記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷河エレスチャル

今日もパキスタンのエレスチャルクォーツをアップしました。
今日のエレスチャルは、ホワイトエレスチャル。
まるでヒマラヤの氷河のようなエレスチャルクォーツです。
この水晶も膨大な情報を秘めていました。

この水晶のエネルギーは、正中線。
頭頂から尾てい骨を繋ぐ1本の線です。
その正中線は、太陽系の星々を繋ぐ1本の線とリンクしています。
太陽系だけではなく、銀河系や宇宙の正中線とも繋がっていました。

この正中線が自分のなかで確立すれば、宇宙のどこにいても迷子になることはありません。
巨大な宇宙船を操縦する際の羅針盤は、実は機械ではないのです。
それは、人のなかにある正中線なのです。
それが正確な位置を知らせてくれます。

太陽系の星々は、当然ながら人体の七つのチャクラともリンクしています。
正中線が繋がるということは、七つのチャクラが一つになるということです。
その時、太陽系や銀河系とも繋がるのです。
そういうことを教えてくれる水晶です。

氷河エレスチャルは、二重構造になっています。
中心部は、ものすごく凝縮されて針状です。
その周りを透明な水晶が覆っています。
覆っている水晶の表面は、傷だらけです。

縦、横、斜め・・・
たくさんの切れ目が走っています。
長い永い時を経てきた水晶にのみ見られる特徴です。
人間の時間では計り知れない時のなかで蓄積された情報が刻まれています。

しかし、読めるのは、ここまで。
中心部は、緻密すぎて手も足も出ません。
ものすごい情報が凝縮されています。
人智を超えた次元です。

何度も何度も水晶と瞑想すれば、やがて中心部の情報も解読される日が来るでしょう。
水晶というのは、すごいですね。
現代文明のレベルを遥かに超えています。
アトランティスやムーよりも、更に古いのですから。

もう一つわかったことは、もしかしたらヒマラヤ山脈の下に巨大な水晶が眠っているかもしれないということです。
いや、巨大な水晶群をヒマラヤ山脈が覆っていると言った方が正確かもしれません。
それがエネルギーレベルなのか、実際に水晶があるのか・・・
その辺は、まだ定かではありません。

正中線の話にしてもヒマラヤ山脈の巨大水晶の話にしても、今の人類にとっては雲を掴むような話です。
それが常識になるころには、人類はフリーエネルギーを使えるようになっているでしょう。
原子力のような危険なエネルギーではなくて、水晶をベースにした安全なエネルギーです。
それは、水晶と人のコラボです。

今の人類の意識レベルでは、それはまだ無理なことです。
そのためには、正中線が通り、松果体がクリスタル化する必要があります。
全身の細胞がクリスタル化する時、人類は新しい時代を迎えるのです。
そのキーになるのが、水晶です。

水晶は、すごいですね。
知れば知るほど奥が深いのがわかります。
どこまで深まっていくのか・・・
既に新しい日記がスタートしているような雰囲気ですね。

『情報を 秘めた水晶 人類に 宇宙の神秘 教えてくれる』


☆ 水晶の浄化というのは、水晶にまとわりついた人の想いを取り去ることです。
水晶を発掘した人、運んだ人、仲買人、卸商、小売商・・・
それらの人々の想いを洗い浄め、水晶が本来持っている情報を純粋な形で取り出せるようにするのです。
高度で繊細な水晶の情報を解読するには、それが必須です。

関連記事

コメント

こんにちは^^

フリーエネルギーのお話は、きいたことがあるのですが、それが水晶と関係しているなんて、ダイアナ・クーパーのアトランティスカードの世界ですね^^*

全身の細胞がクリスタル化って聞いただけでも
なんだか体の細胞が森林浴をしているときのような状態になりました。

これから、いろいろと楽しみだな^^*

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

光のkimi

Author:光のkimi
屋久島で、光のガイドをしています。
光の水晶のネットショップも運営しています。
2005年から、光の時代の光の日記を書いています。

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。