
それをいかに読み解くか。
それは、ひとえに水晶を手にする人にかかっているのです。

これからの日記は、このような感じになっていくでしょう。
これまでのようなネガティブなことは、書かなくなると思います。
自我にまつわることは、もう終わりです。
新しい日記が必用なのです。

もうすぐ新しい日記をスタートします。
この日記は、終了します。
光オンリーの日記が始まります。
光と水晶の日記です。

まさにライトクリスタル!
タイトルは、「ライトクリスタル」の予定です。
「Light Crystl」かな?
さてさて、お楽しみに!


『水晶の 元を辿れば 遙かなる 宇宙の星の ヒマラヤに行く』

関連記事

コメント

細胞の整理整頓とは如何に…?の回答でも
あるのでしょう。松果体から全身への水晶化!
小生の頭では想像すらできそうにありません。
kimiさまは更に進まれて、日記も新生するのですね。時代の進展とともに…。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。